インフルエンザ予防対策のアルコール消毒って、本当に効果あるの?

冬になるとあちこちに置いてあるアルコール消毒薬の効果は?

ジェル状の消毒薬を取って消毒している手の写真冬になると、病院からスーパーにいたるまで、あちこちのお店や会社の入り口にアルコール消毒薬が置いてあるのを見かけます。

もちろん、使ったほうが良いからこそ置いてあるのでしょうが…

「アルコール消毒って、本当にインフルエンザ予防対策になるの?」

と、ちょっとした疑問も。でも、もし本当に効果があるなら、手軽なインフルエンザ予防対策として、自宅でもすぐに取り入れられますよね。

アルコール消毒のインフルエンザ予防効果について調べました!

スポンサーリンク

厚生労働省はインフルエンザ予防対策のひとつとして、アルコール消毒を推奨

厚生労働省がHPで公開しているインフルエンザQ&Aによると、

  • 石鹸・流水による手洗いは、手指についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するのに有効
  • アルコール製剤による手指消毒も効果がある

とあります。アルコール消毒は、インフルエンザの予防対策として有効だということですね。

スポンサーリンク

インフルエンザウイルスは消毒に弱い!

ヤリを持ったバイキン人形の周りにウイルス模型が置いてあるクレイアートの写真インフルエンザウイルスは、ご存知のとおり非常に強い感染力を持つウイルス。一方で、消毒には弱いウイルスです。

インフルエンザウイルスを包むエンベロープという膜は石鹸やアルコールに弱いため、インフルエンザウイルスはアルコール消毒で簡単に殺菌できるのです。

このエンベロープという膜があるかないかはウイルスによって異なるので、アルコール消毒といえども、あらゆるウイルスを殺菌できるわけではありません。

でも、少なくともアルコールがインフルエンザウイルスに対して強力な殺菌効果を持っていることは明らか。インフルエンザの予防対策として、アルコール消毒は効果の高い方法です。

水なし簡単!アルコール消毒ジェル&スプレーでインフルエンザ予防

家庭で使うなら、市販のアルコール消毒ジェルやスプレーを玄関に置いておくのがおすすめ。

ジェルやスプレーを手指になじませるだけで、簡単にインフルエンザ予防対策ができます。アルコールは揮発するので、水で洗い流す必要はなし。

インフルエンザウイルスはどこに付着しているかわからないので、指の間や爪まで含めて、手指全体にしっかりなじませるのがポイントです。

外出の多い人には、持ち歩きに便利なミニサイズのアルコール消毒スプレーもあります。お子さんのカバンに入れてあげてもいいですね。