妊娠中の花粉症治療ガイド。妊娠中だからって我慢しないで!

妊娠中の花粉症シーズン、いったいどうすれば…!?

妊婦の写真。おなかを手で守るように触れている女性赤ちゃんへの影響が第一になる妊娠中は、体調を崩しても簡単に薬は飲めません。

しかし、です。1年間の妊娠中には、必ずやってくるのが花粉シーズン。

もとからひどい花粉症で、来たる花粉症シーズンに不安を抱えている妊婦さんも多いはず。

妊娠中でも使える花粉症の薬は、本当にないのでしょうか?

妊娠中の花粉症治療と薬について、まとめました。

スポンサーリンク

妊娠中の薬服用に関するガイドライン

厚生労働省の「鼻アレルギー診療ガイドライン」では、「妊娠4ヶ月の半ばまでは原則として薬物は避けたほうが安全」としています。

基本的には薬物の使用は避けられれたほうがベター。でも、そうも言っていられないほど花粉症の症状が重い場合には、必要に応じて薬が処方されることもあります。

最近では、妊婦だからといって必要以上に薬の服用を我慢するのは、かえって母体の負担になるという声も出ています。

スポンサーリンク

妊娠中でも使える花粉症の薬(1)点鼻薬・点眼薬

女性の鼻のアップ写真花粉症の薬のなかでも、点鼻薬は、鼻だけに作用し薬の成分が全身に吸収されることがほとんどないため、胎児への影響や副作用がほぼない安全な薬。

同様の理由で、点眼薬(目薬)も花粉症の妊婦に処方されることが多い薬のひとつです。

ただし、点鼻薬と点眼薬が安全だからといって、市販の薬を使うことは止めましょう。特に市販の点鼻薬は、病院の処方薬とは成分が違い、使い続けると鼻炎を悪化させる可能性があります。

鼻炎が悪化すれば、それだけ薬の必要性も高まってしまうため、妊婦に好ましくないのは言うまでもありません。

妊娠中でも使える花粉症の薬(2)抗ヒスタミン剤

錠剤の写真。アルミシートに入った錠剤花粉症の代表的な飲み薬である抗ヒスタミン剤には、昔から長く使われている第一世代と、新しく開発された第二世代とがあります。

第一世代の抗ヒスタミン剤は眠気の副作用が強いものの、長年の使用で世界的に安全性の高さが立証されており、妊婦への処方実績も多数あります。

妊娠中期以降で、点鼻薬などの局所薬で治療効果が思わしくない場合は、安全性を重視した抗ヒスタミン剤が処方されます。ポララミンが代表的です。

妊娠中でも使える花粉症の薬(3)漢方薬の小青竜湯

粉末の写真。木の皿に漢方薬のような茶色い粉末が盛られている副作用のリスクがないことから、妊婦の花粉症治療には漢方薬もよく使われています。

花粉症に効果があるのは「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」という漢方薬。血液の巡りをよくして、花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水を抑えます。

小青竜湯は即効性も高く、通常の薬と同じように、飲んだ直後には効果が出ます。何日も飲み続けなければ効果が出ないということはありません。

妊娠中の花粉症は、何科の病院で診てもらえばいい?

妊娠中の花粉症って、何科の病院に行けばいいのか?意外と迷ってしまいますよね。

答えは耳鼻科、内科、アレルギー科、産婦人科のいずれでもOKです。まだお腹が目立たない場合は、妊娠中であることを伝えるのを忘れずに。

赤ちゃんへの影響が心配な場合は、まずかかりつけの産婦人科で相談するのがよいでしょう。産婦人科であっても、花粉症の薬の処方は受けられます。

妊娠中=治療はできない、と思い込まず、気軽に聞いてみてくださいね。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫