結婚式のお車代 友人への渡し方は?渡すタイミングや言葉について

結婚式のお車代 友人への渡し方

結婚式のお車代 友人に渡すタイミングとマナー

結婚式に遠方から出席してくれる友人へのお車代は、いつ、誰から渡すのか?

受付係の人に頼んでおくのか、結婚式が終わってゲストを見送る時に自分たちから手渡すのがいいのか…ちょっと考えてしまいますよね。

このページでは、友人にお車代を渡す時のタイミングとマナーについて解説します。

スポンサーリンク

結婚式のお車代を渡すタイミングは?

結婚式のお車代は、受付で記帳が済んだタイミングで渡します。

出席者のリストを作る際に、お車代を誰に渡すのかがわかるようにリストに印を付けておき、受付係から渡してもらってください。

お車代は人によって包む金額が違うため、渡す人がすぐわかるように、封筒に付箋などで渡す相手の名前を付けるなどしておきましょう。

スポンサーリンク

結婚式のお車代の渡し方と渡す時の言葉は?

お車代は一部の方のみに渡すものなので、周囲の人にわかるように渡してしまうのは失礼にあたります。

渡す時には“目立たないようにこっそり”が鉄則。

受付係の方に、小さな声で「◯◯様、新郎新婦よりお預かりしています」という言い方で声をかけてもらい、席次表を渡すタイミングで一緒に渡してもらいましょう。

来賓が記帳を済ませて受付を離れた後、追いかけてこっそり渡すという方法もありますが、これは受付側に余裕がないと難しいやり方。

当日は受付に次々とゲストがやって来て慌ただしくなるので、友人へのお車代は、基本的には受付時に渡すのがスムーズです。

友人に結婚式のお車代を渡す時のマナーまとめ

お車代を渡すタイミングは、受付で記帳が済んだ後

お車代は受付係から渡してもらう

渡す時の言葉は「◯◯様、新郎新婦よりお預かりしています」

お車代を渡す人が誰かわかるよう、あらかじめリストと封筒に印を付けるなどの工夫をしておく

参考書籍)
ふたりの結婚準備ブック(主婦の友社)
25ans Wedding 結婚準備(ハースト婦人画報社)
ふたりで読む結婚準備のすべてがわかる本(秀和システム)
冠婚葬祭 おつきあいとお金のマナー(西東社)
やさしくわかる! マンガ 女性のビジネスマナー(西東社)