妊婦がお葬式に参列する時の服装マナーFAQ

妊娠中のお葬式、妊婦特有の服装マナーってあるの?

喪服を着た女性の写真妊娠中のお葬式。

一生のうちでも1回あるかないかのことでしょうから、マナーについて不安になってしまう妊婦さんも多いでしょう。

そもそも妊婦が葬儀に参列してもいいのか?
妊娠中にお葬式に出る時の服装は?
お腹が大きくて通常の喪服が着られないけどどうしよう…!?

などなど、些細なことから気になりますよね。

妊婦さんがお葬式に参列する時の服装マナーについて、FAQ形式でまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中にお葬式に参列してもいい?

妊娠中であっても、お葬式に参列すること自体がマナー違反になるようなことはありません。

ただ、妊婦がお葬式に出ると流産する、アザのある子供が産まれるなどの迷信もあります。これらは、妊娠中に無理をしなくてもいいように、昔の人が妊婦さんの体調を気遣って言ったものですから、過剰に心配しなくても大丈夫。

気になる人は、妊婦帯かポケットに手鏡を入れて行きましょう。鏡面が外を向くようにしてお腹に手鏡を入れておくと、鏡が穢れを跳ね返してくれるとされています。

この事については以下の記事でより詳しく紹介しているので、迷信を耳にして不安になっている人は、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

妊婦はお葬式に出てもOK?妊娠中のマナーについて≫

スポンサーリンク

妊娠中の服装マナー・喪服について

服装についても、妊婦だからといって何か特別なマナーがあるわけではありません。

ただ、通常の喪服は締め付けが苦しかったり、お腹が入らないこともあるでしょうから、その時にどんな服装をすればよいかが気になりますよね。

通常の喪服が着られない場合は、黒のワンピース、黒の上下などで代用しましょう。スカートがなければ黒のパンツに黒のブラウスなどでも大丈夫です。

黒を基調とした服であれば、服装マナーとして失礼になることはありません。

葬儀に集まるのは親戚や身近な方が多いですし、妊娠中であることがわかっていれば、周囲からもうるさく咎められるようなことはないでしょう。

適当な黒い服がない場合は、マタニティ用の喪服レンタルや、マタニティフォーマルもあります。

マタニティフォーマルは、お葬式だけではなく入園式や結婚式、ホテルやレストランへのお出かけにも使い回しができるので、先々に何度かそういった機会があるのであれば、手頃な値段のものを買ってしまってもいいかもしれません。

妊娠中の葬儀参列は、体への負担軽減を優先して

お葬式は人が多く、身内の場合はお茶出しなどの雑用もあったりと、何かと心身に負担がかかります。

妊娠中は、いつどんな体調の変化があるかわかりませんから、体への負担をなくすことを考えましょう。

  • 締め付けのきつい服は避ける
  • 靴はヒール低めの歩きやすいものを履く
  • 冬場のお葬式の場合は、タイツや腹帯で防寒する
  • 辛い時は無理せずに休ませてもらう

妊婦さんであれば、無理して葬儀に出なくてもよいと言われる人も多いはず。もし無理をおしてまで参列して、体調に異変があったら、周囲の人たちにも心配をかけてしまいますし、何より自分自身が後悔することになります。

参列自体が負担になる場合は無理をせず、落ち着いてから改めて故人のお悔やみをしてもいいのです。体調とよく相談して決めてくださいね。

安くて効果大!おすすめの妊娠線予防クリーム

妊娠線は、一度できたら一生消えません。

だからこそ予防が大切ですが、妊娠線予防の専用クリームは、ほとんどが5000~6000円と高額。

しかも定期購入前提の商品も多く、購入を迷っている人もいるのではないでしょうか。

 

そんな中、私が見つけて使っていたのはAFCマタニティクリーム。

たっぷり120gで2800円というお手頃価格に加え、定期購入ではなく1本から送料無料でお試しできます。

ネロリの爽やかな香りと柔らかいテクスチャーでとても使い心地がよく、このクリームのおかげで妊娠線もまったくできませんでした^^

妊娠線ケアどうしようかな…と心配になってきた妊婦さんは、ぜひ一度公式HPをチェックしてみてください。おすすめです!

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム