社会人の常識!飲み会マナー。席次からお酒の注ぎ方まで

飲み会にも、社会人としてのマナーがある!

ビアジョッキで乾杯している写真お酒の席は無礼講、などという言葉もありますが、実際の社会人はそうもいきません。

飲み会の場にも、やはり社会人としてのマナーがあります。

学生気分のままだと、いくらお酒の席とはいえ、「礼儀を知らない新人」のレッテルを貼られてしまい、ビジネスパーソンとしての評価にも響きかねません。

新社会人が覚えておくべき、飲み会・宴会マナーをまとめました。

スポンサーリンク

座る場所、間違えてない?飲み会では「下っ端は出入口の一番近く」が鉄則

席次のマナーは、会議室でも飲み会でも同じ。最低限のマナーを守るには、次の2つのルールを頭に入れておきましょう。

  • 入り口から遠いほど偉く、入り口に近いほど下っ端
  • 新人は出入口に1番近い場所に座れば、まず間違いない

席次のマナーは部屋の間取りや社外の人も交えた場合等で細かな違いがありますが、どんなお店や宴会場でも、「下っ端は出入口の1番近く」という鉄則は変わりません。

出入口の近くはすぐに動ける席なので、食事やお酒を受け取ったり、オーダーするなどの雑事を担当する席でもあります。

早く着いたからといって、奥の席に座ってしまうのは社会人としてNG。促されるまま奥に進んで、ちゃっかり上座に座っていたなんてことのないようにしましょう。

ただし、新人歓迎会など、自分が主役の時はその限りではありません。勧められた席に着席してOKです。

スポンサーリンク

乾杯のグラスは、相手より高く持ち上げない

乾杯の時は、目上の人より高くグラスを持ち上げるのは失礼にあたります。相手のグラスの縁の下にあてるようにして乾杯を。

社会人のマナーは、こんな細かいところでも見られているんですね。

お酒や料理は、先輩たちが手を付けてから

乾杯が終わった後、お腹が空いているからといって、率先して飲み食いし始めるのはNG。目上の人たち、つまり上司や先輩たちが食事に手を付けてから、自分も食べ始めるのが礼儀です。

周りが遠慮して料理に箸を付けない中、自分だけパクパクモグモグ…なんて、もってのほか。そんな時は自分がお皿やお箸を配ったり、取り分け役を買って出るなどしましょう。

社会人のお酌のマナー。お酒の減り具合には、常に気を配る!

中身が減ったビールジョッキの写真社会人の飲み会では、お酌に気を配るのは新人の勤め。

グラスが空になっていたら、「もう1杯、飲まれますか?」「おかがり、いかがですか?」などと声をかけて、必要に応じて注文を取りましょう。

瓶ビールの場合には、「お注ぎします。」「ビールでいいですか?」などと声をかけてから、お酌を。

そして、ビール瓶の持ち方にもマナーあり。片手でビール瓶の底を持ち、もう片方の手で瓶の注ぎ口側を支えるようにして両手で持ちます。

ビール瓶のラベルは必ず上を向けて。この時、ビール瓶のラベルが手で隠れないようにしましょう。

自分がお酌を受ける時のマナー

居酒屋での飲み会風景の写真グラスにまだビールが残っている時にお酌を受けた場合は、残ったビールを飲み干してグラスを空にしてからお酌を受けます。

グラスは片手で差し出すのではなく、必ずもう片方の手をグラスの底に添えてお行儀よく。注いでもらったら、必ず1度は口をつけるのがマナーです。

これ以上飲めない時には、「もう十分いただきました、ありがとうございます。」と、相手を嫌な気分にさせないよう、明るくお断りを。

とはいえお酒の席なので、そんなこと言わずに、と勧められてしまうこともあるかもしれません。そんな時は頑なに断るのではなく、お酌を受けて、一口だけ口をつけてからグラスを置きましょう。

飲み会でまでマナーだなんて面倒…と思うかもしれませんが、見方を変えれば、飲み会での立ち回りは日頃話す機会のない人に話しかけるチャンスでもあります。

新人の立場をおおいに利用して、積極的にたくさんの人と話をしてみてくださいね。