みかんはダイエットに向いている?カロリーや糖質、成分から検証!

みかんで痩せるって本当?噂のみかんダイエットを検証!

thum_457冬になると、どこのスーパーでも大量に積まれている、みかん。

みかんでダイエットできる、痩せるという噂もありますが、甘いみかんを食べてダイエットになるというのは本当なのか…?

みかんは安価で大量購入できるので、もし本当ならダイエッターには見逃せませんよね。

気になるみかんダイエットの真偽について、みかんのカロリーや成分から検証しました。

スポンサーリンク

みかんダイエットの検証(1)カロリー

メジャーでウエストサイズを測っている女性の写真まずはダイエットにあたって最もわかりやすい指標である、カロリーから。

みかんのカロリーは、100gあたり45kcal。一般的に売られているM玉サイズの可食部重量は70~80gくらいなので、みかん1個のカロリーは、おおよそ30~40kcalということになります。

あれだけ甘さがあるのに丸ごと1個食べても30kcalというのは、かなり低カロリーな部類ですよね。

普段カロリーの高いお菓子をおやつにしている人にとっては、おやつをみかんに替えるだけでも、摂取カロリーを大幅に減らせますから、その点ではみかんはダイエットに適していると言えるでしょう。

でも、いくらみかんが低カロリーだからといって、食事やおやつを無差別にみかんに置き換えるだけでは、栄養価や成分的な面が心配です。

次は、みかんの成分について見ていきましょう。

スポンサーリンク

みかんダイエットの検証(2)糖質と脂質

ダイエットにおいて、糖質や脂質の摂り過ぎは厳禁です。

みかんの糖質は100gあたり11g、脂質は0.08g。

みかん1個あたりに換算すると、糖質量8.25g。お茶碗1杯分の白米の糖質量が50g以上あることを考えると、低糖質と言って良い数値です。

脂質はみかん1個あたり0.06g

みかんは低カロリーなだけではなく、低糖質・低脂肪でもあるということですね。

これは、ダイエット食品としてはかなり優秀だと言えそうです…!

みかんダイエットの検証(3)その他、みかん特有の成分

みかんの写真。皮をむいたみかんの実部分のアップ写真では最後に、みかんに含まれるカロリーや糖質以外の成分について。はたして、ダイエットに適した成分は含まれているのでしょうか?

みかんの白い薄皮部分には、食物繊維の一種であるペクチンという成分が豊富に含まれています。

ペクチンには腸内環境を整える働きがあるので、便秘解消に効果的。便秘は新陳代謝を低下させる原因でもあるので、お通じの改善はダイエットにも有効です。

また、みかんはビタミンCも豊富。みかんM玉2個で、1日に必要なビタミンCを摂取できます。

結論:みかんは優秀なダイエット食材!ただし、みかんだけ食べるダイエット方法はNG

みかんは脂質をほとんど含まず、低カロリー、低糖質で食物繊維とビタミンCが豊富な食品であることがわかりました。

体を太らせる要素がないので、みかんは優秀なダイエット食品であると言えるでしょう。

ただし、だからと言って、1日にみかんしか食べないという、単品ダイエットのような極端な方法は厳禁です。

みかんに限らず、単品ダイエットは栄養バランスが偏ります。そうすると、体が不足している栄養分を求めようとするので、後からドカ食いしたりリバウンドする原因に。

みかんを食べれば痩せると安直に考えず、間食代わりに取り入れるなどして、あくまでも食事全体のカロリーコントロールや栄養バランスの調整に使うようにしましょう。

いつも食べ過ぎでダイエットに失敗するという人は、食事の前にみかんを食べるのもおすすめです。

みかんで適度にお腹が膨れて食べ過ぎ防止になる他、ペクチンの効果で食事の栄養吸収が穏やかになる効果も期待できます。

みかんで痩せられるかどうかは、結局はあなたの食べ方次第。みかんの特徴を活かして、上手にダイエットに取り入れてみてくださいね。