市販の点鼻薬で鼻炎が悪化!点鼻薬性鼻炎の治療方法

市販の点鼻薬を使い過ぎると依存症になって、余計に鼻炎が悪化する!?

鼻を噛んで辛そうなメガネのビジネスマンの写真鼻炎に絶大な効果を発揮する点鼻薬。

特に花粉症シーズンになると、もはや点鼻薬なしでは一日を過ごせないという人もいるのでは?

でも、市販の鼻炎薬は使い過ぎるとかえって鼻炎を悪化させ、「薬剤性肥厚鼻炎」「点鼻薬性鼻炎」と呼ばれる状態を引き起こします。

鼻炎を治すつもりで、ますます悪化させていたのでは本末転倒。点鼻薬性鼻炎の原因と治療方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずは自分の使っている点鼻薬の成分をチェック

点鼻薬性鼻炎の原因となるのは、血管収縮剤という成分。即効性が非常に高く、ピタリと鼻水が止まるため、市販の点鼻薬の多くに配合されています。

でも、長期間使い続けると鼻の粘膜が変質して、かえって鼻炎の症状を悪化させ、それを改善するために点鼻薬が手放せなくなるという依存状態に。

あなたの使っている点鼻薬には、次のような成分は入っていませんか?これらはすべて、血管収縮剤に分類される成分。

これらの成分が配合された点鼻薬を頻繁に使っている場合、点鼻薬性鼻炎になっている可能性があります。

  • 塩酸ナファゾリン、硝酸ナファゾリン
  • 塩酸トラマジリン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン、硝酸テトラヒドロゾリン
  • 塩酸テトリゾリン、硝酸テトリゾリン
  • 塩酸フェニレフリン
  • 塩酸オキシメタゾン、硝酸オキシメタゾン

点鼻薬性鼻炎になると、点鼻薬を使っても効果が持続しなかったり、効きにくくなってきます。「薬が効かないほどひどい花粉症」だと思い込んでいる人が、実は点鼻性鼻炎だということも。

スポンサーリンク

点鼻薬依存症の治療は、まず点鼻薬の使用を止めることから!

女性の鼻のアップ写真点鼻薬性鼻炎の治療は、市販の点鼻薬の使用を止めることからスタートします。

市販の点鼻薬の適切な使用頻度は、1日2回の使用を最大2週間。

もし、この限度を大きく超えていないのであれば、ただちに点鼻薬の使用を止めることで、1~2週間くらいで鼻の粘膜が回復してきます。

最初の数日はかなり辛いかもしれませんが、我慢していると1週間で楽になり、2週間ほど経てば粘膜もほぼ元通りになると言われています。

すでに完全な依存状態に陥っていたり、鼻で息をするのも辛いほど悪化している場合は、耳鼻科での治療を受けましょう。

病院では、血管収縮剤を使わないステロイド点鼻薬や、花粉症用の抗ヒスタミン剤などの薬を処方してもらえます。薬で鼻炎の症状を抑えながら、鼻の粘膜を回復させていくのです。

粘膜の変性がひどい場合には、レーザー治療や手術で、厚くなった粘膜を除去することもあります。

点鼻薬性鼻炎の治療にかかる期間は、数週間から長くて1~2ヶ月。医師の指導を受けて治療すれば、きちんと治る病気です。

市販の点鼻薬は即効性が魅力ですが、使い過ぎはかえって毒。ひどくなる前に使用を止め、花粉症の症状が辛ければ、内科や耳鼻科で処方薬を出してもらいましょう。