妊娠で結婚式を欠席する時の断り方 返信の書き方やお祝いはどうする?

妊娠を理由に結婚式を欠席したい 上手な断り方のマナーって?

妊娠中であることを理由に結婚式の招待を断ることは、マナーとして失礼にはあたりません。

ただ、相手に妊娠の経験がない場合「妊娠してたって結婚式には出席できるでしょ?」と考える人も少なくないでしょうし、だからこそあなたも、妊娠を理由に欠席することを悩んでいるのではないでしょうか。

でも、私は自分に2度の流産経験があるため、少しでも不安があるのなら、無理をせず欠席するのもやむを得ないことと思います。

私も若い頃は「妊娠したら出産できるもの」と安易に考えていたのですが、今は決してそうでないことを知っています。

多少の無理をしても無事に産んだ女性が、数としては多いのかもしれませんが、それは他の誰かの結果論であって、だから自分も大丈夫という理由にはなりません。

実際、妊娠中は突然体調が悪化することも珍しくなく、遠方への移動や結婚式会場での緊張は、妊婦さんにとっては不安なもの。

 

とはいえ、まだ妊娠したことのない友人には、その不安をわかってもらえるとは限りません。

母子ともに命に関わることなので、出席を断ってもまったく非常識ではないのですが、妊娠してても結婚式くらい出られるだろうと考えてしまうこと、できるだけ多くの人に結婚式を祝って欲しい気持ちもわかります。

では、どうすれば友人を嫌な気持ちにさせず、結婚式の招待を断ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

結婚式を妊娠で欠席する時の断り方

結婚式の招待を断る場合、それがお葬式や法事などの弔事であれば、「不幸を慶事に持ち込まない」という意味で、理由をぼかすのがマナーです。

でも、妊娠そのものはおめでたいことなので、欠席の理由として伝えても失礼にはなりません。

また、今後もお付き合いのある友人なら、妊娠は遅かれ早かれわかることなので、ここで隠して後から気まずい思いをするより、正直に妊娠を理由に欠席することを伝えることをおすすめします。

何より、良識ある友人であれば、あなたの妊娠を喜んでくれるはず。

 

欠席理由を伝える時には、結婚のお祝いと欠席することへのお詫びを一言伝えましょう。

以下に例文を紹介します。

スポンサーリンク

結婚式を妊娠で欠席する時の返信の書き方

  • 結婚のお祝い
  • 欠席理由
  • お詫びの気持ち

の3点を簡潔にメッセージにまとめて返信しましょう。

下記の文例を参考に、あなたの言葉で友人への気持ちを伝えてみてくださいね。

  • ご結婚おめでとうございます。ぜひお祝いに駆けつけたいのですが、出産予定日が近いため、申し訳ありませんが欠席させていただきます。当日は素敵なお式になりますように。
  • ご結婚おめでとうございます。ぜひ出席したいのですが、妊娠で体調が安定せず、この度は欠席させていただきます。残念ですが、お2人のお幸せを心からお祈りしています。
  • 結婚おめでとう!◯◯の結婚式、ぜひ参加したいのですが、実は今妊娠中でお医者さまにも遠出を控えるよう言われているので、残念ながら欠席します。また改めてお祝いさせてね!

妊娠で結婚式を欠席したらお祝いでフォローを

結婚式の招待を断った場合、別途お祝いを贈ってフォローしておくと、本当は行きたいのに行けないという気持ちや、祝福の気持ちが伝わります。

具体的なフォロー方法は、ご祝儀、お祝いの品、電報の3つ。

ご祝儀もしくはお祝いの品は、友人の結婚式の欠席なら1万円程度、親族であれば出席する時と同額程度がマナーとされています。

直接渡す機会があればそれがベストですが、なかなか会えないようであれば、出欠の返信をした後、披露宴の1週間前までに送りましょう。

それに加えて、祝電も送ればさらに丁寧。

オリジナルメッセージが作れて食べられるマシュマロ電報など、お祝いの気持ちが伝わる可愛らしい祝電がおすすめです。



妊娠で結婚式を欠席する時の断り方まとめ

  • 妊娠を理由に結婚式の招待を断るのは失礼ではない
  • 妊娠は慶事なので、理由は正直に伝えてよい
  • 結婚式を欠席したら、ご祝儀や祝電でお祝いの気持ちを伝えるとよい

参考書籍)
妊娠がわかったらすぐ読む本(主婦の友社)
結婚式お呼ばれマニュアル(インプレス)
女のマナー常識555(PHP研究所)
大人の常識とマナー(学研教育出版)