アトピーの私が愛用している、保湿力抜群のボディクリーム4選

アトピー歴35年の私が愛用する、保湿力重視のボディクリーム

手の甲に白いクリームが塗られている写真アトピーの人間にとって、ボディの保湿に夏も冬も関係ありません。

汗をかけば肌が荒れるし、油断すればボディはカッサカサ。真夏であっても、ボディクリームは手放せません。

でも、何でもいいわけではなく…

アトピー肌でも刺激なく使えて、保湿力が高くて、毎日大量に使うのでコスパも良い商品でなければしんどい。

アトピーがボディークリームに要求する条件は、けっこうウルサイのです。

生まれてこの方アトピー歴35年の私が、今まで実際に使ってみておすすめできるボディークリームを紹介します!

アトピーの私が愛用する、超・高保湿基礎化粧品編はこちら≫

スポンサーリンク

レビュアーのアトピー歴について

生まれつきのアトピーで、子供の頃は腕や関節、指先に慢性的な湿疹がありました。

大人になった今では、慢性的なジクジク湿疹は治まったものの、汗をかくとかゆい、洋服のタグでかぶれる、自分の髪の毛でかぶれる、保湿を怠ると粉ふきいも状態になる、湿疹が治らなくなって皮膚科に駆け込むなど、とにかく肌は弱いです。

油分の強い化粧品と相性が悪いらしく、オイルを付けると表面はテカテカになるのですが、なぜか肌が突っ張るような感触があります。なので、美容オイルの類はあきらめました。

ボディクリームは保湿力と、保湿の持続力を何より重視して選びます。ボディクリームはとにかく大量に毎日使用しなければいけないので、色気よりも実用性重視です。

(そのわりには化粧品好きなので、新商品を見かけるとすぐに試します。)

スポンサーリンク

アトピー肌におすすめのボディクリーム(1)
ヴァセリン トータルモイスチャーローション

現在愛用中のボディクリーム、というかボディローション。なんといってもコスパが高い!買うならこの3本セットが絶対におすすめです。

ポンプタイプは600mlで、シャンプーのポンプボトルを平べったくして、背を伸ばしたようなサイズ。私はこのポンプをお風呂場にそのまま置いて使っています。

水が入ったりすることもなく、意外と快適。タオルで体を拭いた後、お風呂場の中でそのままこのローションを塗るので楽ちんです。

中身は白くて何の変哲もないボディローション。コスパ最高なので、全身に惜しみなく使えます。

ベタつきは少なめでライトな使い心地なのですが、意外にもしっかりした保湿力があり、このボディローションを塗った翌日にシャワーを浴びると、ローションを塗った箇所がガッツリ水を弾きます。

“塗ってる”感がまったくないのに、肌に染みこんでガードしてくれているような安心感。1年を通して頼れる、今1番お気に入りのボディローションです。

ちなみに、何種類かタイプがあるのですが、私が使っているのは小麦のイラストが書かれた黄色いボトルのもの。

よく見かけるのは白いボトルですが、黄色に比べると保湿力と持続力がイマイチな気がしました。

でも、最近、通販でも黄色ボトルを売っているところが少なく、値段も上がっているので困ります。。

アトピー肌におすすめのボディクリーム(2)
MKM 薬用かさ肌かゆ肌ミルキージェル/ミルキークリーム

近所にマツキヨがあるなら、ぜひおすすめしたいのがこちらの「薬用かさ肌かゆ肌」シリーズのボディーローションとボディクリーム。

ミルキージェルはとても伸びの良い半透明のジェルで、さっぱりヒンヤリした感触が気持ち良い。かすかに薬草のような香りがあり、塗ったあとは心なしか、かゆみも落ち着く感じがします。

ベタつきがなく、シャワーやお風呂に入った時にも肌に残るようなヌルヌル感がまったくないので、乾燥肌だけど、こってりしたテクスチャーが苦手な人にはとてもおすすめです。

同シリーズのミルキークリームも、テクスチャーは普通にクリームなのですが、不思議なくらいにベタつきがない。クリームなのに過剰な油分がなく、塗ったあとも手が滑らないのが不思議です。

ジェルもローションも、しっとりというよりはスベスベの仕上がり。保湿力や効果はそんなに違わない気がするので、好みで選んで問題ないかと思います。

1000円未満のプチプラなので、惜しみなく塗れるのがいいところ。

アトピー肌におすすめのボディクリーム(3)
アビーノ モイスチャライジングローション

アメリカ製のボディローションです。ヴァセリンのローションを使い始める前に、何本もリピートして使っていました。

オートミール由来の植物性保湿成分と、肌を柔らかくするエモリエント成分が配合されて、潤いが24時間持続する…と書かれています。

乾燥肌を1日で改善し、2週間の使用で大幅な改善が見られることが臨床的に証明されているそうで、海外のAmazonやECサイトでも、レビューは軒並み高評価。

実際の使用感はと言うと、光沢のない、するするっとしたテクスチャーのボディクリームで、ジェルというほど柔らかくはないですが、肌の上ですーっと伸びてなじみが良いです。

ベタつきが少なく、塗ったあとは肌がベルベットのようにフワフワする、独特の感触。優しい使い心地にほっとします。

クリーム系は、塗った直後はしっとりするけど、時間が経つと乾燥したり、つっぱったりするなあ…と感じている人に。

日本では輸入品が1本2000円くらいで売られていることが多かったのですが、最近Amazon限定で販売されるようになり入手しやすくなりました。

私は緑のボトルを使ってますが、Amazonではさらに高保湿の青いボトルが新しく出ていて、そちらも気になっています!

アトピー肌におすすめのボディクリーム(4)
ビオレ ボディデリ ボディクリーム うるおいケアポット

※残念ながら販売終了しました。一応Amazonで購入可能ですが、値段がものすごいことになっています。

最後は、入手しやすいボディクリームから一品。スーパーやドラッグストアで買いやすい、ビオレのボディクリームです。

香料や着色料が入っているので、成分にこだわる人には微妙かもしれませんが、保湿力は高いので、手っ取り早くボディクリームを手に入れたい時には手軽でおすすめ。

 

このボディデリシリーズのボディクリームは、「ハニーバター」「ローズ&ハーブ」「ピーチ&プルーン」の3種類のラインナップ。

保湿力はハニーバターがダントツで高いのですが、他の2商品もわりと保湿力高めなので、パッケージや香りの好みで選んでみてもいいと思います。

ただし、どの商品も香りがかなり強いので、甘い香りが苦手な人にはおすすめできません。ハニーバターは、はちみつキャンディのような香りがします。

テクスチャーは3商品ともけっこう違いがあり、ハニーバターはとろとろ柔らかいテクスチャー。発売当初は傾けると容器からこぼれるくらいの柔らかさでしたが、現在は改良されている模様。

とても伸びがよく、使用感もこってりめ。塗ったところに触れるとしっとりもったりするような保湿力があります。

通販でなくとも入手しやすいので、成分にこだわりがなく、安くて保湿力の高いボディクリームを使いたい人におすすめします。

以上、アトピーの私が愛用するボディクリームを紹介しました。顔用のスキンケア商品もお探しの方は、こちらの基礎化粧品編レビューをご覧ください。

保湿力重視のおすすめ基礎化粧品を紹介しています。

アトピーの私が愛用する、超・高保湿基礎化粧品編はこちら≫

乾燥やかゆみのあるアトピー肌におすすめ!
国産カモミール100%のアトピー肌用入浴剤

華密恋番外編として、アトピー肌の人にぜひ知ってもらいたい入浴剤を最後に紹介します。

「華密恋(かみつれん)」というカモミール100%の入浴剤で、これがアトピーの乾燥やかゆみに本当に良い!

今まで、お風呂に入る時は肌を保湿したくてバスクリンを2倍量入れてみたり、しっとり感の強い液状の入浴剤を使ってきた私ですが、華密恋に出会ってからは、他の入浴剤は使えなくなりました。

 

華密恋のお風呂に入ると、お湯が柔らかくなり、体が芯からポカポカ温まり、ボディクリームを塗らなくても肌がしっとりすべすべになります。

保湿剤を塗って強制的にしっとりさせるのではなく、肌に触れた時にカサカサしていない、すっと指が吸い付くような自然なしっとり感が全身に。表現が難しいのですが、とても自然な潤い方。

背中など、手の届かない場所まで保湿できるのも入浴剤ならではです。

 

華密恋を使うようになってから、かゆみが減り、結果的に湿疹が出たり、できた湿疹を悪化させることがなくなりました。

2370円・送料無料のお試しセットがあるので、乾燥や湿疹に悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

こちらをクリックして
アトピー肌用入浴剤「華密恋」のお試しセットを見る≫