ADHDの薬は覚醒剤と一緒って本当?ADHD薬のウソホント

ADHDの薬は覚醒剤と同じ…?

薬のビンからこぼれたたくさんの錠剤の写真ADHDの薬は、覚醒剤と一緒だと言われることがあります。

それを聞いてしまったがゆえに、子供にADHDの薬を飲ませること、自身でADHDの薬を服用することに不安を覚えている人もいるのではないでしょうか。

ADHDの薬は本当に覚醒剤と同じなのか?
ADHDの薬は安全なのか?

ADHD治療薬の危険性に対する疑問について、まとめました。

スポンサーリンク

ADHDの薬が覚醒剤だと言われる理由

電子信号のような光の帯が入り乱れている写真ADHDの薬が覚醒剤と同じだと言われるのは、薬としての作用の仕組みが理由です。

そもそも、覚醒剤というのは1種類の薬の名前ではなく、”風邪薬”や”睡眠薬”のような、ある特定の効果を持つ薬の総称。

覚醒剤は、中枢神経を興奮させる作用のある薬で、気分を高揚させ、疲労感を忘れさせるなどの効果をもたらします。

ADHD治療薬のひとつであるコンサータは、中枢神経に直接働きかけるという点で、薬の仕組みが覚醒剤と非常によく似ており、これがADHDの薬は覚醒剤だと言われるゆえんになっています。

スポンサーリンク

なぜ、ADHDの薬が中枢神経に作用する必要があるの?

両手で頭を押さえてパニックになっているスーツ姿の女性の写真では、なぜADHDの薬は中枢神経に作用する必要があるのでしょうか。

私たちの脳内には神経伝達物質と呼ばれる物質があり、それらが脳内の情報を運ぶ役目をしています。

ADHDの人は、この神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの働きに問題があるとされています。

ドーパミンやノルアドレナリンは学習や意欲といった情報を担当しているので、この働きが弱いと、集中できない・落ち着きがない・やる気が出ないなどのADHDの症状となって表れるのです。

ADHD治療薬のコンサータは、中枢神経に働きかけることでドーパミンやノルアドレナリンの量を増やし、ADHDの人に足りない分を補う薬です。

もうひとつの代表的なADHD治療薬にストラテラがありますが、こちらは少々仕組みが違い、中枢神経に直接作用することはありません。

コンサータとは違うアプローチで、ドーパミンやノルアドレナリンの量を増やす薬です。

リタリンの乱用で高まった、薬の危険視

処方箋の袋に入った錠剤の写真ADHDの薬は覚醒剤…

薬の危険性のみをあおるような風潮が出た背景には、過去に起こったリタリンという薬の乱用多発があります。

リタリンはコンサータと同じ成分の薬で、以前はうつ病の薬として処方されていました。リタリンには強い依存性と多幸感があるため、2000年頃からリタリンをドラッグとして乱用する人間が出てきたのです。

実際には必要がないのにリタリンを求める乱用者、安易にリタリンを大量処方する医療機関、本来は処方箋がないと入手できないリタリンの不当売買などが問題視されるようになり、2007年には社会問題として大きく取り上げられまでになりました。

その結果、リタリンの処方は厳しく管理されるようになり、現在はうつ病へのリタリン処方はできなくなっています。

ADHD治療薬であるコンサータが問題視されがちなのは、この悪名高いリタリンと同じ成分のため。リタリンと同じく、乱用や依存のリスクがある薬だからです。

リタリン乱用の背景から、コンサータも処方に関しては厳しく管理されており、認可を受けた特定の医師にしか処方することはできません。

ただし、コンサータは徐放剤というタイプの薬で、薬の効き目がゆるやかになるように作られています。そのため、コンサータはリタリンに比べると依存性は低く、安全性は高いとされています。

ADHDの薬を覚醒剤だと批判するのは簡単ですが、薬を切実に必要としているADHDの人たちがたくさんいるのも、また事実です。

毒も薬も本質は同じであり、問題はその使い方。コンサータには副作用やリスクもありますが、一方で、ADHD治療における最も有用な薬のひとつでもあります。

ADHD治療薬の服用については、信頼できる医師によく相談し、自分でもリスクとメリットの両方をよく理解したうえで、飲む・飲まないを判断することをおすすめします。