妊娠中の蕁麻疹…、ポララミンなら飲んでもOK?

妊娠中でも処方できる蕁麻疹の薬、ポララミン

お腹に手をあてている妊婦のクレイアート写真妊娠がわかったら、薬の服用は基本的にNGです。

妊活中や妊娠中、あるいは慢性蕁麻疹で、蕁麻疹の薬が飲めなくなることを心配している女性もいるのではないでしょうか。

いくら赤ちゃんのためとは言え、あのかゆみに薬なしで耐えるのは憂鬱ですよね…。

でも、妊娠中でもまったく蕁麻疹の薬が飲めないわけではありません。時期を選ぶ必要はありますが、ポララミンという蕁麻疹の薬は、妊婦へも処方が可能です。

妊娠中でも飲める蕁麻疹の薬、ポララミンについて解説します。

スポンサーリンク

ポララミンって、どんな薬?

錠剤の写真。アルミシートに入った錠剤蕁麻疹の治療に使われる抗ヒスタミン剤には、第一世代と第二世代があります。

通常、蕁麻疹の治療に使われているのは第二世代。蕁麻疹にアレロックやザイザル、アレジオンなどを処方されている人もいると思いますが、これらは第二世代に属する、比較的新しい薬です。

ポララミンは開発時期が古い、第一世代の薬。眠気や口の渇きなどの副作用が強いのが難点ですが、歴史が長い分、安全性に関するデータが豊富。

副作用や効果だけで比較すれば、第二世代の薬のほうが優秀ですが、新しい薬は処方実績が少ないので、安全性は確立されていません。

どんな影響があるのかわからない以上、実際に妊娠中の妊婦さんに飲ませて新薬の実験をすることはそうそう出来ないので、妊娠中に飲んでも大丈夫であることを検証するのは、とても難しいこと。

その点、ポララミンは妊婦への処方実績が世界的に多く、妊娠中の蕁麻疹や花粉症には、真っ先に選択される薬です。

効果があまり強くない、眠気が出やすいなどの欠点はあるものの、妊娠中でも蕁麻疹の薬が飲めるのは、とてもありがたいですよね。

スポンサーリンク

ポララミンを服用できるのは、妊娠4ヶ月以降が基本

寝ている新生児の手と顔の下半分の写真ポララミンに限ったことではありませんが、妊娠中における蕁麻疹や花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン剤の投与は、妊娠4ヶ月以降になってからが基本です。

妊娠4ヶ月になるまでは、胎児の体が作られている途中。この期間中に薬を服用すると、胎児の体組織にダイレクトに影響してしまう可能性があります。

妊娠4ヶ月を過ぎると胎児の体がほぼ完成するため、奇形が起こる可能性がなくなり、必要に応じて薬の服用が可能になります。

蕁麻疹は、妊娠中に症状が変化することが多い

明確な原因は定かではないものの、女性ホルモンバランスが変化する影響なのか、妊娠中に蕁麻疹の症状が急激に変化するという女性は少なくありません。

慢性蕁麻疹だった女性が、妊娠すると蕁麻疹が治まり、そのまま治ってしまったというケースも珍しくないのです。

ただ、逆に蕁麻疹が悪化してしまう人もいるので、妊娠したら蕁麻疹が良くなるという期待は、あまりし過ぎないほうがよいでしょう。

蕁麻疹のかゆみは、とても辛いもの。妊娠中だからといって、無理に我慢を続けるのは、薬を飲む影響以上に、母体にストレスを与えることになりかねません。

妊娠中に蕁麻疹が出たり、症状が辛くなってきたら、我慢せずに産婦人科で相談してみましょう。ポララミンは、妊婦の蕁麻疹や花粉症で最もよく使われる薬なので、皮膚科へ行かなくても、産婦人科で処方してもらえます。