親知らず抜歯後の痛みは、いつまで続く?平均はだいたい3日間!

親知らずを抜いた後の痛みは何日続く?どれくらい痛い?

アゴを手で押さえて痛みに耐えている女性の写真親知らずの抜歯というと、何かとついて回るのは痛みへの恐怖。

抜歯時の痛みはもちろんですが、抜いた後の痛みや腫れも、当然気になります。

実際に親知らずを抜いた人たちは、何日間くらい、歯の痛みがあったのでしょうか?

親知らず抜歯体験者の声をもとに、親知らず抜歯後の痛みの期間と程度についてまとめました。

スポンサーリンク

親知らず抜歯後の痛みは、3日間ほどで治まるのが一般的

OKサインを作って正面を向いている歯科医女性の写真抜歯の難易度や抜歯後の状態は、親知らずの向き、神経との近さ、親知らずの歯の根っこの形、歯科医の技術など、さまざまな要因で変わります。

ですが、抜歯前から炎症していた、完全に埋没していたなどの問題がなければ、親知らずを抜いた痛みは、抜歯から3日間程度で治まるのが一般的です。

また、上の親知らずか、下の親知らずかによっても異なります。

下の親知らずは神経に近いため、抜歯は下の親知らずのほうが難易度が高く、痛みも出やすくなります。

親知らずを抜いて痛かったというのは、だいたいが下の親知らずを抜歯したケース。

上の親知らずのみの場合は抜歯自体も短時間で済み、痛みや腫れもあまりないという人が多いようです。

以下は、実際に親知らずを抜いた人たちの体験談です。

抜歯の麻酔が切れた後が最も痛みましたが、3日分の処方箋(痛み止め、化膿止めと胃薬+口腔消毒薬)使い切る頃には殆ど気になりませんでした
私の場合、埋もれて横向きになっていましたが、3日位は顎の痛みと傷の痛みが続きました。しかも、痛さで口は1CM程しか開きませんでしたよ。
上の素直に生えてた歯を抜いた時は、然程の痛みもなく、それも一晩で治まり、下に寝て生えてた歯の場合は、歯茎をえぐって抜いた為、丸一日ズキズキしてました。
1日で痛みは取れましたよ。痛み止めの薬もくれますし。
スポンサーリンク

親知らず抜歯後に強い痛みが続くのは、こんなケース

3日間くらいで痛みが治まると聞くと少しほっとしますが、一方で「親知らずを抜いたら激痛だった!」という話も耳にします。

いったい、どちらが本当なのやら、これから抜歯を考える人にとっては、抜歯の覚悟が揺さぶられてしまいますよね。

親知らずの抜歯後にひどい痛みがあったというのは、次のようなケースが多いようです。

  • 歯茎に炎症が起こっている場合
  • 鎮痛剤・痛み止めが効かない、あるいは効果が弱い場合
  • 埋没した親知らずを、歯茎を切開して抜歯した場合
  • 完全に横向きの親知らずを抜歯した場合
  • 歯科医の腕や処置に問題があった場合

痛みの原因としては抜歯した箇所が炎症してしまった、痛み止めが効かなかった、難しい抜歯だったなど。

痛み止めの鎮痛剤にもたくさんの種類があるので、薬が効かなかったという場合は、抜歯した歯科医に相談すると、より強力な痛み止めを出してもらえます。

この時に炎症を起こしていることがわかれば、炎症の処置もしてもらえるはずです。

痛み止めを飲んでいるのに痛みが治まらないという場合には、無理に我慢せず、早めに歯科医に相談してみましょう。

親知らずが埋没していたり、真横になっている場合は、抜歯時に歯茎の切開や歯の破砕を行うため、やはり回復に時間がかかります。

通常は3日間ほどで引くはずの痛みや腫れが1週間ほど続いたり、発熱することも。このようなケースでは抜歯時間も長く、数時間かけて歯を破砕していくようなケースもあります。

抜歯の難易度が高いかどうかは、親知らずの生え方で事前に予測ができますので、かかっている歯科医師によく説明を受けておくといいでしょう。

親知らずの抜歯が上手な歯医者の探し方

大きく口を開けた患者に歯科治療をしている写真抜歯がスムーズに終わるかどうかは、歯科医師の腕にもかかっています。

抜歯が得意な歯科医師と、苦手な歯科医師だったら、当然、抜歯の経験豊富なほうにかかりたいですよね。

親知らずの抜歯が上手な歯科医院を探す基準のひとつは、口腔外科の表示があるか、あるいは先生の経歴に口腔外科医としての実績があるかどうか。

口腔外科とは、”外科”の名前のとおり、外科的手術を伴う歯科治療を扱う分野。

虫歯やクリーニングなどをメインに扱う一般歯科よりも、抜歯経験が多く、抜歯に慣れた先生が多くいます。

最終的には、先生個人の実績や腕次第ではありますが、ひとつの参考にしてみてください。