ポララミン錠を風邪薬として使うのはどんな時?

花粉症で処方されるポララミンは、風邪薬としても有効!

額に手をあてて苦しそうな表情の女性の写真ポララミンは、昔から使われているアレルギー性疾患の治療薬。

眠気の副作用が強いのですが、安全性が非常に高いため、妊婦の花粉症に処方される代表的な薬です。

花粉症の薬のイメージが強いポララミンですが、実は風邪薬としての効果も。

風邪薬としてのポララミンの効果や副作用について説明します。

スポンサーリンク

ポララミンは花粉症の鼻水にも、風邪の鼻水にも効く

鼻から鼻水が出ているクレイアートの写真ポララミンは、花粉症の鼻水と、鼻風邪の鼻水の両方に効きます。グズグズとした鼻詰まりにはあまり効きませんが、くしゃみや鼻水にはよく効きます。

鼻風邪の薬として有効ですが、鼻以外の風邪の諸症状への効果はないので、風邪薬として処方される場合は、解熱剤や鎮痛剤などの薬と一緒に処方されます。

スポンサーリンク

ポララミンの市販薬はないの?

ポララミンとは製薬会社の商品名で、配合成分の名前はd-クロルフェニラミンマレイン酸。市販の総合風邪薬や鼻炎薬にも配合されている成分です。

ただし、先ほど説明したように、ポララミンには解熱作用などはないので、市販薬ではd-クロルフェニラミンマレイン酸の他にも複数の有効成分を配合しています。

病院で処方されるポララミン錠と同様の市販薬はありません。

ポララミンは眠気が強い。ただし処方実績が多く安全性は高い

口に手を当ててあくびしている女性の写真ポララミンは抗ヒスタミン剤という種類の薬ですが、この抗ヒスタミン剤は開発時期によって第一世代と第二世代に分けられます。

ポララミンは、昔から使われている第一世代。開発時期の古い薬ですので、眠気や倦怠感、口の乾きなどの副作用は強く出ます。

一方、新しい第二世代の抗ヒスタミン剤は眠気の副作用が少ないため、通常の花粉症や鼻炎であれば、第二世代の薬を使うのが主流。

でも、新しい薬はまだ処方実績数が少なく、安全性を裏付けるデータは多くありません。その点、ポララミンは世界中に豊富な使用実績があり、重篤な副作用がないことが確認されている薬です。

そのため、妊娠の可能性がある人、妊婦、授乳中の人、子供など、副作用よりも安全性を優先すべき患者には、ポララミンが処方されます。

ポララミンと市販の風邪薬を一緒に飲んでも大丈夫?

水の入ったコップの横にカラフルな錠剤がたくさん置いてある写真市販の総合感冒薬などの風邪薬には、鼻水を止める成分として、ポララミンの成分と同じd-クロルフェニラミンマレイン酸や、同様の効果を持つ諸成分が配合されています。

似たような効果を持つ成分を一緒に飲むと、副作用も重複。ポララミンの場合は、他の風邪薬と一緒に飲むと異常な眠気やのどの乾き、排尿トラブルなどが起こる可能性があります。

いくら安全性が高いといっても、薬の飲み合わせには相性もあり、ポララミンと他の薬を自己判断で一緒に飲むのは危険です。今飲んでいる薬が効かない場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。