手は叩く?叩かない?神社の正しい参拝方法

日本人なら自信を持って覚えておきたい、正しい神社の参拝方法

神社で手を合わせている女性の後姿の写真神社の正しい参拝方法、自信はありますか?

久しぶりに神社を訪れてみると、けっこう戸惑ってしまいますよね。毎回、前の人のお作法を見ながら適当にやり過ごしてしまったり。

水場の杓子はどう使うのか、賽銭箱の前では手を叩くのか、お辞儀は何回するのか…

迷いがちな神社の参拝方法について、正しいお作法を順番にまとめました。

作法と言ってもそんなに複雑ではないので、神社に行く前に、さっと一読してみてくださいね。

スポンサーリンク

神社の正しい参拝方法(1)
鳥居をくぐる前に、軽く一礼する

意外と知らない人が多そうですが、神社に参拝する時は、鳥居をくぐる前にも軽く一礼するのが正しいマナー。

鳥居の向こうは神さまのいらっしゃる場所ですから、鳥居は言わば玄関のようなもの。足を踏み入れる前にご挨拶しておきましょう。

スポンサーリンク

神社の正しい参拝方法(2)
参道の中央は歩かない

鳥居をくぐった後、神社によっては長い参道が続きますが、参道の真ん中を歩くのはNG。

参道は神さまの通り道ですから、神さまの邪魔をしないよう、左右どちらかの端を歩きましょう。

神社の正しい参拝方法(3)
お手水の作法は、杓子を右手に持ってから左手へ

柄杓が置かれた神社の手水舎の写真神社の前にある水場は手水舎と言います。読み方はちょうずしゃ、ちょうずや、てみずしゃ、てみずや等、複数あり。

お参りをする前に、ここでお手水(おちょうず)をして身を清めましょう。

お手水の手順は次のとおり。

  1. 右手に柄杓を持ち、左手に水をかける
  2. 柄杓を左手に持ち替え、右手に水をかける
  3. また右手に柄杓を持ち、左手に注いだ水で口をすすぐ
  4. もう一度左手に水をかけて清める
  5. 両手で柄杓を持ち、元の場所へ戻す

水は何度も汲み直すのではなく、最初に汲んだ水で一連の動作を済ませるのが正しい方法とされています。

こうして文字で見ると複雑ですが、最初は右手に柄杓を持つ!ということだけ忘れなければ、後は交互に柄杓を持ち替えれば大丈夫。

また、口をすすぐ時は、柄杓に直接口を付けるのはNGマナー。水を一度手に受けるということを覚えておきましょう。

神社の正しい参拝方法(4)
神社の参拝は「二拝二拍手一拝一礼」で

お手水で身を清めたら、いよいよお賽銭箱の前に向かってお参りへ。まずは鈴を1回鳴らして、お賽銭を入れましょう。

その後の参拝作法は、「二拝二拍手一礼」が基本。2回お辞儀をして、2回拍手、最後に1回お辞儀をします。

神社によっては独自の作法があることもあり、その場合は境内に張り紙があることが多いので、お賽銭箱の周りを見ておくといいでしょう。

例えば出雲大社などは、二拝四拍手一拝がお作法になっています。

願いが叶う!?神さまに届く願掛けの仕方

神さまに願掛けをする時には、まず自分の名前と住所をお伝えし、それから願い事を伝えると良いとされています。

確かに、どこの誰かがはっきりわかったほうが、神さまとしても願いを聞きやすくなりそうですよね。願い事をするわけですから、自分の素性は明確にお伝えしましょう。

参拝を終えて帰る時は、鳥居をくぐった後に最後の一礼をして、神さまに感謝の気持ちを表します。背中を向けたままで帰るのは失礼ですからね。

以上が、神社の正しい参拝方法の流れです。今まで、漠然と願い事だけを念じていたという人は、次回の参拝時からぜひ試してみてくださいね。