妊婦の花粉症に!妊娠中も飲める花粉症薬の種類と買える場所

妊娠中の花粉症が辛すぎる…!妊婦にも飲める薬ってないの?

スギの木と、ティッシュを持って鼻をかんでいる女性のクレイアート写真妊娠中の妊婦さんは、原則として薬の服用は厳禁。薬の成分が胎児にも影響を与えてしまうからです。

薬が一切飲めないとなると、心配なのが花粉症!

妊娠中は花粉への反応が過敏になって花粉症がいつもよりひどくなるケースもあり、もともと重症の花粉症である妊婦さんは、花粉シーズン前から憂鬱になってしまうかもしれませんね。

でも、妊娠中だからといって、絶対に薬が使えないというわけではありません。安全性が高く、妊婦への処方が可能な花粉症薬も、数は少ないながら存在します。

妊娠中でも飲める花粉症の薬と、入手できる場所をまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中でも飲める花粉症薬(1)ポララミン

処方箋の袋に入った錠剤の写真ポララミンは、妊婦に処方される花粉症薬として最も一般的な薬です。

花粉症薬として処方される抗ヒスタミン剤は、開発された時期によって第一世代と第二世代に分けられますが、ポララミンは歴史の長い第一世代。

眠気や口の乾きなどの副作用が強く出るのが欠点ですが、ポララミンは国内・海外含めて妊婦への処方実績が多く、花粉症薬のなかでも最も安全性の高い薬とされています。

ポララミンは処方薬で、薬局やドラッグストアでは買えません。ポララミンと同じ成分を含む市販薬はたくさんありますが、複数の成分が入っていたり、有効成分の配合量が違ったりするため、妊婦が自己判断で市販薬を飲むのは止めましょう。

ポララミンは、内科、耳鼻科、産婦人科、アレルギー科などで処方してもらえます。産婦人科は妊婦の花粉症にも慣れているので、まずは、かかりつけの産婦人科医に相談すると安心ですよ。

スポンサーリンク

妊娠中でも飲める花粉症薬(2)漢方薬の小青竜湯

粉末の写真。木の皿に漢方薬のような茶色い粉末が盛られているポララミンと並んで妊婦への処方の多い花粉症薬が、漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)。

小青竜湯は花粉症のようなアレルギー性鼻炎のくしゃみ、鼻水に効果のある漢方薬です。

漢方薬というと長期間飲まないと効かないイメージがあるかもしれませんが、小青竜湯は即効性が高いのが特徴。通常の薬と同じように、飲んですぐに花粉症への効果が現れます。

小青竜湯は薬局やドラッグストアでも購入できますが、できれば一度、かかりつけの病院で相談をしてから飲むようにしましょう。

内科、耳鼻科、産婦人科、アレルギー科など、花粉症治療を行う病院で保険適用で処方してもらえますので、費用的にもそちらのほうがお得です。

妊娠中でも飲める花粉症薬(3)点鼻薬

女性の鼻のアップ写真こちらは飲む薬ではありませんが、点鼻薬も花粉症の妊婦にはよく処方されます。

内服薬は、薬の成分が血流を通して全身に回ってしまいますが、点鼻薬などの局所薬は、鼻など体の一部のみに作用するので、全身への影響がほとんどありません。

市販の点鼻薬は鼻炎への効果がとても高いのですが、血管収縮剤という成分が配合されていることが多く、使用を続けると、血管収縮剤の作用で、かえって鼻炎を悪化させることがわかっています。

妊娠中は、どれくらいの期間、薬を使ってもいいかどうかなどの不安もあるはずですので、点鼻薬を使いたい場合も、まずは病院で相談してみましょう。

その他の花粉症薬と同様、点鼻薬も内科、耳鼻科、産婦人科、アレルギー科などの各科で処方してもらえます。

妊娠中に花粉症薬を服用できるのは、妊娠4ヶ月以降が基本

安全性が高い花粉症薬であっても、服用できるのは基本的に妊娠4ヶ月以降になります。

妊娠初期は、胎児の体が作られる大切な時期。人体や臓器の形成中に薬を服用すると、それらの成分が、今まさに作りかけ状態である胎児の体に影響してしまう可能性があるのです。

妊娠4ヶ月が過ぎると、人体の形成がほぼ終わるため、薬の影響で奇形が起きる可能性はいっきに下がります。

そのため、厚生労働省の診療ガイドラインでも、妊婦への投薬は妊娠4ヶ月半ば以降に行うのが安全とされています。