風邪のお風呂問題に決着。お風呂には入ったほうが良い!?

風邪で熱があるからお風呂に入らない…のは日本だけ!

お風呂に入って遊んでいる子供の後ろ姿の写真子供の頃、風邪で熱があると「今日は病気だからお風呂に入っちゃダメ」と教わりませんでしたか?

大人になっても、病気の時はお風呂は止めておく…という習慣のある人もいるかもしれません。

でも、この習慣、実は日本だけなのです。欧米では、風邪で具合が悪い時は、むしろお風呂に入るほうが一般的。

風邪の時にお風呂に入る、入らない。医学的に正しいのはどっち?

気になる風邪のお風呂問題を検証します!

スポンサーリンク

風邪の時にお風呂に入っても「問題はない」

風邪の時にお風呂に入るべきかどうかは医師によっても意見が異なり、医学的に明確な回答は出ていません。

ただ、さまざまな意見を総合すると「風邪の時にお風呂に入っても問題はない。ただし熱が38度以上ある時、極端に体力が落ちている時は入らないほうがいい」という説でおおむね一致しているようです。

スポンサーリンク

お風呂に入るなら、ぬるめのお湯が効果的!

洗面器に貼ったお湯に裸足の両足を漬けている写真人間の体は、体温が37度くらいの時に最高の免疫力を発揮します。

熱が37度代の時は、体が必死に風邪に抵抗している時。この時にお風呂に入って体温が37度代になるように保温すると、体の免疫力をサポートしてあげることができます。

ここで大事になるのがお風呂の温度。体を温める=熱いお湯に浸かる、は間違いです。

熱いお湯に浸かると、体の表面だけが温まり、体の中まで温まりません。また、42度以上のお湯は交感神経を刺激して、心臓への負担が大きくなり体力を消耗させてしまいます。

41度以下の、少しぬるいかな?と感じるくらいのお風呂にゆっくり浸かると、体が芯まで温まり、免疫力アップが期待できます。

38度以上の熱がある時は汗を流す程度に

38度以上の高熱が出ている時は、体力がかなり落ちている状態。

熱が高い時はお風呂に入ると体力を消耗してしまうので、長風呂は避けたほうが無難です。

シャワーで汗を流す程度にするか、お風呂に浸かるにしても短時間でさっと済ませるようにしましょう。

日本で「風邪の時はお風呂に入らない」習慣が付いたのはナゼ?

日本家屋の写真日本で「風邪の時、熱がある時はお風呂に入らない」という習慣ができたのは、日本家屋の構造と銭湯の文化が影響していると言われています。

日本では、昔はお風呂が外にあったり、廊下を隔てた離れにあるのが一般的でした。銭湯ともなれば、完全に家から離れています。

そのため湯冷めして風邪をこじらせてしまう子供が多く、「風邪の時はお風呂に入れない」という習慣が生まれました。

伝統的な日本家屋が減り、湯冷めの可能性が低くなった現代でも、その習慣だけが残ってしまったのです。