弔問の線香のあげ方 本数や折るかどうか、鈴のマナーとは?

弔問時の線香のあげ方

お線香の正しいあげ方 本数はどうする?鈴は鳴らす?

葬儀に出席できなかった時やお盆の時期に、故人にお線香をあげに行く時のマナーについて解説します。

まずはお線香のあげ方について。

故人の自宅へお邪魔したら、次の流れでお線香をあげます。

  1. 仏壇の前に正座し、軽く一礼する
  2. ロウソクに火を点け、その火で線香に火を点ける
  3. 合掌して深く礼拝する
  4. ロウソクの火を手であおいで消し、仏壇に軽く一礼する
  5. 最後に遺族の方へも軽く一礼して終わる

ロウソクは、家の人が点けてくれていた場合はそれを使い、火が点いていない場合は自分で点けます。

ロウソクを使わず、マッチから直接線香に火を点けるのはマナー違反。必ずロウソクの火を使います。

これは、仏さまにお供えした火を分けていただくという意味があるため。

 

また、ほとんどの人がご存知だとは思いますが、線香の炎に直接息を吹き替えて消すのはNG。

仏教では口は不浄で悪行を積みやすいとされているので、息を吹きかけるというのは大変無礼な行為になるのです。

口は災いのもと、という言葉もありますね。

手前にすっと引いて炎を消すか、手であおいで消すようにします。

スポンサーリンク

線香のあげ方と本数に決まりはある?

仏壇にお供えする線香の数は、宗派によって異なります。

代表的な宗派と線香の本数についてまとめました。

  • 浄土真宗…本数は自由、折って寝かせる
  • 天台宗…3本
  • 真言宗…3本
  • 浄土宗…1本
  • 臨済宗…1本または2本
  • 曹洞宗…1本または2本
  • 日蓮宗…1本または3本(3本が正式)

線香の数は1~3本。

3本立てる場合は、逆三角形(▽)になるように3本を立てます。

 

3本の線香は仏、法(仏さまの教え)、僧の仏法僧の象徴。

それぞれに1本ずつ捧げる宗派もあれば、すべては1体であるので1本で良いと考える宗派までさまざまです。

文化庁の宗教年鑑によると日本には157もの仏教宗派があり、それに地域差なども加えると、一概にどれが正しいとは判断できません。

弔問相手の宗派がわかっていれば、そのやり方に合わせるのがベターですが、相手の家の宗派までは知らないことも多いはず。

その場合は、自分の宗派のやり方で線香をあげればいいでしょう。

 

線香の本数に特に決まりのない宗派もありますし、大切なのは気持ちです。

告別式でも、多数の人がスムーズにお焼香できるよう、宗派に関わらず線香の数を1本とすることもあります。

そもそも、お釈迦さまの時代には線香というものはありませんでしたから、お釈迦さまが線香の本数を決めたわけでもありません。

お釈迦さまの教えを忘れずに受け継いでいくため、各宗派で意味を込めているものです。

 

線香をあげること自体の意味について触れておくと、仏壇やお墓に線香をあげるのは、亡くなって仏さまになった方は、食事の代わりに良い香りを召し上がるとされているから。

どうぞこの香りを召し上がってください、という気持ちで供えるのが線香なので、1本でも2本でも3本でも間違っているということはありません。

本数を気にしすぎるよりは、線香をあげることの意味を感じながら、故人へのお悔やみの気持ちを捧げましょう。

スポンサーリンク

線香のあげ方 折る宗派は?

線香をあげる時に折る習慣があるのは、浄土真宗。

浄土真宗では、線香を香炉の幅に合わせて折り、火を左側にして香炉に寝かせます。

線香を折ること自体が作法なのではなく、香炉の幅に合わせるために折るので、折る回数は特に決まっていません。

通常なら2つか3つに折れば、香炉からはみ出ることはないでしょう。

このように線香を立てずに寝かせる作法があるのは、浄土真宗のみ。

これは、線香が発明される以前に浄土真宗で行っていたお香の焚き方の名残です。

 

1本の線香を2本に折ってあげる習慣は、浄土宗の一部でも見られますが、浄土宗全般では1本を(折らずに)立ててあげるのが一般的です。

線香のあげ方 お鈴は鳴らす?

仏壇に供えてある、お鈴(おりん)。

鳴らすかどうか迷いますが、お線香をあげるだけならお鈴は鳴らさないのが正解です。

なぜなら、お鈴は本来、読経の区切りを示すために使うもの。

仏さまや故人を呼び出すチャイムの音のように感じてしまいますが、あのチーンという音色は、お経を唱える際の合図なのです。

ですから、お鈴を鳴らした場合はその後でお経や念仏を唱え、終わったら終わりの合図で再びお鈴を鳴らします。

 

家庭の仏壇でお鈴を鳴らすのは、「お勤め」と呼ばれる毎日のお参りの時。

線香をあげた後、お鈴を鳴らしてお経や念仏を唱え、読経が終わったら再度お鈴を鳴らして終わります。

つまり、お鈴と読経は必ずセットになるのですね。

線香のあげ方のマナーまとめ

  • 弔問で故人に線香をあげる時は、ロウソクで線香に火を点けて香炉に立てた後、合掌して深く礼拝する
  • 浄土真宗のみ、線香を折って香炉に寝かせる
  • 仏教では口は不浄のものとされるので、線香を消す時には息を吹きかけてはいけない
  • 線香の本数は1~3本で、宗派によって異なる
  • お鈴は読経の合図をする道具なので、鳴らす必要はない

参考書籍)
宗教年鑑平成29年版(文化庁)
比べてわかる! 日本の仏教宗派(PHP研究所)
仏教質問箱(水書坊)
葬儀・法要・相続 マナーと手続きのすべて(主婦の友社)
冠婚葬祭・おつきあいのQ&A(主婦の友社)