新社会人必修!簡単&使えるネクタイの結び方3つ

新社会人はこれを覚えておけばOK!ネクタイの結び方3選

青空を背にジャケットを羽織ろうとしているビジネスマンの写真ネクタイの結び方は、実は80種類以上も存在します。

でも、どんな時にどんなネクタイの結び方をすればいいかなんて、なかなか教わる機会はないですよね。

社会人になっても、就活の時の結び方でいいものか?
プレーンノットで結び目が斜めになるのが気になる…

など、ネクタイの結び方に疑問を持ってしまう新社会人も多いはず。

新社会人が覚えておきたい、簡単で使えるネクタイの結び方3つを紹介します。

各ネクタイの結び方で紹介している動画は、正面向きの説明動画と、左右が自分と同じ目線の動画、視点違いの2パターンの説明が入っています。

動画前半を見て結び方の順序をつかみ、後半からは一緒にネクタイを結んでみるのが、わかりやすくておすすめです。

スポンサーリンク

簡単なネクタイの結び方(1)
これさえ覚えておけば、どんな時もOK!プレーンノット

数あるネクタイの結び方でも、一番簡単で基本的な結び方がプレーンノット。就活中のネクタイを、この結び方で結んでいたという人も多いかもしれません。

簡単で短時間に結べるプレーンノットは、日本では主流の結び方。社会人でも普通に通用する結び方です。

シャツやネクタイの種類も選ばずに結べるので、プレーンノットさえ覚えていれば、ネクタイの結び方はとりあえず大丈夫。

結び目が斜めになるのは、プレーンノットの特徴なので、あまり気にしすぎる必要はありません。プレーンノットは、ちょっと斜めになっているのが粋なのです。

結び目をきれいな三角形にしたい人は、この後で紹介するセミウィンザーノットに挑戦を!

スポンサーリンク

簡単なネクタイの結び方(2)
幅の細いネクタイに最適、ダブルノット

ダブルノットは、プレーンノットの応用編。プレーンノットにプラスもう一巻きして、結び目にボリュームを持たせた結び方です。

ダブルノットは、幅の細いナロータイや生地が薄いネクタイに最適。逆に、幅広のネクタイだと結び目にボリュームが出すぎて、アンバランスになってしまいます。

日本製のネクタイよりも長い、外国製のネクタイの長さを調整するのにも使える結び方です。プレーンノットを覚えたら、ネクタイに応じて使い分けてみるといいかもしれませんね。

簡単なネクタイの結び方(3)
左右対称の結び目が作れる、セミウィンザーノット

比較的簡単に結べて、左右対称のきれいな三角形の結び目が作れるのが、こちらのセミウィンザーノットという結び方。

ウィンザーノットという結び方を簡略化したもので、ハーフウィンザーノット、エスカイアノットとも呼ばれます。

ウィンザーノットは結び目が大きいため、ビジネススーツではネクタイが悪目立ちしてしまうこともありますが、セミウィンザーノットならどんなシャツやネクタイでもバランス良く決まり、ビジネスシーンにもぴったり。

簡単にきれいな結び目が作れるので、プレーンノットで結び目が斜めになるのが気になるという人は、ぜひチャレンジを。一度覚えてしまえば簡単です。

結び目が崩れにくいので、首もとをゆるめたり戻したりしやすい結び方でもあり、外回りの多い営業マンにもおすすめ。

お気に入りのネクタイの結び方は見つかりましたか?自分に合った結び方で、スマートな新社会人生活を送ってくださいね。