舌下免疫療法のシダトレンってどんな薬?副作用はないの?

減感作療法が自宅で行える薬「シダトレン」が2014年から保険適用に!

処方箋の袋に入った錠剤の写真現在、花粉症を根治する可能性を持つ唯一の治療法、減感作療法。

注射による治療が主流でしたが、2014年に、減感作を投薬で行う舌下免疫療法用の薬「シダトレン」が保険適用になり、保険証治療の幅が広がりました。

でも、新しい薬には不安もつきもの。

シダトレンってどんな薬?
本当に飲むだけで花粉症を治せるの?
危険な副作用はない?

など、免疫療法薬シダトレンに関する疑問と回答をまとめました。

スポンサーリンク

シダトレンを使った舌下免疫療法とは

女性がベロを出した顔の写真舌下免疫療法とは、減感作療法の一種。花粉エキスを体に入れ、少しずつ花粉に反応しないよう慣らしていくという治療法で、花粉症を完全に治せる可能性がある、唯一の治療方法です。

「舌下」とは、薬をゆっくり吸収させるため、舌の裏に薬を置いて飲むことから来ています。

舌下免疫療法では、花粉エキスの入った薬を1日1回服用。それを3~5年継続することで花粉症の症状を軽減していきます。

従来の減感作療法は注射を使用するため、頻繁な通院が必要であること、注射の痛みを伴うことが課題でした。

舌下免疫療法でも定期的な通院は必要ですが、注射に比較すると通院負担は軽減できるため、花粉症の根治治療としての普及が期待されています。

スポンサーリンク

シダトレンとはどんな薬?

スギの木の写真シダトレンは、鳥居薬品が開発した舌下免疫療法用の薬で、液状と錠剤の2つのタイプがあります。

シダトレンの中身はスギ花粉エキスであり、徐々に体を花粉に慣らしていくという治療ロジックは、注射を使った減感作療法と変わりませんが、自宅で薬を飲むだけで簡単に続けられることが一番のメリットです。

舌下免疫療法の初期は液状タイプを用い、毎日少しずつ服用する量を増やしていきます。

薬の服用量が最大量に達したら、その後は錠剤の服用に切り替えます。

シダトレンに副作用はないの?

シダトレンはスギ花粉を原料とした植物エキス製剤であり、一般的な薬物に比べると安全性は高いとされています。

アレルギー物質を体に入れることになるので、副作用として考えられるのはアナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応。

喘息を持っている場合、発作を誘発することがあるため、喘息持ちの人は特に注意が必要です。

薬物によるアナフィラキシーは、投薬後すぐに起こることが多いので、シダトレンの初回服用時は、薬の服用後20分ほど病院内で待機して、アレルギー反応が起こらないように確認します。

また、シダトレンの副作用予防には、適切な服用用での使用が重要なため、シダトレンの処方は製薬会社が規定する基準をクリアした登録医師のみが行えるようになっています。

免疫療法自体は、安全性の高い治療方法

アレルギーの原因であるアレルゲン物質を投与する舌下免疫療法自体は、世界的に高い安全性が認められた治療法です。

特にヨーロッパでは舌下免疫療法の豊富な臨床実績があり、副作用が低く、手軽にアレルギー治療が行える方法として普及しています。

ただし、ヨーロッパの舌下免疫療法はアレルギー性鼻炎の治療目的が主であり、スギ花粉症に対しても同様の安全性が保証されるわけではありません。

しかし、投与するアレルゲンの量を間違えなければ副作用の起こる確立は稀であり、必要以上に副作用を心配する必要はないでしょう。

シダトレンの値段はいくら?

シダトレンを用いた舌下免疫療法の費用は、保険適用で月額3000~4000円ほどです。

保険適用前は年間で10万円近くかかる治療でしたが、3割負担になったことで、費用的な負担は大幅に軽減されました。

治療に必要な期間には個人差がありますが、最低でも2年、一般的には3~5年間かかります。