うちの子供がアデノウイルスで高熱を出した時の対処と経過

アデノウイルスで保育園を出席停止になってから登園再開まで

冬に入ってから保育園で流行り出したアデノウイルス。

別名プール熱といって夏に特に流行る病気ですが、年間を通して発症するそうで、秋冬でも安心はできないのだとか。

1歳の子供が発症してから治るまでの対処と経過をまとめましたので、「もしかしてアデノウイルス?」「保育園っていつから行けるの?」というママさんは、よければ参考にしてください。

スポンサーリンク

アデノウイルス最初の兆候は目やにから

うちの子の場合、最初の症状は目やにでした。

金曜日に保育園のお迎えに行くと、片方の目から黄色い目やにが。

目が開かなくなるような量ではなく、本人も元気だったので、ウェットティッシュで目やにを拭き取るようにして、小児科へは行きませんでした。

土日も多少目やにはあったものの悪化はせず、熱もないので、あまり気にせず、月曜日も普通に登園しました。

スポンサーリンク

突然38.9度の発熱

ところが月曜日のお昼過ぎくらいになって、38.9度の発熱があり、保育園から呼び出しが。

迎えに行くと、おもちゃで遊んではいるものの、少しぼんやりした様子です。

保育園の先生によると、午前中はずっとご機嫌で遊んでいたけれど、お昼ごはんの時に、いつもおかわりするうちの子供がご飯を残している。

顔も赤いので熱を計ると、高熱だったという次第。

そのまま小児科へ連れて行きました。

小児科で検査した結果、アデノウイルス感染が発覚

小児科で目やに・発熱の経緯を説明すると、「プール熱(※)かもね。今ここいらで流行ってるから」ということで、アデノウイルスの検査をすることになりました。

※プール熱=アデノウイルスが原因で起こる感染症。正式名称は喉頭結膜熱

検査方法は、長い綿棒を子供の鼻に突っ込んで鼻水を取る!

そんな奥まで入れていいんだ!?と思うほど突っ込んでいたので、子供は当然、大泣き・大暴れでした(^_^;)

綿棒で組織を採取した後は、感染症の子供専用の待合室で待機。

しばらくしてから診察室に呼ばれ、案の定アデノウイルスに感染しているという結果が出ました。

アデノウイルスの症状は?医師からの説明

アデノウイルスの症状や特徴は、下記のプリントをもとに説明してもらいました。

アデノウイルスの説明プリント

アデノウイルスが原因で起こる感染症が喉頭結膜熱、通称プール熱。

高熱・喉の痛み・目に結膜炎の症状(充血、目やに、かゆみ等)の3つが典型的な症状だそうで、うちの子供もまさにこれでした。

その他、鼻水や咳、下痢など一般的な風邪に近い症状が出ることもあり、これらの症状が3~5日ほど続くそうです。

アデノウイルスの治療と家庭での対処法

アデノウイルスには特効薬がなく、ウイルス自体を殺す薬はまだないのだそうです。

そのため、治療は辛い症状を和らげるための対症療法しかなく、基本的には自然治癒を待ちます。

娘には、熱が高くぐったりしている時用の解熱剤(座薬)と、目やになどの結膜炎症状用の目薬が出ました。

熱は無理に下げると、かえって体の抵抗力を奪ってしまうので、座薬は38.5度以上を目安に、元気のない時に使うようにとのこと。

(後述しますが娘はすぐ元気になったので、結局使いませんでした。)

ホームケアの注意点は、水分補給と食事。

水分をしっかり摂らせることと、アデノウイルスでは喉の痛みが出て食事がしにくくなるので、柔らかく刺激の少ないものを食べさせるようにとのことでした。

いつも食べ過ぎて困るくらいの娘ですが、その日は確かに食欲がなく、食べたいのに食べられない、という様子でフォークをいじいじ…

野菜ジュースやリンゴジュースをゼラチンで固めてゼリーにしたり、うどんやマッシュポテトなどの柔らかいものを食べさせたり、離乳食時代を思い出してご飯を作りました。

鼻水には電動鼻水吸引器がおすすめ

お医者さんで言われたこと以外では、電動鼻水吸引器を使って、こまめに鼻水を吸っていました。

以前は口で吸うタイプを使っていたのですが、電動タイプだと鼻水の取れる量が雲泥の差です。

鼻水が喉に流れないので咳に悪化してしまうことがなくなり、鼻水の治りも圧倒的に早い!

我が家では、電動鼻水吸引器を使うようになってから小児科へ行く回数が激減しました。

いろんなタイプが出ていますが、うちで使っているのはベビースマイルというコードレスタイプ。

もっと高価なもののほうが吸引力は高いらしいですが、今のところベビースマイルでも十分な量の鼻水が吸えていますし、鼻水の処理と掃除が簡単なのも便利です。

ボンジュールというシリコンノズルが、なぜか別売になっているのですが、このノズルは必須。

(本体のノズルはかなり短いので、これがないとぜんぜん吸えないのではないでしょうか。なぜ別売なのか不思議です)

よく吸うコツは、ボンジュールを鼻の奥まで突っ込んだ後、ノズルを数秒つかんで空気を止めて手を離すのを繰り返すこと。たっぷり吸えた時は快感です(笑)

本当に鼻水の治りが違うので、まだ持っていないママはぜひチェックしてみてください。おすすめです!

アデノウイルスに感染したら保育園は出席停止

喉頭結膜熱(プール熱)は学校保健安全法が指定する感染症のひとつなので、感染がわかったら保育園や幼稚園は登園禁止です。

出席停止期間は、症状がなくなってから2日経過するまで。

保護者としては正直悩ましいのですが、熱が下がって元気になった後も、2日以上待たなければ登園はできません。

なので、アデノウイルスに感染したら最低でも1週間はお休みになります。

また、再登園の際には医師による意見書が必要。

アデノウイルスの診断をしてもらった病院を再受診して、登園に支障がないことを記した意見書を出してもらい、保育園に提出する必要があります。

感染症って面倒なんですね…。

意見書は市の指定フォーマットがあるのですが、娘がかかっている小児科では、病院独自の意見書を出していました。

保育園に電話で確認したところ、医師のサインかハンコが押してあるものであれば形式は問わないということだったので、登園当日に小児科でもらった意見書を持参して提出しました。

このあたりは自治体や園によって違う可能性があるので、事前に園に確認してみてください。

アデノウイルスは大人にも感染するのか?

小児科の先生に聞いたところ、「確率は高くはないけど、感染の可能性はある。大人には伝染らないとは言えない」ということでした。

アデノウイルスは感染力が強く、ウイルスが生きている期間も長いらしいので、我が家ではその日から夫婦ともマスクを着用。

手洗い・うがいを徹底し、娘の残り物にも手を付けないようにして過ごしました。よだれや鼻水は格好の感染源なので、食後のテーブルはいつもより念入りに拭き掃除。

そのおかげかはわかりませんが、結果、大人には感染せずやり過ごすことができました。

子供がアデノウイルスにかかってから治るまでの経過

娘がアデノウイルスを発症してから治るまでの経過です。

  • 1日目…39度近い高熱で食欲なし、目やにも出る
  • 2日目…午前中は熱なし、午後から38度くらいまで上がる。喉はまだ痛い様子、目やにも出る
  • 3日目…少し咳が出るが元気、目やにほぼ治まる
  • 4日目…少し咳が出るが元気
  • 5日目…小児科を再受診、意見書をもらう

熱が出てぐったりしていたのは最初の1日だけ。

2日目も多少発熱はあったものの、本人はいたって元気でした。

3日目には咳以外の症状はほぼ治まり、体力があり余る事態に。保育園に行けず、外にも行けないので、エネルギーを持て余し気味でした…(^_^;)

子供のアデノウイルスまとめ

  • アデノウイルスは喉頭結膜熱(プール熱)の原因ウイルス
  • 主な症状は発熱・喉の痛み・結膜炎
  • 症状は3~5日続く
  • 喉頭結膜熱になったら保育園・幼稚園は登園不可
  • 再登園には医師が書いた意見書の提出が必要
  • 症状が治まって2日以降経ったら小児科を再受診し、意見書をもらう

娘1歳にして初めての感染症でしたが、症状は軽く、お医者さんに言われていたより短い期間で熱が下がったのは幸いでした。

水分補給ができ、全身状態が良ければ無理に薬を使う必要はないということだったので、我が家では解熱剤は使いませんでした。

以前、お医者さんで「熱の高い低いと症状の重さはあまり関係ない」と言われていたこともあり、本人が苦しそうでなければ、うちでは基本的に解熱剤は使っていません。

今回アデノウイルスに感染して辛かったのは、症状そのものよりも、むしろ元気なのに保育園に行けない時間だったかもしれません。

外で遊ばせるわけにもいかないので、絵本やDVDなど、子供が室内で遊べる玩具を準備しておいたほうがいいと思います。

ちなみに我が家では、ベビーブック増刊の「おけいこブック」が大活躍しました。

子供用の知育DVDって、30分足らずで3000円以上するので買いにくいのですが、こちらは980円で約2時間分のDVDが付いて来て、子供の食いつきもいいのでおすすめです!