新幹線にペットを乗せる手続きと注意点まとめ

新幹線にペットを乗せる時のルールと注意点

犬の写真。こっちを見ているダックスフント新幹線にペットを乗せる時の決まりがあることを知っていますか?

帰省や旅行にペットを連れて行きたい時、乗せていいものか、ペットの分の切符は必要なのかなど、迷ってしまいますよね。

周りの人、そして何より可愛いペットが嫌な思いをしないように、新幹線にペットを乗せる時の正しいルールを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

新幹線では、ペットは「手回り品」として乗車OK

ペットを新幹線に乗せることは、JRの規則できちんと認められています。ただし、乗車できるペットは「手回り品」の扱いとなり、乗車可能な範囲が次のように決められています。自宅のペットが該当するかどうか、必ず事前に確認しましょう。

  • 子犬・猫・鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やヘビ類はNG)
  • 長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度のケース・ケージに入れること
  • ケースとペットを合わせた重さが10kg以内であること

上記のルールに従うと、新幹線に乗せられるペットは、小型犬や猫、鳥、うさぎ、フェレット、ハムスターなど。大型犬は新幹線に乗せることはできないので、知らずに駅に連れて行ってしまうことのないようにご注意を!

スポンサーリンク

ペットを乗せるには手続きと持ち込み料金が必要!

新幹線にペットを乗せる際には、規定の「手回り品料金」がかかります。料金は、ペット1匹につき一律280円。

乗車当日に、窓口で「普通手回り品切符」を購入して、料金を支払っておく必要があります。ペットと一緒に新幹線に乗る場合は、通常より余裕を持って出発しましょう。

ペット用に座席を取ることはできない

新幹線車内の写真。誰も座っていない3人掛け座席JRの規定上、ペットのために指定席を取ることは禁止されています。自由席の座席をペット用に1席取ることも、同様に禁止。

また、駅構内や新幹線車内で、ペットをケージから出すことはできません。飼い主さんとしては多少の憤りもあるかもしれませんが、新幹線に乗る人すべてが動物好きとは限りませんし、なかには動物アレルギーを持っている人がいる可能性もあります。

ここは我慢して、膝の上や座席テーブルの上にケージを置くようにしましょう。ずっとケージの中に入れておくのは狭くてかわいそうに思えるかもしれませんが、ケージは少し狭いくらいのサイズのほうが、ペットは落ち着きます。