新幹線に犬を乗せる時の注意点 ケージや吠える時の対策とは

新幹線に犬を乗せる時の注意点

犬を連れて新幹線に乗る時の注意点 吠えずに乗ってもらうポイントって?

初めて犬を連れて新幹線に乗る時は、駅で何か言われないかな?電車の中で鳴いちゃわないかな?…と、とにかく心配が尽きないもの。

犬と一緒の乗車をスムーズにするための、JRの規定に違反しないケージの選び方や、新幹線で鳴かずに過ごすためのコツを紹介します。

乗る前の不安をできるだけ解消して、乗車当日に備えましょう!

スポンサーリンク

新幹線の犬用ケージはどれがいい?

JRの規定では、犬は乗客ではなく手回り品という手荷物の扱いになります。

手回り品の持ち込みサイズは、次のようにサイズが決まっています。

  • 長さ70cm以内で、縦横高さの合計が90cm程度
  • ケースと動物を合わせた重さが10kg以内
  • ペットの全身が収納できること

抱っこやドッグスリング、バッグ(ソフトケース含む)に入れた状態では乗車できないので、事前にケージの用意が必要です。

ペットカートやバギーは、大きさの点でほぼ間違いなく規定外となってしまうので、持っていない場合は、バリケンネルやクレートなど、ハードタイプのキャリーケースを準備しておきましょう。

JRの規定上、そもそもあまり大きなケージは持ち込めないのですが、キャリーケースは大きすぎない物を選ぶのがポイント。

広いほうが快適だろうと思いがちですが、犬にとっては狭い空間のほうが落ち着きます。

 

野生の生活をイメージして欲しいのですが、野生動物にとっては、どこから襲われるかわからない広い場所より、誰も入れない狭い場所のほうが、安心して眠れると思いませんか?

人間と暮らすようになって長い犬ですが、昔からの本能は未だに残っていて、狭い場所のほうが落ち着く習性があるのです。

私たちで例えるなら、だだっ広い体育館に1人でいるより、お布団の中のほうが落ち着ける、という感じでしょうか。

新幹線の旅の間、せめて少しでもワンちゃんが落ち着けるよう、持ち込み用のケージはジャストサイズを選んであげてくださいね。

スポンサーリンク

新幹線で犬が吠えるのが心配な時は?

初めての乗車では、犬が鳴くのでは、人に向かって吠えるのでは…と心配なのは当たり前。

飼い主さんもワンちゃんも、できるだけ安心して新幹線に乗れるよう、あらかじめ訓練しておきましょう。

訓練といってもやることは簡単で、事前にケージにワンちゃんを入れて慣れてもらうだけ。

乗車当日、いきなりケージに閉じ込められると犬も戸惑いますので、日頃からケージに入る習慣を付けておくのです。

ケージに入れたまま散歩に行ったり、ショッピングモールや駅構内などの人の多い場所を歩いてみるとさらに良し。

ケージに入る=散歩に行ける、と、楽しいイメージを持ってくれればしめたものです。

 

また、ケージ内を暗くすると犬が落ち着きますので、キャリーケースにかけられるサイズのタオルやカバーを用意しておきましょう。

それでも乗車中に鳴いたり吠えてしまった場合は、ケージごと持ってすみやかにデッキへ。

ケージを開けてワンちゃんの顔を出したり、抱っこするのは規定違反になるので、どんなに吠えたとしても、ケージから出さないよう気をつけてください。

何かあった時すぐデッキに移動できるよう、可能であれば、新幹線の指定席は最前部か最後部を取っておくのをおすすめします。

新幹線に犬と乗る時の注意点まとめ

  • 新幹線に持ち込みできるケージの大きさは決まっている
  • 全身を収納できるケージしか持ち込みできない
  • ソフトケースやバッグ、抱っこでの乗車は禁止
  • バリケンネルやクレートなどのハードタイプのケージを用意する
  • 犬は狭い場所のほうが落ち着く習性があるので、ケージは大きめよりジャストサイズのほうが良い
  • ケージ内を暗くできるよう、ケージにかけるタオルやカバーがあると良い
  • 犬が鳴いたり吠えたりしても、ケージから出してはいけない
  • 犬が落ち着かない時にはデッキに移動する
  • 新幹線の座席は最前部か最後部を予約しておくと、デッキへの移動に便利

初めてのワンちゃんとの新幹線旅行は、飼い主もワンちゃんも緊張しますが、一度経験してしまえば、意外と慣れてくれるもの。

ケージに入れたまま外を歩いたり、家の中でも時々ケージに入らせたりして、ケージがアウェイではなくホームなんだと認識してもらうと、楽になりますよ!

当日の乗車時間に余裕がある場合は、新幹線に乗る前に長めの散歩をして、ワンちゃんに体力を消費してもらうのもおすすめ。

長時間の移動は人間も犬も疲れてしまいますが、少しでも快適な旅になるよう、参考になることがあれば幸いです。