「インフルエンザは48時間以内に薬を飲まないと治らない」は間違い!

インフルエンザって48時間以内に薬を飲まないと治らないんでしょ?

水の入ったコップの横にカラフルな錠剤がたくさん置いてある写真インフルエンザを発症したら、48時間以内に薬を飲まないと治らない…

と、思い込んでいないでしょうか?

でも、実際にはインフルエンザは抗インフルエンザ薬を使わなくても治せます。週末などで病院に行けなくても、そんなに怖がらなくても大丈夫。

どうして抗インフルエンザ薬は48時間以内に投与することになっているのか?
48時間を過ぎてしまったら何か危険があるのか?

インフルエンザの薬は48時間以内と言われる理由と、飲めなかった場合にどうなるのかを解説します。

スポンサーリンク

48時間の根拠は、インフルエンザウイルスの増殖する時間

ヤリを持ったバイキン人形の周りにウイルス模型が置いてあるクレイアートの写真インフルエンザの原因は、インフルエンザウイルスというウイルスです。

このインフルエンザウイルスは、増殖が非常に早いウイルス。発熱を合図にインフルエンザを発症すると、あっという間に体内にウイルスが増えていきます。

48時間というのは、インフルエンザウイルスが増殖を始めてからピークに達するまでの時間です。

スポンサーリンク

抗インフルエンザ薬は、すでに増えたウイルスを殺すことはできない

抗インフルエンザ薬はインフルエンザの特効薬のように説明されることもありますが、実はすでに増えてしまったウイルスを殺して消滅させることはできません。

抗インフルエンザにできるのは、ウイルスの増殖を止めることだけ。だから、48時間を過ぎてウイルス量がピークに達した後に飲んでも、体内のウイルス量を減らすことはできないので、意味がないのです。

逆に、増殖がピークになる前に服用できれば、ウイルスの最大量を減らすことができます。これが抗インフルエンザ薬の役割です。

抗インフルエンザ薬の効果=インフルエンザの完治を1日短縮

タミフル、リレンザ、イナビルなどの抗インフルエンザ薬を服用すると、インフルエンザの完治を1日早めることができます。

でも、逆にいうとそれだけ。あれ、それだけなの?と、拍子抜けしてしまいますよね。

最終的にインフルエンザを治すのは、体の免疫力。抗インフルエンザ薬を早めに服用できれば、やっつけるウイルスの総量を減らせるので1日早く治りますが、もし服用できなくても、インフルエンザが治らないわけではありません。

あくまでも、治癒にかかる時間が少し変わるだけです。

水分と栄養を補給して安静にしていればインフルエンザは治る

水の入ったガラスのコップの写真インフルエンザにかかったら、水分と栄養を補給して安静にしているのが基本。

インフルエンザウイルスは薬では殺せないので、とにかく体力を付けて、自分自身の免疫力でウイルスを退治するしかありません。

高熱が出るのは体がウイルスと戦っている証拠なので、解熱剤で無理に下げると、かえってよくありません。また、市販の解熱剤や風邪薬の中にはインフルエンザと相性が悪く、インフルエンザ脳症と呼ばれる合併症を起こすリスクを持つものもあるので、安易な市販薬の服用は避けましょう。

発熱から48時間以内に病院に行ける場合には、抗インフルエンザ薬を処方してもらうと症状の悪化を防ぐことができます。

病院に行けない場合は、薬は飲まずに安静に。高熱で脱水症状になりやすいので、水分補給に気を配ってください。大人であれば2~3日で、熱は自然と下がってきます。

高熱が続いたり、どうしても苦しい症状がある時は、48時間以上経っていても、病院で苦しさを緩和するための対処薬を処方してもらえます。

また、免疫力の低い子供やお年寄りは合併症を起こしやすいので、けいれんや意識障害などの異変があったら、すぐに病院へ連れて行きましょう。