乳がん検査ってどれくらい痛い?胸の大きさとの関係は?

乳がん検査のマンモグラフィ、すごく痛いって聞くけれど…

レントゲン写真を持って見ている女性技師の写真女性芸能人の闘病告白や、ピンクリボン運動などで関心が高まっている乳がん検査。

乳がんは30代以降から発症リスクが高まるため、20代後半や30代の女性なら、そろそろ乳がん検査を受けたほうがいいのかな…と思っている人も多いでしょう。

けれど乳がん検査と聞くとちょっと気になるのが、マンモグラフィは痛いという噂。

マンモグラフィはそんなに痛いのか?
胸の大きさとマンモグラフィの痛みは関係あるって本当?

など、乳がん検査のマンモグラフィを行う時の痛みの程度やその理由についてまとめました。

スポンサーリンク

そもそも、乳がん検査はどうして痛い?

顔をしかめた女性の写真乳がん検査で「痛い」と言われているのは、マンモグラフィ。マンモグラフィとは乳がん検査のひとつで、胸部のレントゲン検査です。

乳腺の状態を詳細に確認するために、レントゲン時には乳房と背中を板で挟むようにして、乳房をできるだけ薄く平たく伸ばすような状態で撮影します。

この時にギューっと圧力をかけて胸を潰すのが、マンモグラフィは痛いと言われる理由。

圧力による圧迫なので、針で刺すような痛みではありませんが、人によっては腕をつねるようなキューっとした痛みを感じることがあります。

スポンサーリンク

マンモグラフィと胸の大きさは関係ある?

腕を上げたタンクトップ姿の女性のバストアップ写真よく取り沙汰されるのが、胸の大きさとマンモグラフィの痛みの関係。胸が小さいと痛くない、いや胸が大きいほうが痛くない、などさまざまな意見がありますが…

実際は、胸の大きさと痛みにはあまり相関性はないようです。

どちらかというと、痛みに関係しているのは胸の大きさではなく、胸の中にある乳腺の発達具合。もっとわかりやすく言うと、胸の弾力や硬さです。

若い女性や乳腺が発達している女性は胸にハリと硬さがあるため、圧迫すると押し潰すような痛みを感じます。胸の形を無理やり圧力で変えるからですね。

乳腺は年齢とともに脂肪に置き換わっていくので、年代が上がると脂肪が多く柔らかい胸になり、圧迫時の痛みも軽減される傾向があります。もともとの体質的に乳腺が少ない人や、胸に弾力がない人も同様。

実際のマンモグラフィの痛みは個人差が大きいものですが、ハリのある胸ほど痛く、柔らかい胸ほど痛くないという傾向はあると言えるでしょう。

痛みが気になる人は、生理が終わった後の乳がん検査がおすすめ

女性の体は、生理周期に合わせて日々変化しています。

生理前や生理中は女性ホルモンの影響で胸が張りやすく、マンモグラフィの圧迫による痛みを感じやすい時期。

痛みが気になる人は、胸が張るこれらの時期は避けて、生理が終わってから乳がん検査を受けるようにするといいでしょう。

痛いか痛くないかどうかは、実際にマンモグラフィを受けてみないことにはわかりませんが、胸を圧迫する時間は1回につき、たったの10秒程度。これを角度を変えて、2~4回ほど行うのが一般的です。

時間にすれば、合計で1分にも満たない短時間。初めてのマンモグラフィでも、ほんの数秒だけ我慢すればいいと思えば、少しは気持ちも楽になるのではないでしょうか。

大切な体を守るための検査ですから、少しだけ頑張ってきましょうね。