親知らず抜歯後の痛みについて。親知らず4本抜いた私の体験談

親知らずって、抜いた後がスゴイんでしょ…?

頬を手で抑えて怪訝な表情をしている女性の写真親知らずは抜歯も怖いですが、もっと怖いのは抜歯後の痛み。

「親知らずを抜いた後、激痛で眠れなかった。」
「顔がパンパンに腫れて外に出られなかった。」

なんて話を聞くにつけ、一度は親知らずを抜こうと思った勇気が揺らぎまくっている人も多いはず。

親知らずを抜いた後は、本当にそんなに痛いのか?

2週間で上下4本の親知らずを抜いた私の体験談を綴ります。

スポンサーリンク

私の親知らずの状況

上下4本の親知らずが全部生えていて、4本ともに軽度の虫歯。

  • 生え方的に歯ブラシの死角ができていて、虫歯を削っても再発の可能性が高い
  • 親知らずが口内に接触して、慢性的な傷ができている

という理由から、親知らずの抜歯を勧められました。往生際悪く2件の歯科医に行きましたが、どちらの先生もまったく同じ見解。

観念して、親知らずを抜くことを決意しました。

スポンサーリンク

親知らずは、4本とも静脈鎮静法で抜歯

大きく口を開けた患者に歯科治療をしている写真抜くとは決めたものの、親知らずはハンマーで歯をガンガン砕いて抜くという話を聞いてビビリまくっていた私。

絶対に怖くない、痛くない方法がいい!と探し当てたのが、静脈鎮静法という方法でした。

これは点滴で半分眠ったような状態で抜歯をしてくれるもので、結論から言うと大正解。半分どころか、感覚的にはほとんど全身麻酔と同じ。

下の親知らずは根っこが分かれており、割って抜いたのですが、その時の衝撃などもまったく記憶はなく…。眠って目が覚めたら抜歯が終わっているという、恐怖ゼロの抜歯でした。

抜歯時のことは別の記事に体験談をまとめているので、静脈鎮静法が気になる人はそちらをご覧ください。

静脈鎮静法の体験談&記事の一覧はこちら≫

親知らず抜歯当日の痛みと出血

抜歯直後は局所麻酔が効いているので、特に痛みはありません。

麻酔が切れた時に痛まないよう、あらかじめ病院で痛み止めを飲み、3~4日分の痛み止めを処方されて帰宅しました。

痛み止めが切れると、下の奥歯がうずくような痛みがありますが、眠れないほどの激痛ではありません。痛み止めなしでも我慢できるくらい。

上の歯に関しては、痛み止めが切れてもほとんど痛みは感じませんでした。

奥歯からドバドバ血が出るのかと思っていましたが、実際にはそんなことはなく、ジワジワとにじみ出るような出血。じっとしていると口の中にジワジワと鉄の味がしてくる、そんな感じです。

初日は寝ている時に血が少しずつ喉の奥にたまるのが気持ち悪いですが、3日もすればほとんど血は止まったので、最初だけちょっと我慢すれば大丈夫。

私は上下2本セット×2回で親知らずを抜きましたが、痛みと出血は2回とも同じくらいでした。

親知らず抜歯後の縫合と抜糸について

親知らず抜糸ビビリポイントのひとつでもあった、縫合と抜糸。

私は下の親知らずの一部が歯茎に埋まっていたのですが、縫合はありませんでした。よって怖れていた抜糸もなし。

親知らずの抜歯後に縫うかどうかは、親知らずの生え方や歯医者さんの方針によって違うようです。

どんな抜歯でも必ず縫うという歯科医もあれば、そうでないところもあったりするので、心配な人は事前に確認しておくといいと思います。

痛みのピークと言われていた2日目の様子

抜歯した歯科医によると、親知らず抜歯の痛みは2日目がピークで、その後1週間くらいで収まっていくということ。

実際、2回ともその通りでした。ピークに関しては、ピークというほどのピークはなかった。

ピークだという2日目でも、痛み止めさえ飲んでいれば、ほとんど痛みは気になりません。痛み止めの効果は5~6時間らしいので、就寝中には切れているはずですが、普通に爆睡でした。

痛み止めが切れた時には、奥歯がズキズキうずくような痛みがありましたが、悶絶したり表情が歪むほどの痛みでは全然なく。痛み止めを飲むと、すぐに痛みはなくなりました。

腫れは少しありました。見た目にはまったく腫れているとはわからないのですが、アゴに触るとアザのような痛みがあり、洗顔時に力を入れるとちょっと痛い。

腫れたのは奥歯のほうではなく、口の下あたり。これは抜歯前に歯科医で説明を受けていたのですが、神経がアゴのラインに沿って通っているためだそうです。

下の親知らずは神経に近い位置にあるので、抜歯後にこの神経ラインに痛みや麻痺のような感覚が出ることがあるんだとか。親知らずが横向きになっている場合、神経により近く接触してしまうので、特に腫れが出やすいらしい。

レントゲンで歯の生え方を見れば、抜歯後の腫れが出るかどうかは予測できるらしく、私の場合は「この生え方ならほとんど腫れないと思います」と言われて、実際そのとおりでした。

腫れが気になったのは最初の2~3日だけで、痛みと同じく1週間ほどでなくなりました。

抜歯後の飲食について

思ったほど不自由はなかったです。熱いお茶やコーヒーも普通に飲めました。

1回目の抜歯後は痛みへの恐怖があって流動食にしたのですが、2回目の抜歯時は慣れもあって、初日から小さく切って普通の食事を食べていました。

痛くて食べられないというよりは、気持ちの問題。痛みがひどい人、食べ物が抜歯跡に触るのは怖い人は、ウィダーインゼリーやヨーグルトがおすすめですが、4本一気に抜くのでなければ、意外と平気です。

ちなみに、お米は穴に入り込んでしまうので、抜歯後しばらくの食事は麺類が食べやすいです。長細いので穴にハマらない。

抜歯跡の穴はすぐには塞がりません。1週間後くらいだと食べ物が穴にハマるのが気になりましたが、3週間くらいすると抜歯後がしっかり固まってきて、ほぼ問題なくなりました。

親知らず抜歯後、1週間で本当に回復

先生に言われていたとおり、親知らず抜歯から1週間すると、本当に出血も痛みもなくなりました。

もっと血が出て、もっと痛いと思っていたので拍子抜け。痛みに弱いという人でも、余裕で大丈夫なレベルです。

あくまでも個人的な感想ですが、難しい抜歯だと言われていない限りは、親知らず抜歯後の痛みはあまり心配しなくても大丈夫なんではないでしょうか。

私は親知らずを2回抜いて、2回とも平気だったので。

あとは信頼できる歯科医の先生に会えるかどうか。私は1回目の抜歯後の経過が、ほぼ先生の事前説明のとおりだったので、2回目の抜歯も安心して臨むことができました。

(静脈鎮静法だったのでまったく怖くなかったというのも大きいですが)

やはり、患者の質問に的確に答えてくれるのが良い先生のはずなので、抜歯時や抜歯後に不安に思うことは、どんどん聞いておくのがいいと思います。