エレベーターの席次マナー。自分は奥?それとも手前?

エレベーターにも席次がある!エレベーターの上座と下座

エレベーターの扉とパネルの写真

立って乗るエレベーターなら席次は関係ない…と、思いきや、実はエレベーターにも席次があります。

多数の人間が乗り降りするエレベーターでは、会議室や応接室のように細かく席次マナーが問われることはありませんが、知っているのといないのとでは大違い。

会社のエレベーターで、不意に偉い人たちの集団と一緒になってしまうなんてこともありますからね。

覚えることはそう多くはないので、エレベーターの席次マナーも身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

エレベーターの席次マナーは、この2つを覚えればOK!

  • エレベーターでは、ドアに向かって右奥が上座
  • 操作盤に近いほうが下座

日本古来のマナーでは、右と左では左側のほうが上座とされてきました。西洋の文化が入ってきてからは、向こうの文化に倣い、右側を上座とするマナーも定着し始めました。

現代の日本では、左上位のマナーと右上位のマナー、両方が場面に応じて使い分けされるややこしい状況です。

エレベーターはもともと海外のものであるため、エレベーター内の席次マナーは右上位。エレベーターのドアに向かって右側が上座とされます。

下座は、操作盤に近いほう。操作盤をコントロールするという雑用は、1番下っ端のお仕事というわけです。

操作盤が両側にある場合は、右上位の考えが適用されます。

エレベーターの席次マナーを示した図

スポンサーリンク

エレベーターは、偉い人ほど先に乗り、新人は操作盤の前!

実際には、エレベーターは狭く、各階からたくさんの人が乗り降りするため、席次マナーはそこまで重視はされません。

ただし、偉い人ほど先に乗ってもらい、新人は操作盤の前に立つということくらいは、覚えておいたほうがベターです。

知らない人もいるマナーだからこそ、エレベーターの席次や案内がちゃんとできると、社会人としてしっかりしている印象を持たれますよ。

お客さまや同行者をエレベーターに案内する時の手順

エレベーターのパネルを操作している女性社員と同情しているビジネスマンの写真エレベーターが到着したら、同行者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗ります。

エレベータに誰もいない場合は、ドアが閉まらないよう、手でドアを押さえて皆を案内しましょう。

すでにエレベーター内に人がいて、ボタンを押してくれている場合は、その場で待っていてOKです。

エレベーターに乗り込んだら、できるだけ操作盤に近い位置へ。すでに他の人がいたり混んでいる場合には無理しなくてもかまいません。

操作盤の前に立った場合には、同行者に完全に背を向けることにならないよう、体を少し斜めにしておくとよいでしょう。

同行者に限らず、他の階から人が乗ってきたら、行き先を聞いてボタンを操作してあげてくださいね。

降りる時には、操作盤の前にいる時はエレベーターの中で開閉ボタンを押し、同行者が降りるのを待って、最後に降ります。