名刺の渡し方&受け取り方、自信ありますか?名刺交換の正しいビジネスマナー

名刺の受け渡しで恥ずかしい思いをしないための、基本のマナー

名刺を渡そうとしている、スーツ姿の男性の手の写真社会人になると、何度となく体験することになる名刺の受け渡し。

名刺の渡し方、受け取り方のマナーには自信がありますか?

研修やOJTで教わっていても、細かい部分になると曖昧になってしまったり、うっかり忘れてしまっていることも。

目上の人と名刺交換した時に恥ずかしい思いをしたり、同席する上司に恥ずかしい思いをさせないように、名刺の正しい渡し方と受け取り方を、しっかり覚えておきましょう!

名刺交換してから着席、退席するまでのビジネスマナーを、名刺交換の流れに沿って解説します。

スポンサーリンク

名刺交換のマナー(1)
相手が来たら立ち上がって迎え、テーブル横に移動

ガラス張りの会議室の写真まずは名刺交換が始まる前のビジネスマナーから。

着席して相手が来るのを待っていた場合、相手が部屋に入ってきたら、すぐに立ち上がって出迎えます。

その後、名刺交換に移りますが、テーブル越しには名刺交換しないのが正しいマナー。

先方のほうから「すみません、テーブル越しに失礼して…」などと言われない限りは、テーブル横に移動して名刺交換を行います。

あらかじめ名刺入れを準備しておき、相手が来たら、すみやかにテーブルの横に移動しましょう。

スポンサーリンク

名刺交換のマナー(2)
名刺を渡す順番は、目上の人が先

スーツ姿の女性と男性が名刺交換している写真名刺を差し出したり、渡す順番にもマナーがあります。

名刺交換の場では、お金を貰う側から先に名刺を渡すのが正しいマナー。

  • クライアントや営業相手と名刺交換する時は、自分が先に名刺を出す
  • 自分たちがお金を払う側である時は、相手から先に名刺をもらう

というのが正しい順序になります。

営業先でとまどっているうちに相手に名刺を先に出されてしまい、お金を貰うほうである自分が先に名刺を貰ってしまった、ということのないように、営業先では率先して名刺を渡しましょう。

もし、先に受け取ってしまった場合は、「申し遅れました」と一言添えてから名刺を渡します。

外注先企業などとの名刺交換で、自分たちがお金を支払う立場にある場合は、相手から名刺を受け取った後で、名刺を渡すのが正しい順序になります。

このルールは、会社同士ではなく、個人が名刺を渡す順番にも同じように適用されます。

つまり、まずはその場で一番偉い人同士が名刺を交換し、役職の高い順番に続くということ。もしあなたが新人の場合には、一番最後に名刺交換するということですね。

名刺交換のマナー(3)
名刺を両手で受け取る。複数受け取った場合は持ち方に注意

名刺を持った両手を正面から撮った写真名刺を受け取る時は、「頂戴いたします。」と言って、必ず両手で名刺を受け取ります。この時、相手の名刺の文字やロゴマークに自分の指がかからないように気をつけて。

受け取った名刺は、自分の胸より下の位置に下げてはいけません。名刺入れの上に乗せて、胸の前で両手で持つようにします。

複数の名刺を交換する場合、先に受け取った名刺の上に、そのまま次の名刺を重ねていくのは失礼なのでNG。受け取った名刺は、名刺入れのフタの下にしまうようにするといいでしょう。

名刺入れの下で持ってもOKですが、その場合は名刺を持つ順番に注意。最初に受け取った名刺を一番上に持ち、次の名刺はその下に置いていきます。

名刺交換が終わった時に、上位者の名刺が一番上に来るように置くということです。

名刺交換のマナー(4)
受け取った名刺は、席順どおりにテーブルに並べておく

会議室で打ち合わせをしているスーツ姿の男女の写真名刺交換が終わっても、ビジネスマナーは続きます。

受け取った名刺は、まだ名刺入れにはしまいません。着席したら、自分から見た席順のとおりに、名刺をテーブルの上に並べておきます。

その際、1番役職の高い人の名刺は名刺入れの上に置き、それ以外の名刺はテーブルの上に直接置きます。

名刺をしまうタイミングは、打ち合わせの終盤くらいになるのが一般的。自分だけ早く名刺をしまうのは失礼なので、周囲の様子を見て、浮かないようにタイミングを合わせてくださいね。

テーブルが狭かったり、配布資料が多い状況で、周囲の人たちが名刺をしまい始めた場合には、それに合わせて自分も名刺をしまってOKです。

いかがでしょうか、自分の名刺の渡し方・受け取り方は正しく出来ていましたか?

ビジネスマナーなんて面倒くさい…と思うかもしれませんが、ビジネス現場で大切なことは、自分がどう思うかではなく、相手がどう思うか。

正しいマナーを守れているかどうかは、ビジネスパーソンとしてのあなたの評価に大きく影響してきます。

正しいマナーが身に付いていた人は自信を持って、間違っていた人は次回からはきちんと名刺交換できるように、おさらいしてくださいね。