子供がノロにかかったら…?子供のノロウイルスの症状と、発症した時の正しい対処方法

子供がノロウイルスに感染するとどうなるの?症状や対処方法を知っておこう

布団で横になって苦しそうな表情の女の子の写真毎年、秋冬の寒いシーズンに流行するノロウイルス。

感染すると、ウイルス性の食中毒や胃腸炎を引き起こします。

死に至ることは稀ですが、激しい嘔吐や下痢を繰り返すなどその症状は重く、かなり辛い思いをすることに。

体力のない乳幼児や子供への感染は、特に注意が必要です。

子供がノロウイルスに感染すると、どんな症状が出るのか?
ノロウイルスにかかったら、すぐに病院に行かないと危険?
ノロウイルスの治療方法は?

など、子供のノロウイルス対策についてまとめました。

スポンサーリンク

子供がノロウイルスにかかった時の症状

バイキン、嘔吐に苦しむ子供、腹痛に苦しむ女性を描いたイラストノロウイルスの主な症状は嘔吐、下痢、腹痛。発熱することもありますが、一般的に37~38度の微熱で、高熱になることはありません。

症状としては、大人と子供に大きな違いはありません。ただし、大人は短期間に重い症状が出るのに対し、子供は軽い症状が長期的に出る傾向があります。

ノロウイルスの症状は通常2~3日間で治まりますが、子供の場合は軽度の症状が1週間ほど続くことも。

嘔吐や下痢を繰り返すことで体力が落ち、脱水症状を起こしやすくなるため、子供のノロウイルス感染ではその点に特に注意が必要です。

スポンサーリンク

ノロウイルスの発症は突然!

ノロウイルスの発症は突然で、前触れとなる症状はほとんどありません。数日前から下痢が続くということもありますが、さっきまでは元気に遊びまわっていたのに、ある時になって突然、嘔吐が始まるというケースがほとんどです。

発症直後が最も症状が重く、短時間に嘔吐を繰り返すため、看病するほうもパニックになりがちですが、正しい対処法を知って、落ち着いて対応しましょう。

発熱すると周期的な腹痛も出るため、子供の場合は「お腹が痛い」と何度も訴えることもあります。

子供がノロウイルスにかかったら、すぐに病院に連れて行くべき?

実は、現在ノロウイルスに有効な抗ウイルス剤はまだありません。特効薬がないため、病院に連れて行っても、治療は吐き気止めの処方や、脱水症状を防ぐための点滴などの対症療法のみになります。

病院に行ったとしても、ノロウイルスからの回復を早めてくれるわけではなく、症状を軽減するに留まるということです。

ノロウイルスというと、なんだかとても恐ろしいウイルスのように感じてしまいますが、基本的には自然治癒するものですから、必要以上に不安になる必要はありません。

ただし、次のようなケースでは、ノロウイルスよりさらに強力なロタウイルスに感染している可能性も。

  • 半日経ってもまったく症状が治まらない
  • 脱水症状がひどい
  • 38度以上の高熱が続く

このような場合には、すぐに病院へ行くようにしてください。

子供がノロウイルスにかかった時の対処方法

スープを飲んでいる小さな女の子の写真嘔吐のピークが続くのは、ノロウイルスの発症からおおよそ6時間程度。この間は、強い吐き気が周期的に襲い、水分ですら、すぐに吐いてしまいます。

この時点で重度の脱水症状に陥ることはないため、ノロウイルスによる嘔吐が始まってから6時間ほどは、水分を含めて絶食にして、様子を見ましょう。

無理に食べさせても、吐いて苦しくなるだけです。看病する側にとっても一番辛い時ですが、ここを乗り越えれば、症状は徐々に回復に向かいます。

ある程度の時間が経過すると、強い嘔吐症状が治まり、子供も元気を取り戻してきます。

嘔吐が治まってきたら、まずは少しずつ水分を補給しましょう。胃腸はまだ弱っているので、いきなり固形物を与えると、また吐いてしまいます。ジュースや麦茶を、少しずつ飲ませるようにしてください。

半日から1日ほど経つと、固形物も受け付けられるようになってきます。子供の食欲が出てきたら、おかゆなどの消化のいい食べ物を、少量ずつ食べさせましょう。

発症から1日経っても嘔吐が続くのは、多くの場合、胃腸が十分に回復していないのに、水分や食べ物を与えてしまうことが原因です。

一度にたくさん飲ませたり食べさせたりせず、少量を何回かに分けて、少しずつ与えることが大切です。

ノロウイルスによる胃腸のダメージは、1週間ほどでほぼ回復します。嘔吐が治まっても、体が完全にに回復したわけではないので、1週間ほどは消化の良い食事と安静を心がけて過ごすようにしましょう。