花粉症薬ポララミンの特徴。眠気はあるが、安全性はとても高い

ポララミンは昔から使われている、歴史の長い花粉症薬

処方箋の袋に入った錠剤の写真花粉症の薬にはさまざまな種類があり、花粉症への効果の強さや副作用などが、それぞれ微妙に異なります。

花粉症の薬は新薬もどんどん開発されていますが、ポララミンは歴史が長く、現在でも根強く使われている花粉症治療薬のひとつ。

ポララミンの効果や副作用など、その特徴についてまとめました。

スポンサーリンク

ポララミンは、昔から使われている第一世代の抗ヒスタミン剤

ポララミンは、第一世代と呼ばれる抗ヒスタミン剤。抗ヒスタミン剤は、アレルギー反応による鼻水やくしゃみを抑える薬で、花粉症の治療に最もよく使われる薬です。

抗ヒスタミン剤は、開発された時期によって第一世代と第二世代に分けられ、ポララミンは第一世代。つまり、昔から使われている、歴史の長い薬ということですね。

第二世代の抗ヒスタミン剤は副作用が少ないという大きなメリットがありますが、新しい薬なだけに、まだまだ臨床データが少なく、安全性が確率されていないという欠点があります。

ポララミンは初期に開発された薬のため、眠気や口の乾きなどの副作用が強く出るのが難点ですが、世界中で広く長く処方されてきた実績があり、安全性が非常に高いのが特徴です。

スポンサーリンク

ポララミンは妊婦や小児に処方される、安全性の高い花粉症薬

妊婦と小さな子どもの写真。子どもが妊婦のお腹に手を当てているポララミンはその安全性の高さから、妊婦や授乳中の女性に処方される、最もポピュラーな花粉症薬です。

ポララミンは花粉症への効果が弱く、副作用は強めという薬ですが、妊婦への処方実績が豊富な薬は他にそうありません。

優秀な新薬がたくさんあっても、さすがに妊娠中の妊婦に飲ませて安全性を実験するわけにはいきませんよね。お腹の胎児に何かあれば一大事です。そうした背景から、妊婦に対する新薬の安全性というのは、なかなか証明できません。

その点、ポララミンは日本でも海外でも、妊婦の服用実績が多数ある貴重な薬。効果や副作用の点では最近の薬には劣りますが、妊婦さんにとってはありがたい花粉症薬です。

妊娠中は胎児への影響を避けるため薬の服用はしないのが基本ですが、妊娠4ヶ月以降あるいは、薬の有益性がリスクを上回る場合には、妊婦であっても薬の処方が可能になります。

妊娠中だからといって、重症の花粉症にも関わらず薬を我慢していると、かえって母体の負担やストレスが大きくなり悪影響を及ぼすことも。花粉症の症状がひどい場合は、かかりつけの産婦人科で相談してみましょう。

ポララミンはどこで処方してもらえるの?ポララミンの市販薬はある?

ポララミンというのは製薬会社の商品名で、配合されている成分名は「クロルフェニラミン」といいます。

クロルフェニラミンは、市販薬への使用も許可されている成分で、風邪薬や鼻炎薬に広く配合されています。

ただし、市販薬には複数の成分が配合されていたり、各成分の配合量も商品によって異なるため、ポララミンそのものと同様の市販薬が売られているわけではありません。

妊婦の服用など安全性を優先すべきケースでは、安易に市販薬を飲むのは危険です。自己判断せずに、必ず病院で相談しましょう。

ポララミンは、内科、耳鼻科のほか、産婦人科でも処方してもらえます。妊婦の花粉症はよくあることなので、妊娠中の花粉症については、かかりつけの産婦人科で相談してみるのが安心です。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫