ステロイド点鼻薬って副作用は危なくないの?意外な答えはコチラ!

花粉症の鼻水に効果抜群のステロイド点鼻薬。でもステロイドって…?

女性の鼻のアップ写真飲み薬だけでは治らないようなひどい鼻水や鼻詰まりには、病院でステロイド点鼻薬が処方されることがあります。

でも、ステロイドといえば、アトピー性皮膚炎の薬というイメージが強いですよね。副作用がある、なんとなく怖い薬だと思っている人も多いのではないでしょうか。

ステロイド点鼻薬って、どうして花粉症の鼻水に効くの?
使い続けて副作用はない?

ステロイド点鼻薬の副作用と安全性についてまとめました。

スポンサーリンク

ステロイド点鼻薬が鼻水に効くメカニズム

ステロイド薬には炎症を抑える効果があります。花粉症の鼻水は、鼻の粘膜にくっついた花粉がアレルギー反応を起こし、粘膜に炎症を起こすのが原因。

ステロイド点鼻薬は、花粉が入っても粘膜が炎症するのを防いで、鼻水が出ないようにしてくれる薬です。

スポンサーリンク

ステロイドって怖い薬じゃないの?

分子模型の写真そもそも、ステロイドってなんでしょう?ステロイドの正体は、私たちの体内にも存在しているホルモンの一種。

ホルモンにはたくさんの種類がありますが、花粉症やアレルギー性鼻炎などの治療に使われているステロイドは、そのうちのひとつである「糖質コルチコイド」というホルモンを人工的に合成したものです。

薬の容器に「副腎皮質ホルモン」と書いているのを目にしたことがあると思いますが、糖質コルチコイドはこの副腎皮質ホルモンのひとつ。

腎臓の隣にある、副腎という部位から分泌されるホルモンを副腎皮質ホルモンと総称しています。

糖質コルチコイドは、この副腎皮質系ホルモンの中でも非常に優れた抗炎症作用を持ち、アトピー性皮膚炎をはじめとする皮膚用の塗り薬に広く使われています。

もともと体の中にある成分と同じと知ると、怖いイメージも少し薄れるのではないでしょうか?

ステロイドの副作用は?

ステロイドは、もともと体内に存在するものですが、それゆえに過剰に体内に摂取されると、体のホルモンバランスを大きく崩してしまいます。

ホルモンというものは、極微量で私たちの身体機能に大きな影響を与えているので、わずかにバランスが狂っただけでも、全身に影響を及ぼす可能性があるのです。

ステロイドそのものが危険というよりも、たくさん吸収されると危険だということを覚えておくとよいでしょう。

ステロイド注射や飲み薬のように、全身にステロイドが巡るような薬は、特に副作用のリスクが高くなります。

一方で、塗り薬や点鼻薬のような外用薬では、ステロイドが全身に吸収される確立は低いため、その分副作用のリスクは低くなります。

一時期、ステロイドの副作用の危険性が騒がれ、脱ステロイドが掲げられましたが、それらの副作用の多くは、適切な強さや量のステロイド薬を用いなかったことが原因です。

強い薬の乱用や、規定量を超えるステロイド薬を大量に塗るのは、当然のように副作用を誘発します。使い方次第で薬にもなれば、毒にもなるのは、どんな薬であっても同じです。

ステロイドは、適切に用いれば、決して危険な薬ではありません。重要なのは、使い方。必要以上に副作用を怖れることより、ステロイドの正しい使い方を熟知した医師を選ぶようにすることが大切です。

花粉症のステロイド点鼻薬の副作用は?

ステロイド点鼻薬の場合、体内に吸収されるステロイドは0.2%未満と極微量。鼻だけの局所に使用するため、もともとの薬の量も少なく、副作用の心配はほとんどありません。

少量で高い効果が得られる、優れた花粉症治療薬であり、子供や妊婦に処方されることもある、安全性の高い薬です。

副作用としては、鼻の不快感や乾燥などの鼻症状、喉の痛みや鼻血、めまいなどが挙げられますが、副作用が起こる確立は非常に稀です。