うがい薬は効果なし!?水とうがい薬の風邪予防効果に衝撃の結果が…

風邪予防にはうがいが効果的!でも…うがい薬の使用はちょっと待った!

男の子が手にコップを持ってうがいしているイラスト誰でも知っている風邪の予防法といえば、うがい。

家に帰ったらうがいと手洗いをするようにとは、子供の頃から言われていることですよね。

ですが、このうがいの風邪予防効果について衝撃的な研究データが。

なんと、うがい薬よりも水だけでうがいしたほうが風邪の予防効果が高かったというもの。

うがい薬って、そもそも何の成分が入っているの?
本当にうがい薬で風邪予防はできないの?

うがい薬の”本当の”風邪予防効果についてまとめました。

スポンサーリンク

うがい薬より、水うがいのほうが風邪予防効果が高かった!

実は、風邪の予防のためにうがいをするというのは日本独自の習慣。外国にはそのような習慣はなく、その医学的・科学的根拠は長らくハッキリしていませんでした。

そこで、世界で初めて、うがいの風邪予防効果を検証したのが、京都大学保険管理センターの里村一成・川村孝氏らの研究。

全国約380名の被験者を次の3つのグループに分けて、それぞれの風邪予防効果を比較したのです。

  • 水だけでうがい(15秒×2回のうがいを1日3回以上)
  • ヨード系うがい薬でうがい(15秒×2回のうがいを1日3回以上)
  • うがいしない

このうち、最も風邪予防効果が高かったのはどれだったか?

普通に考えれば、うがい薬のグループだろうと予想されますが、結果は意外なもの。なんと、水だけでうがいしたグループが最も風邪予防効果が高かったのです。

うがいしないグループに比べると、水うがいグループの風邪の発症率は40%減!

ヨード系うがい薬でうがいしたグループの風邪発症率の減少は12%で、統計学的に風邪の抑制効果があるとは認められない結果となりました。

殺菌・消毒作用のあるうがい薬を使ったのに、まったく風邪予防にならなかった理由は、うがい薬が正常な細菌バランスを壊してしまったからではないかと推測されています。

スポンサーリンク

ヨード系うがい薬って、どんなうがい薬?

ところで、「ヨード系うがい薬」とは、あまり聞き慣れない言葉。どんなうがい薬?と気になった人もいるかもしれません。

ヨード系うがい薬とは、ポピドンヨードという成分が配合されたうがい薬のこと。代表的なものにイソジンがあり、イソジンガーグルという名前で病院でも使用されています。

あのイソジン独特の黒褐色と味は、ポピドンヨードに由来するもの。つまり、ヨード系うがい薬=黒い色のうがい薬、と考えて、ほぼ間違いありません。

ポピドンヨードは優れた殺菌効果を持ち、病院でも消毒薬として頻繁に使われるものですが、うがい薬としての効果はあまり期待できないようです。残念!

風邪予防には水で十分!でもインフルエンザは…?

水の入ったガラスのコップの写真この研究結果が本当なら、風邪予防のうがいは水だけで十分!ということになりますね。

ただ、注意しなければいけないのは、水うがいで予防できるのはあくまでも風邪であって、インフルエンザまで予防できるのではないということです。

風邪とインフルエンザの原因となるウイルスは別物。風邪が予防できたからといって、インフルエンザも予防できることにはなりません。

うがいにインフルエンザ予防効果もあるかどうかは、いまだ未知数。首相官邸サイトでも、うがいについて「インフルエンザ予防効果については科学的に証明されていません」と言及しています。

インフルエンザ予防には、予防接種や手洗いなど、うがいとは別の対策を行いましょう。

じゃあ、ヨード系じゃないうがい薬だったら?

さて、ここで疑問になるのが、ヨード系ではないうがい薬だったら風邪の予防になるのかということ。

病院や市販薬のうがい薬には、もうひとつ「アズレン系」と呼ばれる種類のうがい薬があります。アズレンとは英語で青を意味する「azure」に由来しており、青い色が特徴です。

このアズレン系うがい薬なのですが、用途は喉の痛みや腫れを抑えること。風邪の予防ではありません。

有効成分として配合されているアズレンスルホン酸ナトリウムは抗炎症成分なので、風邪の予防というよりは、すでに風邪を引いてしまった後の喉の症状に効果的。

実際に、市販のアズレン系うがい薬の説明を見ても、用途は「口腔・咽喉の腫れ、口腔内の洗浄」とあります。

殺菌効果のあるヨード系うがい薬と、抗炎症効果のあるアズレン系うがい薬とでは、もともとの用途が違うんですね。アズレン系のうがい薬は、口内炎や花粉症による喉の炎症などの症状によく効く薬です。

こうした事情を踏まえてみると…

やはり、風邪の予防には水うがいが良い、ということになりそうですね。