結婚式に子連れで出席するのは非常識?招待されていないが連れて行きたい場合は?

結婚式に子連れで出席するのは非常識?

結婚式に子連れで参加したい これって非常識?

結婚式に招待されたけど、小さい子供がいるので置いていけない。

でも子供を預けるところもない…。

子連れで結婚式に参加するのは非常識?

という疑問に答えます。

スポンサーリンク

結婚式に子供が招待されていなくても連れて行っていい?

結婚式への子連れ参加については、

  • 親族の結婚式であればOK
  • ただし、親族であっても招待がなければ出席は控えるのが基本
  • 友達の結婚式で、子供も一緒に招待されていない場合は、子連れでの出席は遠慮すべき

というのが一般的なマナーです。

基本的に、結婚式は招待状に記名されている人のみが参加するもの。

あらかじめ新郎新婦から「お子さんも一緒に」「ご家族でどうぞ」などと言われていないのであれば、子供は連れて行かないのが常識的な振る舞いです。

招待されていないのに勝手に子供を連れて行くのは新郎新婦や会場に迷惑をかけかねず、せっかくのお祝いに水を差してしまうことになるので、子供の年齢に関わらず遠慮しましょう。

 

子供がまだ小さい、子供を預けられる人がいないなどの事情があり、子連れでなければ結婚式に出席できない場合でも、招待側に断りなく、自分の判断のみで子連れ参加するのはご法度。

厳粛な雰囲気の中で式を進めたいという新郎新婦もいれば、子供の声をよく思わない人もいます。

また、参列者が1人増えるということは、その分準備も必要になるということであり、新郎新婦側の経済的な負担も増えるかもしれません。

子連れでの披露宴出席は、必ずしも万人に歓迎されるものではないということは念頭に入れておいたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

結婚式に子供を連れて行きたい時は?

子供を預けての参加が難しい場合、結婚式を欠席するのが無難な選択ですが、

  • どうしても出席したい式である
  • 新郎新婦から強く出席を促されている

などの場合は、招待状の返信をする前に、新郎新婦に相談のうえ出席の判断を。

この場合も「子連れで行きたい」とあなたの希望を言うのではなく、「本当ならぜひ出席したいが、子供のことでこういう事情があり行けない」ということを伝えたほうが、相手としても返事がしやすくなります。

(本音では子供は来て欲しくない、という人も少なくないため)

そのうえで、新郎新婦からぜひお子さんも一緒にと言われるようであれば、改めて子連れで出席する旨を返事しましょう。

また、その際は

  • 子供がぐずった時にすぐ退席できるよう、出入り口近くの席にしてもらう
  • 子供の分の料理が不要であれば、食事は要らないこと
  • ご祝儀は子供が参加する分も含めて多めに包む

といった配慮を忘れずに。

上乗せするご祝儀の金額は、子供の食事代を軸に考えます。

お子様プレートの場合は5000~1万円、大人と同じコース料理の場合は1~2万円を目安にするといいでしょう。

子供が乳児で席も食事もない場合は、必ずしもご祝儀を包まなくてもかまいません。

ただ、会場側に子供受け入れのための準備や配慮をしてもらっていることもあるので、やはり気持ち程度の金額を上乗せしたり、別途お祝いの品を贈るなどするのをおすすめします。

子連れでの結婚式に関するマナーまとめ

  • 結婚式・披露宴に出席するのは招待状に記名のある人だけ
  • 親族の結婚式では子供ぐるみで招待されることが多いが、特に招待がなかった場合は勝手に連れて行かない
  • 友人の結婚式では、招待がない限り子連れはNG
  • どうしても子供と一緒に参加したい事情がある場合は、必ず新郎新婦に相談する
  • 子連れで結婚式に出席することになったら、席次やご祝儀などの配慮を忘れない

私は20~30代の間に、かなりの数の結婚式に参加しましたが、そのうち子連れで披露宴に出席していたのは1人だけでした(新郎新婦の親族は除く)。

その子は3人の子供がいましたが、一番下の子はまだ乳児でどうしても預け先がなく、新婦の配慮で一緒に出席したとのこと。

会場には赤ちゃん用の控室や子供用の椅子が準備されていて、彼女自身も子供の声にかなり気を遣っていました。

 

一方で、子連れ参加の可否を濁していたところ、友人の1人が子連れ参加する気満々で「どうやって断ろうかすごく悩んでいる」という話も聞いたことがあります。

彼女にとっては憧れ待ち望んだ晴れ舞台であり、神聖な結婚式。

子供の声がビデオに入ったり、その場の雰囲気を乱されるのが嫌だったようです。

自分が子供を持った今では、小さい子供を預けることの難しさや、子供を置いて留守にすることの不安がよくわかるので、子連れ参加しようとしていた友人にも悪気はまったくなかったのでしょう。

でも、これから結婚式を挙げる女性にとっては、子供はうるさい、としか思えないのもわかります。

なので、子連れで結婚式に参加したい場合は「子供を連れて行きたい」ではなく、どうしても子連れでなければ出席できない事情を伝えたうえで、相手の希望を尊重するのが1番かなと思います。

参考書籍)
お母さんのあいさつ・手紙・マナー(新星出版社)
知らないと恥をかく冠婚葬祭のマナー常識(PHP研究所)
結婚式お呼ばれマニュアル(インプレス)
冠婚葬祭・おつきあいのQ&A(主婦の友社)
品のいい人と言われる技術(河出書房新社)