風邪の引き始めには葛根湯!悪化する前に飲めば効果絶大!

引き始めの風邪には葛根湯!ただし正しい飲み方が重要

水の入ったコップと粉薬の袋を手にした男性の写真葛根湯(かっこんとう)と聞けば、名前を知らない人はほとんどいないはず。

でも葛根湯って具体的に何の薬?
正しい飲み方があるの知ってる?

と聞かれると…漢方薬だということ以外は、わりと曖昧ですよね。

葛根湯は、風邪の引き始めにすばらしい効果を発揮する漢方薬。でも、正しい飲み方をしなければ意味がありません。

葛根湯の効果と正しい飲み方について解説します。

スポンサーリンク

そもそも葛根湯って、何の薬?

葛根湯は、一言で言えば漢方薬の風邪薬。「葛根」という字が示すとおり、植物の葛の根が主な成分です。

引き始めの風邪には特によく効きますが、その他にもこんなにたくさんの薬効が。

  • 風邪の初期症状
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 手足の痛みや筋肉痛
  • 鼻炎、鼻風邪

西洋薬の場合、風邪薬なら風邪にしか効きませんが、このようにひとつの薬に複数の効果があるのは、漢方薬の特徴です。

古典落語の「泳ぎの医者」には、どんな患者が来ても葛根湯しか処方しないヤブ医者を皮肉った「葛根湯医者」という子話が出てきます。

でも、そんな話が生まれるということは、葛根湯が万能であることの証でもありますね。

スポンサーリンク

風邪を引く前になかったことに!免疫力をブーストする葛根湯パワー

上を向いてガッツポーズしている女性の写真葛根湯は風邪薬ではありますが、実は完全に風邪を引いてから飲んでもあまり効果がありません。

葛根湯が最もよく効くのは、悪寒がしてもしかして風邪を引いたかも?と感じるくらいの引き始め。

葛根湯の処方が記された漢方薬の古典「傷寒論(しょうかんろん)」では、葛根湯は次のような時に飲むように書かれています。

  • ある程度体力がある
  • 頭痛、悪寒、発熱などの症状がある
  • 汗の出る気配はない
  • 首の後ろがこっている

どれも、風邪の引き始めに心当たりのある症状ばかりですよね。

今まさに風邪が悪化しようという時に葛根湯を飲むと、体を温めて免疫力を高め、風邪が本格化する前に体から追い出してくれるというわけです。

なんだか寒気がして熱が出そう、関節の節々が痛い…

そんな時に飲むと、抜群の効果を発揮してくれますよ。逆に、もう熱が上がってしまったり、体力が落ちている時に葛根湯を飲んでも、風邪への効果は得られません。

風邪だと思ったらすぐに飲む!これが葛根湯の正しい飲み方です。薬というより、栄養ドリンクのようなイメージで飲めば、タイミングを間違えずに飲めそうですね。

葛根湯という商品がたくさんあるけど、中身は違うの?

 
薬局やドラッグストアの漢方コーナーを覗くと、「葛根湯」という名前の商品が複数並んでいることがあります。

何か違うの?と疑問に思ってしまいますが、漢方薬の配合や使用する生薬の組み合わせは決められているので、どのメーカーの商品を選んでもそう大きな違いはありません。

葛根湯は人気の漢方薬だけあって、液体ドリンクタイプ、顆粒タイプ、子供でも飲めるよう甘い味を付けたタイプなど、様々な形状のものが販売されています。

メーカーより、自分が飲みやすいタイプの葛根湯を選ぶとよいでしょう。

顆粒タイプの葛根湯はたくさん入って値段も安いので、風邪に備えて1箱常備しておくと安心ですよ。