結婚式の招待で子供を呼びたくない…友人の子連れ参加の断り方

結婚式の招待は子供も呼ぶべき?

結婚式に子供を招待したくない…友人の子連れ参加を断るには?

結婚式の招待状を準備するにあたって、子供のいる友人は子供も一緒に呼ぶべき?

迷ってしまいがちな子供の招待について、マナーや対応を解説します。

スポンサーリンク

結婚式に子供は呼びたくないのが本音…

「子供はうるさいから、正直、披露宴には連れて来て欲しくない。子供が嫌だなんて、私って心が狭いのかな…」

と悩んでいる花嫁さんもいるかもいれません。

でも、結婚式は神聖な儀式であり、やり直しが効かないもの。

どうしても静かにしているのが難しい小さい子供は呼びたくないと考えるのも普通のことですし、子供の結婚式への出席を遠慮してもらうのもよくあることです。

高級レストランでも「◯歳未満のお子様のご来店はご遠慮願います」としているお店はたくさんありますしね。

その場に合ったゲストに来ていただく、という考え方をするのは決して悪いことではありません。

結婚式の一般的なマナーとしても、子連れで披露宴に出席するのは新郎新婦の兄弟か、親しい従兄弟くらいまで。

友人関係では、いくら親しくても招待がない限り子供は連れて来ないのが常識とされています。

ただ、問題となるのはこの”常識”が、誰にでも通用するわけではないことです。

子連れNGであることをハッキリせずに招待したために、招待した友人が悪気なしに子供を連れて来てしまい、結婚式で泣いたり騒がれてしまった…ということになっては、一生後悔することにもなりかねません。

そうならないためにも、結婚式に子供を呼びたくない場合は、あらかじめゲストにそう伝えておきましょう。

スポンサーリンク

結婚式での友人の子連れの断り方

友人の子供連れでの出席を断る理由としては、

  • 会場の都合で、子供用の設備や控え室が準備できない
  • 両家で子供の参加は親族のみと決めてある
  • 子供の出席は◯歳以上のみでお願いしている

などが、角が立たずに良いと思います。

招待状を発送する前の確認で、

「会場の都合で子連れ参加はできないんだけど、大丈夫?」

「まだお子さんが小さいと思うんだけど、今回は両家で子供は◯歳以上だけでお願いしてるんだ」

など、子供は参加できない旨を曖昧にしないで伝えましょう。

「子連れだと大変だよね?」といった曖昧な言い方だと、あなたと友人とで解釈が違ってしまい、招待したつもりはないのに子供を連れて来る可能性もありえます。

「ベビーカーでは会場に入れないかも」と伝えたら、「抱っこ紐で行くから大丈夫!」と返事をされてしまったという例も。

一度出席の返信をもらってから子供だけお断りするのは、お互いに嫌な思いをすることになるので、遠回しな言い方は避けましょう。

人によっては、招待状に「◯歳未満のお子様の出席はご遠慮願います。」と注意書きを入れていることもあるくらいです。

ちょっと気まずくても、ここはハッキリさせておくのが後々のため。

後から断り方を考えるのに悩んだり、友人との関係が悪化するのを防ぐためにも、招待の時点で子供が参加できないことをきちんと伝えておくことが大切です。

誰だって結婚式は最高の1日にしたいと思い、そのために長い準備をかけて準備をしているはず。

あなたの大切な結婚式です。本当に嫌なことを我慢したり遠慮したりする必要はありませんよ。

結婚式に子供を呼びたくない場合の断り方まとめ

  • 結婚式に子供を呼ぶのは親族のみが一般的
  • 友人の子連れ参加を断るのは非常識なことではない
  • 子連れ出席NGを曖昧にしておくと、そのつもりはなかったのに子供を連れてくるゲストが出る可能性がある
  • 友人に招待の打診をする時に、あらかじめ子供は出席できないことをきちんと伝えておくことが大切

参考書籍)
女のマナー常識555(PHP研究所)
「冠婚葬祭」ワザあり事典(PHP研究所)