妊婦に処方できる花粉症の薬まとめ

妊婦でも服用できる花粉症治療薬

片手に水の入ったコップ、片手に薬をもった女性と、花粉が飛散したスギの木のイラスト妊婦であっても、花粉症の薬を一切使えないわけではありません。

もちろん、薬を使わずに済むのが一番ですが、重症の花粉症の場合に無理に我慢をすれば、母体にも多大な負担がかかります。

むやみに市販薬をむや飲むのは避けるべきですが、病院へ行けば、妊娠中であっても安全性の高い薬を処方してもらえます。

妊娠中はどのような花粉症の薬が処方されるのか?
通常の花粉症治療薬とは違うのか?

妊婦に処方される花粉症の薬の一覧をまとめました。

スポンサーリンク

妊婦に処方される花粉症の薬(1)点鼻薬・点眼薬

女性の鼻のアップ写真妊婦に処方される花粉症の薬の筆頭は、点鼻薬点眼薬。

鼻や目などの狭い一部分だけに作用するので、薬の成分が全身に回ることがなく、副作用の心配がほとんどありません。

特に点鼻薬は、少量で花粉症の鼻水や鼻詰まりに高い効果を発揮できるので、妊婦への花粉症治療にはよく使われています。

スポンサーリンク

妊婦に処方される花粉症の薬(2)抗ヒスタミン剤

錠剤の写真。アルミシートに入った錠剤点鼻薬などの局所薬では十分な治療効果が得られなかった場合、抗ヒスタミン剤が処方されることがあります。

抗ヒスタミン剤は、花粉症の代表的な飲み薬。昔から使われている第一世代と、新しく開発された第二世代の2つのタイプがあります。

現在は、眠気が少なく効果の強い第二世代が主流になってきていますが、歴史が浅いため妊婦への安全性はまだ確立されていません。

そのため、妊婦の花粉症治療には、妊婦への処方実績が多く、世界的に安全性が認められている第一世代の抗ヒスタミン剤が処方されます。

妊婦への処方薬として、最も代表的なものはポララミンです。安全性は高いのですが、眠気や口の渇きなどの副作用が強いのが難点です。

妊婦に処方される花粉症の薬(3)漢方薬の小青竜湯

粉末の写真。木の皿に漢方薬のような茶色い粉末が盛られている作用が穏やかで副作用のリスクが少ない漢方薬は、妊婦さんにとってはありがたい存在。

漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は、アレルギー性鼻炎に優れた薬効があり、妊婦の花粉症治療によく用いられます。

漢方薬というと、効くまでに時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、小青竜湯は即効性があり、飲んですぐに鼻水への効果を発揮。

咳や風邪への効果もあるので、妊娠中の風邪薬として処方されることもあります。

花粉症の治療は産婦人科でも受けられる

花粉症の治療は、通常は耳鼻科、内科、アレルギー科のいずれか。

妊娠中でも、今まで行っていた病院で花粉症の治療を受けて、基本的には問題ありません。ただし、病院や医師によっては、妊婦への薬の処方をしてくれないことも。

一番安心なのは、産婦人科で診てもらうこと。産婦人科であっても、花粉症の薬はちゃんと処方してもらえます。

花粉シーズンにどうしても辛くなってきたら、無理せずにかかりつけの産婦人科に、まずは相談してみましょう。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫