電話のビジネスマナー。帰宅した社員のことは、どう伝えるのが正解?

電話で指名された社員がすでに帰宅。そんな時の言葉遣いは…?

電話しながら口に手を当てて驚いた様子の女性の写真電話のビジネスマナーで悩んでしまう場面のひとつが、指名された社員がすでに帰宅してしまった時。

帰宅したと言ってもいいのかな…?
帰りましたとそのまま言うのは失礼だよね…?

さて、社員がもう帰ってしまった時は、どのように電話応対するのが正解なのでしょうか。

社員が帰宅してしまっている場合の電話のビジネスマナーを解説します。

スポンサーリンク

電話のあった社員が帰宅したことは、伝えてもいい?

まず最初の問題は、社員が帰宅してしまったことを伝えてもいいかどうか。これは、時間帯や会社の方針、相手との関係によって判断が異なります。

一般的な対応は、早退など営業時間内での帰宅あれば外出中の扱いにし、会社の定時を大幅に過ぎている場合には帰宅した旨を伝えるもの。

電話をかけてきた相手がまだ仕事をしているのに、こちらが帰宅してしまったとなると、相手に不信感を与えたり、悪印象を持たれたりしてしまうからです。

スポンサーリンク

電話で帰宅を伝える時の、正しい言い方は?

次に問題となるのは、「帰宅」を伝えるための正しい敬語。実際のフレーズと一緒に、どんな言い方が良いのかを見ていきましょう。

× 「本日は帰宅いたしました。」「○○は帰ってしまいました。」
 「○○は退社いたしました。」
 「本日は失礼させていただきました。」

電話をかけている人はまだ仕事中。事実であっても、「帰宅」「帰った」とストレートに言うのは、ビジネスシーンの言葉遣いとしてはふさわしくありません。

「退社いたしました。」という言い方は、日本語的には間違いではないのですが、誤解を持たれやすいので、あまりおすすめはできません。

退社という言葉には、その日の仕事を終えて帰宅するという意味の他に、会社を退職するという意味もあります。「え、○○さん退職しちゃったの!?」と取られてしまうことも多く、誤解を招きます。

相手によっては「この子、言葉遣いを知らないんだな」と思われて、あなたや会社の評価が下がってしまうことも。

たとえ日本語としては正しくても、そう思わない人も多い以上、わざわざリスクを取る必要はありません。

どうしても使いたいなら、「本日は退社いたしました。」「本日は退社いたしました。明日は9時に出社予定です。」となどと、意味を明確にして使いましょう。

誤解なく適切に帰宅したことを伝えられるのは、「本日は失礼させていただきました。」という表現。

○○さん、もう帰っちゃった!という状況でも慌てず、スマートに「失礼させていただきました。」と言えるようにしてくださいね。