自律神経失調症の薬はある?自律神経失調症に使われる薬まとめ

自律神経失調症の治療に使われる薬は、何種類もある!

水の入ったコップの横にカラフルな錠剤がたくさん置いてある写真なんとなく体の調子が悪い、気分がうつになったりイライラしたり不安定…

そんな状態が長く続く、自律神経失調症。原因や症状が曖昧なため理解されにくく、治療方法も確立されていない病気です。

自律神経失調症の治療には薬も使われますが、「自律神経失調症の薬」が存在するわけではありません。

自律神経失調症は、体と精神の双方に症状があり、その出方は個人差が大きいため、個々の症状に合わせて、治療に適していると思われる薬が処方されます。

自律神経失調症の治療に使われる薬の種類をまとめました。

スポンサーリンク

自律神経失調症の薬(1)
自律神経調整剤

電子信号のような光の帯が入り乱れている写真自律神経失調症の原因は、交感神経と副交感神経の働きが乱れていること。

自律神経調整剤は、これら2つの神経に働きかけることで神経の働きを正常にして、自律神経失調症の症状を治す薬です。

神経の働きが乱れる要因はさまざまで、身体的な原因であることもあれば、精神的な要因であることもあります。

精神的な要因が強い場合は、いくら神経を整えても、精神的ストレスを取り除かない限り、また神経バランスは崩れてしまいます。

そのため、自律神経調整剤は、疲労や気温などの身体的な要因が原因の自律神経失調症に有効とされています。

スポンサーリンク

自律神経失調症の薬(2)
漢方薬

粉末の写真。木の皿に漢方薬のような茶色い粉末が盛られている西洋薬が1つの薬で1つの症状に有効なのに対し、漢方薬は1つの薬でさまざまな症状に働きかけ、全身のバランスを健康に整えるのが特徴です。

自律神経失調症は、全身と精神のあらゆる面で複数の症状が出るため、治療には漢方薬もよく用いられます。副作用が少なく、服用に対する心理的な抵抗が少ないのも漢方薬のメリット。

自律神経失調症の症状により、適した漢方薬は個々に異なるため、漢方薬の知識を持つ医師や、漢方薬局に相談して、自分に合った漢方薬を出してもらう必要があります。

自律神経失調症の薬(3)
抗うつ剤などの精神安定薬・睡眠薬

気持ちの落ち込みやイライラなど、精神的な症状が強く出ている場合には、精神安定薬が処方されます。

不眠などの睡眠障害に対しては、睡眠薬が使われることもあります。

自律神経失調症の薬(4)
ホルモン剤

自律神経の中枢は、女性ホルモンのコントロールにも深く関わっています。

そのため、どちらかがバランスを崩すと片方もバランスを崩すという相関関係にあり、女性に自律神経失調症が多い原因となっています。

女性ホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響している場合、ホルモン剤で女性ホルモンを整えることで、自律神経失調症の症状の改善が期待できます。

自律神経失調症の薬はどこで入手するか?

はてなマークと手を顔にあてて疑問がある様子の女性の写真自律神経失調症の治療に使われるのは、基本的に病院で処方してもらう処方薬ばかりです。

漢方薬は薬局やドラッグストアでも入手可能。

でも、「自律神経失調症に効く漢方薬」が決まっているわけではなく、自分の症状や原因に合わせた漢方薬でなければ意味がないため、自己判断はおすすめできません。

自律神経失調症の治療は、内科、心療内科、神経科、婦人科などで受けられます。自律神経失調症に理解のある病院を探して、自分に合った薬を処方してもらいましょう。

自律神経バランスを整えるのにも有効!光目覚まし時計の効果とは?

自律神経は、自律という名称なだけあって、自分の意思とは関係なくオートで変わってしまいます。

だからこそ、自分でバランスを治すのが難しいわけですが…

最近の研究では、自律神経を整えるのに、光による刺激が有効であることがわかってきました。朝、太陽光を浴びることで、体内時計がリセットされるというのは有名な話ですよね。

これは、自律神経が光の刺激に反応するから。光を上手に利用すれば、自分の意思ではコントロールできない自律神経を、うまくスイッチON/OFFできるようになるというわけです。

 

そんな最新の光刺激の仕組みを利用したアイテムが、光目覚まし時計「inti(インティ)」。

通常の蛍光灯や照明器具では、自律神経に働きかけるほどの刺激を出すことは不可能ですが、inti(インティ)は特殊なLEDを採用し、体内時計にも働きかけることが可能。自律神経失調症の改善にも効果が期待できます。

 

光目覚ましで自律神経バランスをコントロールするなんて、ちょっと意外かもしれませんが、寝起きがよくなった、体の倦怠感がなくなったという愛用者の声も多数。

光目覚ましは海外製で使い方がわかりにくいものも多いのですが、intiは安心の日本企業開発。現在のバージョンは、初期型から改良を重ねてより使いやすく、よりパワフルになっています。

朝どうしても起きられない、なんとなく心身のだるい状態が続いている…という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。



光目覚まし時計inti(インティ)の詳細はこちら≫