その胃のムカムカ、胃潰瘍かも?胃潰瘍の症状と治療方法とは

慢性化しやすい胃潰瘍。ずっと続く胃痛やムカムカは、もしかしたら胃潰瘍かも…?

お腹を抑えて苦しんでいる女性の写真胃潰瘍は、日本人に多い病気です。

ほとんどは飲み薬で治療できますが、慢性化しやすく、悪化すると胃に穴が開いてしまうこともあるので油断はできません。

慢性的な胃痛があったり、いつも胃のムカムカや気持ち悪さが続くという人は、もしかしたら胃潰瘍の可能性が。

胃潰瘍の症状とは?
胃潰瘍の治療方法や、再発を防ぐ方法は?

胃潰瘍の症状や原因について、わかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

胃潰瘍の症状

擬人化された胃袋のイラスト。苦しそうな表情を浮かべている胃潰瘍は、自身の胃酸が胃粘膜を溶かして傷付けてしまう、胃の病気。

胃粘膜がダメージを受けた結果、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血、下血などの症状が表れます。

痛みは胃酸の分泌が活発になる食後に出ることが多く、そのほとんどはみぞおち部分の痛みです。

スポンサーリンク

胃潰瘍の最大の原因は、ストレスよりもピロリ菌

複数のウイルスやバイキンが戦っているイラスト以前は、胃潰瘍の原因は食事やストレスにあるとされてきました。しかし最近では、胃潰瘍の最大の原因は、ピロリ菌という細菌への感染であることがわかっています。

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息する細菌です。強酸性の胃に細菌が生存することは不可能だと考えられていたため、その発見は比較的新しく、1980年代になって発見されました。

ピロリ菌は経口感染で広がり、世界人口の約半数はピロリ菌に感染していると推測されています。感染率には衛生状況が大きく影響し、先進国ほど低く、発展途上国ほど感染率が高い傾向にあります。

先進国のひとつに数えられる日本ですが、ピロリ菌の感染率は高く、60歳以上だと80%以上の人がピロリ菌に感染しています。

ただし、若年層になるほど感染率は下がるため、戦後以降の衛生環境の変化が、そのままピロリ菌の感染率に反映されていると考えられています。

ピロリ菌に感染するとどうなるのか?

ピロリ菌に感染しても、必ずしも胃潰瘍になるわけではありません。しかし、胃潰瘍患者の70~80%ほどがピロリ菌の感染者であり、ピロリ菌に感染すると高い確率で胃潰瘍を発症します。

ピロリ菌は自然に死滅することはほとんどないため、一度感染すると、その後もずっと胃潰瘍や胃炎などの胃の病気の発症・再発リスクを伴います。

胃潰瘍の予防と治療方法

胃潰瘍の諸症状は、飲み薬で治療が可能です。ただし、胃潰瘍が慢性化している場合、その場の痛みを薬で抑えたとしても、後日また再発するリスクがあります。

ピロリ菌の発生以前は、胃潰瘍は再発しやすい病気とされていましたが、現在はピロリ菌を体内から除菌することで、より根本的な治療が行えるようになりました。

ピロリ菌の除菌は1~2週間の服薬のみで行うことができ、手術や入院は必要ありません。

手に薬のカプセルを持った白衣の男性医師の写真予防目的の除菌は保険適用外ですが、胃潰瘍の治療を目的とする除菌であれば保険が適用されます。

胃はストレスの影響を受けやすい臓器であり、胃痛に悩む現代人は多いもの。けれど、胃の痛みやムカムカが慢性的に続くという場合は、高い確率でピロリ菌に感染していることも考えられます。

胃の不快感に悩まされ続けている人は、一度病院へ行き、ピロリ菌の検査を受けてみるのもおすすめです。

養命酒の会社が作った、胃弱さんのための生薬サプリ

胃が弱いのは体質だから、食べるものに気をつけるしかない…と思っていませんか?

でも、胃弱さんのために開発されたサプリメントも存在します。

それが、「幸健生彩(こうけんせいさい)」という生薬サプリ。

なんとあの養命酒の会社が作ったサプリメントで、もちろん養命酒と同じ成分がたっぷり配合されています。

養命酒を凝縮したサプリなんて、なんだか効きそうな気がしますよね!

 

「食欲が出た」「食べ歩きがはかどる」「ストレスから来る胃腸の不調がかなり良くなった」など、実際に飲んでいる人の口コミも高評価。

また、直接的な胃腸への効果だけではなく、意外に多いのが「寝起きが良くなった」「疲れにくくなった」という評価です。

胃腸が悪いと、夜寝ている間に食べたものを消化できず、体に負担がかかるので、それがなくなったおかげかもしれません。

 

胃弱さんのための生薬サプリ「幸健生彩」は、今なら初回半額・送料無料のキャンペーン中。

「すぐお腹を壊す」という悩みをお得に解決できるチャンスですので、ぜひ詳細を確認してみてくださいね。

幸健生彩の公式HPでキャンペーンの詳細を見る≫