花粉症の薬いつから飲む?花粉シーズンになってからでは遅かった!?

花粉症の薬は、飲み方によって効果が変わる!?

片手に水の入ったコップを持ち、薬を飲もうとしている女性の手薬を飲む時期というと、普通は病気になってからですよね。

花粉症の薬であれば、くしゃみや鼻水などの症状が出てから薬を飲むという人が多いだろうと思います。

でも、花粉症の薬は、花粉シーズンに入る前に飲み始めたほうが良いとされています。

いつ頃から飲み始めればいいのか?
花粉症の薬なら市販薬でも大丈夫?

花粉症の薬を飲み始める時期や飲み方についてまとめました。

スポンサーリンク

備えあれば憂いなし!花粉症の初期療法

花粉症の症状が出始める前に、あらかじめ薬を飲んで予防治療することを「初期療法」といいます。初期療法により、花粉症に次のような効果が期待できます。

  • 花粉症の症状が軽くなる
  • 花粉症の発症を遅らせ、症状の出る期間を短くする
  • 薬の量や使用回数を減らす

初期療法は、花粉が飛散する約2週間前から始めます。あらかじめ薬を飲んでおくことで、体が花粉に過敏反応することを予防し、症状がひどくなる前に薬で押さえ込めるというわけです。

スポンサーリンク

花粉症の初期療法に使われる薬の種類は?

カプセル薬の写真。アルミシートに入ったカプセル薬が数シート重ねて置かれている花粉症の初期療法には、主に第二世代抗ヒスタミン剤と呼ばれる種類の薬が使われます。

花粉症の治療薬には、昔から使われている第一世代と、後年新しく開発された第二世代とがあります。

第一世代は世界的に豊富な処方実績があり、安全性や副作用の検証が進んでいますが、眠気や口の渇きなどの副作用が強い薬。

第二世代はそれらを解消すべく開発された薬で、眠気の副作用が少ないこと、効果の持続時間が長いなどの特徴があり、現在の花粉症治療の主流になっている薬です。

第二世代抗ヒスタミン剤のなかには、ドラッグストアで市販薬として販売されているものもあり、それらも初期療法に用いることは可能です。

市販薬の第二世代抗ヒスタミン剤には、次のような商品があります。

  • アレグラFX
  • アレジオン10
  • ストナリニZ
  • コンタック鼻炎Z
  • エバステルAL

ただし、初期療法は使用する薬の種類によって効果にも個人差が出ます。より確実な効果を望むなら、一度病院で診察を受け、自分に合った薬を処方してもらうのがよいでしょう。

花粉症の症状やレベルに応じて、抗ヒスタミン剤以外にケミカルメディエーター有利抑制剤、抗ロイコトリエン薬という種類の薬を処方されることもあります。

花粉症の治療は耳鼻科、内科、アレルギー科などで受診できます。子供の場合は小児科でも大丈夫です。

辛くないからといって途中で薬を飲むのを止めてしまうと…

花粉症の初期療法を行っていると、例年より花粉症の症状が軽いので、つい自己判断で薬を飲むのを止めてしまいがち。

ですが、症状が軽いのは薬が効いているからこそ。また、花粉の飛散量は日々変化しているので、たまたま花粉量が少なかっただけということもあります。

勝手に薬の服用を止めてしまうと、かえって薬が効かず悪化してしまうことも。くれぐれも安易な自己判断で服用を止めず、花粉シーズン中は薬の服用を続けるようにしましょう。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫