【動画】一番簡単なネクタイの結び方。新社会人の男性必見!

みんな最初は迷ってる!正しいネクタイの結び方

赤いネクタイを結んでいる男性の写真4月からは新社会人。

よし行くぞ!という段になって、意外とアレ?と悩んでしまうのがネクタイの結び方。

今までは制服や私服で過ごしてきたのですから、ネクタイの結び方なんてわからなくて当然です。

ネクタイの結び方には実はたくさんの種類があるのですが、まずは一番ベーシックな「プレーンノット」と呼ばれる結び方を覚えてしまえばOK!

ネクタイを結ぶのが初めてでも、2分間もあれば理解できるので、新生活に向けてネクタイの結び方をビシッとマスターしてくださいね。

スポンサーリンク

最初に押さえておくべき、ネクタイ用語

  • 小剣 … ネクタイの細いほうを小剣と呼びます。
  • 大剣 … ネクタイのメインとなる、太いほうを大剣と呼びます。
  • プレーンノット … ノットとは英語で結び目のこと。最もシンプルで基本的なネクタイの結び方です。
スポンサーリンク

動画でわかる、ネクタイの結び方 プレーンノット編

ネクタイの結び方を解説した動画はたくさんありますが、なかでもわかりやすさで評判なのが、60万回近く再生されている、こちらの動画。

全部で2分19秒で、最も基本的なプレーンノットと呼ばれるネクタイの結び方を解説してくれています。

動画は左右が逆だからわかりにくいんだよ!という人でも大丈夫。こちらの動画は、正面向きと結ぶ人目線、2つのパターンで解説されているのが、わかりやすさの理由です。

まず、最初の1分間は、ネクタイや手は動かさずに動画だけ見てみてください。なんとなく、ネクタイの結び目がどんな構造になっているのかが理解できるはず。

1分10秒頃から動画の視点が変わり、今度は自分と同じ目線でネクタイを結んでくれます。

ここで、実際にネクタイを首にかけ、動画の動きに合わせて一緒に結んでみましょう。わかりやすいようにゆっくり手を動かしてくれているので、初心者でも簡単にネクタイが結べますよ。

慣れないうちはキレイな形にならないかもしれませんが、あまり気にせず、まずは結び方を覚えることに集中しましょう。スムーズに手が動かせるようになれば、自然と結び方も整ってきます。

プレーンノットをワンランク上に見せる、ディンプル(くぼみ)の作り方

ささっとネクタイを結べるようになってきたら、次に気になってくるのは結び方の仕上がり。

ピシっと決まったネクタイは、それだけで仕事ができそうなイメージを与えてくれるもの。ネクタイの結び方がだらしないと、仕事や態度までだらしない印象を持たれてしまいます。

ネクタイの仕上がりにこだわりたい人のために、プレーンノットの結び目をよりキレイに結ぶコツを説明した動画も紹介します。

こちらは、シンプルノットでネクタイを結ぶ時に、「ディンプル」と呼ばれる、結び目下のくぼみを作る方法を解説した動画。

ディンプルがあるとネクタイに陰影と立体感が生まれ、ネクタイ結びがワンランク上の仕上がりに。

でも、美しいディンプルを作るのにはコツがあり、ネクタイ初心者の多くは、ディンプルを作ってもすぐに取れてしまう、形がきれいに作れないなどの問題に悩むことになります。

こちらの動画では、紳士服の専門家が、1日中崩れない美しいディンプルの作り方を解説。もちろん、ネクタイの結び方は先ほど覚えたプレーンノットです。

プレーンノットでネクタイを結ぶのに慣れてきたら、ぜひディンプル作りにも挑戦してみましょう。

ただ、幅の細いナロータイプのネクタイではディンプルを作らなくても問題ないので、ナロータイプがお好みの男性は、ディンプルにはこだわらなくても大丈夫です。