自律神経失調症とは?病気じゃない、けど調子が悪い…

女性に多い「自律神経失調症」とは?

目を伏せて落ち込んだ表情の女性の写真風邪ではないし、病気でもない。

それなのに頭痛が治まらない。

気分が落ち込んだりイライラしたりと、不安定。

眠っても眠っても疲れが取れない…。

そんな状態が続いたら、それは「自律神経失調症」かもしれません。

女性に特に多い自律神経失調症とは何か、その原因と症状について説明します。

スポンサーリンク

自律神経とは、体温や心拍を自動的にコントロールしている神経のこと

電子信号のような光の帯が入り乱れている写真自律神経とは、交感神経と副交感神経2つの神経を総称したもの。

交感神経は、体温を上げたり、気持ちを高揚させて心拍を上げたり、汗をかかせたりする神経。副交感神経は、反対に体温を下げたり、気持ちを落ち着けて心拍を下げたりする働きがあります。

簡単に言うと、交感神経は動の神経で、副交感神経は静の神経です。

体温や心拍は、自分で自由に変えられるわけではなく、環境に合わせて勝手に変わりますよね。このように、人間の意志と関係なくオートで調整が行われるため、自律神経と呼ばれています。

スポンサーリンク

自律神経のバランスが狂ってしまうのが、自律神経失調症

両手で頭を押さえてパニックになっているスーツ姿の女性の写真自律神経は、普段は環境の変化に応じてオートで動きます。

例えば暑くなったら体温を下げ、寒くなったら体温を上げることで、私たちの体を守ってくれているのです。

でも、この調節機能が何らかの原因で狂ってしまうことがあります。

これが自律神経失調症。

神経のオート調節機能が狂ってしまうので、体温調節ができなくなって暑いはずなのに寒気を感じたり、何も起きていないのに心臓がドキドキして不安になるなど、心身ともに不安定な状態を引き起こします。

病原菌のようなハッキリした原因のある病気ではないので、風邪薬や頭痛薬など特定の症状にだけ有効な薬を飲んでも効かず、「なんだか調子が悪い」状態が続く傾向があります。

自律神経失調症の症状

自律神経の働きは、全身及び精神にも影響しているため、自律神経失調症の症状は多岐にわたります。

以下は自律神経失調症で見られる代表的な症状です。人によって、体調に大きな影響が出ることもあれば、うつ病のように精神的な症状が大きく出ることもあります。

  • 頭痛やめまい
  • 動悸がする、気持ちが不安で落ち着かない
  • 目が乾く、光が眩しく感じる
  • 冷え性、火照り、微熱など体温調整がうまくできない
  • 生理不順、生理痛などの婦人科系疾患
  • 寝付きが悪い、昼間に眠くなるなどの睡眠障害
  • 手足がしびれる

自律神経失調症が女性に多い理由

悩んでいる女性の写真。片手をこめかみに当ててうつむいている女性1自律神経失調症は、女性に特に多い疾患です。

その理由は、自律神経のコントロールを司っている視床下部が、女性ホルモンの分泌にも大きく関わっているため。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類があり、女性の体内では生理周期に合わせてこの2つのホルモンが常に変動しています。

男性に比べて、女性の体調や精神の変動が激しいのはこのため。男性ホルモンは単一なのでホルモンによる変化はありませんが、女性ホルモンは2種類あるので、その時にどちらの影響が強いかによって、心身の状態が著しく異なるのです。

女性ホルモンの影響範囲は、女性の生理的機能、精神状態、体温調節、肌の状態など体と心のあらゆる領域に及んでいます。

この自律神経と女性ホルモンのコントロールを司るのは、視床下部という部位。

同じ部位が双方のコントロールを担っているので、自律神経のバランスが狂えば女性ホルモンのバランスが狂い、逆もまた然りという相関関係にあります。

自律神経は体の状態をコントロールしているので気温差などの影響を受けやすく、女性ホルモンバランスは精神的なストレスの影響を強く受けます。

女性は、どちらか一方に大きな負荷がかかると、自動的にもう片方にも大きな負荷がかかるため、自律神経失調症を起こしやすいとされています。

自律神経失調症かな?と思ったら…

自律神経失調症は原因も症状も人によって異なる曖昧な病気。

治療法も確立されてはいないので、治すためには自分に合った治療法や病院を見つける必要があります。

一時的なストレスや気候の変化による影響であることもありますが、「病気じゃないのに調子が悪い」という状況があまりに長く続くようであれば、一度専門家に相談してみることをおすすめします。

一般的には内科、心療内科、神経科等で扱う領域になります。漢方薬が有効なことも多いので、漢方薬局で相談するという方法も。

原因・症状とも理解されにくい病気なので、自律神経失調症に理解のある専門機関で相談することが大切です。

自律神経バランスを整えるのにも有効!光目覚まし時計の効果とは?

自律神経は、自律という名称なだけあって、自分の意思とは関係なくオートで変わってしまいます。

だからこそ、自分でバランスを治すのが難しいわけですが…

最近の研究では、自律神経を整えるのに、光による刺激が有効であることがわかってきました。朝、太陽光を浴びることで、体内時計がリセットされるというのは有名な話ですよね。

これは、自律神経が光の刺激に反応するから。光を上手に利用すれば、自分の意思ではコントロールできない自律神経を、うまくスイッチON/OFFできるようになるというわけです。

 

そんな最新の光刺激の仕組みを利用したアイテムが、光目覚まし時計「inti(インティ)」。

通常の蛍光灯や照明器具では、自律神経に働きかけるほどの刺激を出すことは不可能ですが、inti(インティ)は特殊なLEDを採用し、体内時計にも働きかけることが可能。自律神経失調症の改善にも効果が期待できます。

 

光目覚ましで自律神経バランスをコントロールするなんて、ちょっと意外かもしれませんが、寝起きがよくなった、体の倦怠感がなくなったという愛用者の声も多数。

光目覚ましは海外製で使い方がわかりにくいものも多いのですが、intiは安心の日本企業開発。現在のバージョンは、初期型から改良を重ねてより使いやすく、よりパワフルになっています。

朝どうしても起きられない、なんとなく心身のだるい状態が続いている…という人は、ぜひチェックしてみてくださいね。



光目覚まし時計inti(インティ)の詳細はこちら≫