チョコレートのダイエット効果、鵜呑みは危険!「カカオで痩せる」の真偽とは

ハイカカオチョコレートを食べて痩せる!は本当か…?

板チョコレートの写真痩せる成分や痩せる食べ物が次々と表れては忘れられていく、ダイエット情報。

その中で、たびたび話題に出るのがチョコレートに含まれるカカオのダイエット効果です。

特に、最近脚光を浴びているのが、カカオ含有量の高いハイカカオチョコレート。

高カロリースイーツの代表のようなチョコレートを食べて本当に痩せられるのか…?

そんな美味しい話があるなんて、と半信半疑に思いつつも、気になってしょうがないという人も多いはず。

ハイカカオチョコレートのダイエット効果について、その真偽を検証しました。

スポンサーリンク

ハイカカオにダイエット効果があるとされる根拠って?

木になっているカカオ豆の写真カカオで痩せる、チョコレートで痩せると言われる理由は、カカオに含まれるテオブロミンという成分の効果。

テオブロミンは他の食品には含まれていない、カカオに特有の成分。チョコレートの苦味の元になっている成分でもあります。

確かに、チョコレートの苦味って、他の食べ物にはない独特の風味ですよね。

テオブロミンには血管拡張効果や利用作用、カフェインのように神経を刺激する覚醒効果などもあり、1900年代から医療現場で薬としても使われてきました。

近年、それらに加えて、テオブロミンには脂肪分解作用や脂肪吸収抑制作用もあることがわかり、太りにくく痩せやすい体質を作るダイエット成分としての注目が高まっています。

参考)
テオブロミンの体重増加抑制作用、脂肪蓄積阻害作用、脂肪燃焼促進作用、脂肪吸収抑制作用に関する論文・研究結果の報告データ(オリザ油化株式会社HP内より)

スポンサーリンク

世界中がだまされた!?チョコレートダイエット論文事件

両手を頬にあてて驚いている女性の写真チョコレートはダイエットに効果的、という説を世界的に有名した、ある事件があります。

2015年に、ドイツの研究者がチョコレートを食べることはダイエットに有効であるという論文を発表し、世界中のメディアがその内容をこぞって取り上げました。

でも、この論文は実はイタズラ!

マスコミの適当さを伝えるために、あるジャーナリストが仕掛けた、いわゆる”釣り”だったのです。

けれど、論文の内容や結果まですべてがデタラメだったわけではありません。チョコレートのダイエット効果に関する研究が行われていたことは事実であり、論文内で使われていたデータもすべて本物。

その代わり、チョコレートが本当にダイエットに有効かどうかを統計的に判断するにはデータ数が少なく、たまたま良い結果が出たデータだけを意図的に抜き出して論文に仕立てた、研究報告としては非常に偏った、ひっかけ問題ならぬ、ひっかけ論文になっていました。

このジャーナリストは、それを世界中の学術誌やメディアに送り付けて、彼らの見る目を試したというわけですね。

そして結果的には、チョコレートにダイエット効果があるという説を、いっきに有名にもしたわけです。

ハイカカオチョコレートでダイエットはできるのか?

チョコレートダイエットを有名にしたのがイタズラ論文だったことには驚きですが…

カカオのテオブロミンにダイエット効果が期待されているのは事実であり、現在研究も進められています。

ですが、チョコレートを食べれば痩せられる、と安易に考えるのはまだ尚早。

市販のチョコレートの成分表示で、一番最初に砂糖が表記されていることからもわかるように、私たちが食べているチョコレートは、カカオ豆から抽出したカカオマスに大量の砂糖を入れて作られる、とても高カロリーな代物。

ミルクチョコ、ビターチョコに関わらず、チョコレートの主成分は脂質と糖質ですから、食べれば当然太ります。普通にバクバクと食べていれば、テオブロミンのダイエット効果を摂取カロリーが大幅に上回ることは、言わずもがな。

カカオの含有率が高いハイカカオチョコレートなら甘くないし、食べても太りにくいのでは?と思うかもしれません。

でも、カカオは高脂質食品なので、カカオ含有率が高い=脂質も多い、ということになり、食べ過ぎは禁物です。

チョコレートを上手にダイエットに活用する方法

両手にチョコレートを持って微笑んでいる女性の写真残念ながら、チョコレートだけ食べて痩せる、チョコレートをたくさん食べて痩せる、というダイエット方法はありません。

チョコレートでダイエットしたいなら、カカオ含有率の高いハイカカオチョコレートを少量、間食に取り入れるようにしましょう。

効果的な食べ方は、食事の前にハイカカオチョコレートを少量食べること。血糖値がゆるやかに上がって満腹感が得られ、食べ過ぎ防止につながります。

チョコレートを食べて痩せよう…なんて甘い考えは持たず、ダイエット中でもチョコレートを食べるにはどうしたらいいか?と発想を転換して、上手にチョコレートの甘い誘惑と付き合ってくださいね。