市販の点鼻薬を使うと依存症になるってホント?

鼻水に即効性のある市販の点鼻薬。でも実は…?

鼻を噛んで辛そうなメガネのビジネスマンの写真薬が効かないひどい花粉症でも、一発でスーッと鼻を通してくれる市販の点鼻薬。

もはや点鼻薬がないと花粉症シーズンの生活が成り立たないという人もいるほどです。

でも、いくら効き目があるからといって、市販の点鼻薬の乱用はリスクもあります。

市販の点鼻薬を使い過ぎるとどんなリスクがあるのかをまとめました。花粉症には点鼻薬が一番だと思っている人は必見です。

スポンサーリンク

市販の点鼻薬に使われる血管収縮剤とは

市販の点鼻薬に配合されている代表的な成分に、血管収縮剤があります。これは鼻の血管に作用して、鼻水やくしゃみの原因となっている粘膜の腫れを取ってくれる薬。

即効性があり効果も強力なため、市販の点鼻薬のほとんどに、この血管収縮剤が配合されています。

スポンサーリンク

血管収縮剤は、使えば使うほど依存してしまう!?

女性の鼻のアップ写真市販の点鼻薬は、使ってすぐに鼻水が止まり鼻が通るため、花粉症シーズンは点鼻薬を手放せないという人も珍しくありません。

でも、血管収縮剤は継続して使用すると、かえって鼻炎を悪化させるリスクがあります。

血管収縮剤を使用し続けていると、鼻の粘膜が厚く変質して、鼻が詰まりやすくなります。

点鼻薬の使用者はそんなことには気付きませんから、また点鼻薬を使って鼻詰まりを治そうとします。

するとますます粘膜が厚くなるので、だんだん薬が効きにくくなり、点鼻薬を片時も離せなくなるという悪循環に陥っていくのです。

これらは「薬剤性肥厚性鼻炎」「点鼻薬性鼻炎」と呼ばれ、花粉症シーズンによく見られる症状。

本人は花粉症が悪化したと思っていても、耳鼻科に行ってみたら実は市販の点鼻薬が原因の点鼻薬性鼻炎だったというケースが非常にたくさんあります。

鼻炎を治したくて、自分で鼻炎を悪化させていたなんて本末転倒ですよね。

市販の点鼻薬の適切な使用頻度は?

市販の点鼻薬は強力ですが、使う時は適切な使用頻度を守り、くれぐれも使過ぎないこと。具体的には、下記の使用頻度を守ってください。

  • 市販の点鼻薬の使用は1日2回まで
  • 2週間以上、継続して使用しない

長期間継続して使わないという点が大切です。市販の点鼻薬を使って2週間経過しても花粉症がひどいようなら、一度耳鼻科や内科を受診しましょう。

点鼻薬の使い過ぎで鼻炎が悪化してしまったら

カプセル薬の写真。アルミシートに入ったカプセル薬が数シート重ねて置かれているすでに点鼻薬を1ヶ月以上使っているという場合、薬が効きにくくなったように感じていませんか?

それは花粉の影響ではなく、点鼻薬性鼻炎の可能性が大!ただちに市販の点鼻薬の使用をストップしてください。

依存といっても麻薬のように中毒になるわけではありませんから、点鼻薬の使用を止めれば、鼻も徐々に回復します。

いつもより鼻が詰まりやすくなっていることが多いので、最初は辛いかもしれませんが、2週間ほど我慢すると鼻の粘膜が元に戻って来ます。

薬を使わないと生活に支障が出るという場合はすみやかに耳鼻科へ。診察の際は、市販の点鼻薬を使っていたことを伝えましょう。飲み薬や、血管収縮剤を使用しない点鼻薬などを処方してもらえます。

ひどい鼻詰まりから、副鼻腔炎を併発してしまっている場合もありますので、市販薬で済ませようとせず、きちんと病院へ行くことが大切です。