ヨーグルトが便秘に効かない人は、オリゴ糖をプラスしてみよう

毎日ヨーグルトを食べても便秘が治らない人は、オリゴ糖プラスでスッキリ快便になれるかも!

バツ印の付いたヨーグルトの写真女性や妊婦さんに多い、便秘の悩み。

便秘に効く食べ物の代表はヨーグルトですが、ヨーグルトを食べても、いっこうにお通じに効かないことも多いですよね。

そんな人に試して欲しいのが、ヨーグルトにオリゴ糖をプラスして食べること。

オリゴ糖とは、甜菜(サトウダイコン)や牛乳などに含まれる、天然の甘味料。

糖という名前が付いてはいますが、白砂糖より甘さもカロリーもずっと低く、妊娠中の妊婦さんでも食べられる安全な食品です。

オリゴ糖で便秘解消する理由や、オリゴ糖の効果的な食べ方についてまとめました。

スポンサーリンク

オリゴ糖が便秘に効く仕組みって?

ヨーグルトが便秘に効くと言われるのは、ヨーグルトに腸内環境を整える善玉菌が入っているからですね。

では、オリゴ糖にも善玉菌が入っているのかというと、そうではありません。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌の大好物。オリゴ糖を摂取することで、腸内の善玉菌にエサを与え、菌を増やすことができるのです。

ヨーグルト → 善玉菌そのものを腸に届ける
オリゴ糖 → 善玉菌のエサとなり、腸内で善玉菌を養殖する

スポンサーリンク

ヨーグルトが便秘に効かない理由

お腹を両手で押さえている女性の下半身の写真ヨーグルトが便秘に効かないのには、その人とヨーグルトに含まれている善玉菌の相性の問題があります。

私たちの腸には、100種類、100兆個を超える腸内細菌が存在しており、これらを総称して腸内フローラと呼んでいます。

そして、この腸内フローラに住む細菌の種類や個数の組み合わせは、人によってすべて違うのです。

ヨーグルトは、腸内フローラに直接善玉菌を届けることで便秘解消を狙うもの。でも、必ずしもヨーグルトに入っている菌と、腸内フローラの先住菌との相性が良いとは限りません。

100種類、100兆個もの菌の組み合わせがあるのですから、当然、腸内フローラに適応できない可能性だって高いわけです。

自分の腸内フローラとヨーグルトの善玉菌の相性が良くなければ、どれだけヨーグルトを食べたとしても、腸内環境が整う効果は期待できません。

これが、ヨーグルトを食べているのに便秘が治らない理由です。ヨーグルトが便秘に効くという人は、たまたま、自分の腸内フローラと相性の良いヨーグルトを食べることができているんでしょうね。

オリゴ糖は自分が持っている菌を養殖するから、便秘に効く!

一方のオリゴ糖は、腸内フローラにもともと住んでいる菌にエサを与えて養殖するというもの。外から善玉菌を連れて来るのではなく、すでに存在する菌を育てて増やすという発想です。

これなら、相性と関係なく、腸内環境を整えることができますよね。

オリゴ糖は1gあたり2kcalの低カロリー、甘さは砂糖の4分の1

オリゴ糖は細かいパウダー状か、あるいはシロップで売っています。

オリゴ糖のカロリーは1gあたり2kcalと、とても低カロリー。便秘解消を目的とするなら、1日に5g程度のオリゴ糖を摂るのが良いとされていますが、1日分でも10kcalなので、ダイエット中でも安心です。

天然素材から作られる甘味料なので、妊娠中の妊婦さんでも食べられますよ。

甘さは白砂糖の4分の1程度で、直接なめても甘くはなく、ほんのりと甘さを感じる程度。味の変化が少なく液体にも溶けるので、ヨーグルトや飲み物に混ぜて食べるといいでしょう。

ヨーグルトだけでは便秘解消しなかったという人は、ぜひ一度、オリゴ糖も試してみてくださいね。