花粉症の人は、洗濯物を部屋干しにして花粉対策を!

花粉を衣類に付けないことは、花粉症対策の第一歩!

エプロンをして洗濯物を手にした女性の写真いよいよやってくる花粉シーズン。花粉症の人にとっては気分の重い問題です。

花粉症を重くしないためには、花粉を吸い込まないことはもちろんですが、花粉を部屋に持ち込まないことも大切。

マスクやメガネで花粉をガードはしていても、衣服に付着した花粉には意外と無頓着な人も多いのです。

特に、洗濯物を外で干している場合、衣服やタオルは花粉の格好の標的。普段は外干しの人でも、花粉シーズンだけは部屋干しにするのがおすすめです。

スポンサーリンク

花粉の季節は衣服をはたき、洗濯物は部屋干しに

外出中も、花粉はコートやズボンなどの衣服に容赦なく付着しています。特に、ウール・綿・ポリエステル素材には花粉が付着しやすいことが知られています。

どれも、花粉の飛ぶ冬から春にかけてよく着る素材ですよね。目には見えなくても、実はコートは花粉だらけ!なんていうことも。

玄関に入る前に、服をはたいて花粉を落とし、家に花粉を持ち込まないようにしましょう。せっかく花粉を払い落としても、外に干してしまうとまた花粉が付いてしまうので、洗濯物は部屋干しに。

どうしても外に干さないとスッキリしない!という人は、干す日を選んで。tenki.jpでは、花粉シーズンの間に限り、花粉の飛散量に応じて外干しOKか、部屋干ししたほうがいいかを「部屋干し指数」にして更新しています。

部屋干し指数をチェックして、なるべく「外干し」「外干しもOK」の予報が出ている日に洗濯物を干すようにしましょう。

tenki.jpの部屋干し指数ページヘ≫

スポンサーリンク

部屋干しの臭いは、ちょっとの工夫でキレイに消せる!

洗濯物を干している写真。白いワイシャツが何枚か並べて干されている部屋干しというと、真っ先に気になるのは生乾きの洗濯物の、あの臭い。乾いてからも臭うので、余計に気になるんですよね。

でも、あの生乾きの臭いは、ちょっとした工夫で簡単に消すことができます。その工夫とは、空気を循環させること。

あの臭いは、湿気により雑菌が繁殖することが原因。洗濯物の生乾きの臭いは、干す時の風通しをよくするだけで、実は簡単に防げます。

一番簡単なのは、エアコンの近くに洗濯物を干すこと。エアコンの風が当たる場所に洗濯物を干せば、臭いの発生を防ぎ、乾きも早くなって一石二鳥です。

エアコン近くに物干しを置けない場合には、サーキュレーターという小型の扇風機を使用するがおすすめ。洗濯物の横の隙間に風が当たるようにサーキュレーターを置いておくと、見事に臭いを防いでくれます。

部屋干し専用の洗剤もありますが、サーキュレーターなら一度購入すれば何度でもずっと使えるので、長い目で見ればコスパは優秀。

消臭スプレーや部屋干し用洗剤を使わなくても、干し方を変えるだけで本当に臭いがなくなるので、ぜひお試しを。