産後の肌荒れで赤みがある時の治し方 基礎化粧品はどうする?

産後の肌荒れで赤みがひどい

産後の肌荒れに悩むママへ 赤みやかゆみを治す方法

もともとアトピー体質で肌が弱かった私ですが、36歳で子供を産んでからは、乾燥肌と敏感肌がますますひどくなりました。

最初は口周りがカサカサする程度だったのですが、そのうち顔全体に赤みやかゆみまで出てきて、今までの基礎化粧品が使えないくらいの敏感肌に。

かといって新生児を連れて皮膚科に行こうと思える余裕もなく…

もともとアトピーで肌が弱く、皮膚科の常連だったため、その知識を駆使して自分で肌荒れを治しました。

産後に肌質が変わって敏感になってしまった人は参考にしてください。

※記事後半でも説明していますが、ブツブツとした湿疹が出るほどの肌荒れは、スキンケアだけではまず治せません。まずは皮膚科に行って、症状に合わせた適切な強度の塗り薬をもらってください。市販薬もありますが、個人的には結局治らずダラダラ長引くことが多いです…。

スポンサーリンク

産後の肌荒れの治し方

産後は睡眠すらままならない生活がエンドレスに続きます。

お風呂でシャワーを浴びている時、何度子供が泣いている空耳が聞こえたことか…

そんな状態なので、食事に気をつけるとか、睡眠時間を増やすなんて対策は現実的に無理。

結局、肌荒れはスキンケアで改善しました。

20代の頃、原因不明の肌荒れで顔中が真っ赤になり、水ですら痛い!ということがあったのですが、その時に皮膚科で指導されたスキンケア方法です。

スポンサーリンク

産後の肌荒れにおすすめの基礎化粧品

赤みが出てヒリヒリするほどの肌荒れになった時は、普通の基礎化粧品は使ってはいけません。

傷口に塩を塗るようなもので、敏感肌がますます悪化します。

dプログラムやNOVのような敏感肌用の基礎化粧品もありますが、私の経験では、赤みがある時はこれすら控えたほうがいいです。

 

敏感肌用の基礎化粧品は、肌荒れを予防するにはいいですが、あくまでも化粧品であって薬ではないので、すでに荒れてしまった肌を治す力はありません。

基礎化粧品で肌荒れを治そう、という発想は捨ててください。

 

赤みが出る肌に使うのは、シンプルにワセリンだけ。

皮膚科でごく一般的に処方される保湿剤ですが、皮膚科に行かない方はドラッグストアで売っている「ヴァセリン」のほうがなじみがあるかもしれませんね。

ワセリンは不純物をほとんど取り除いた人畜無害な保湿剤で、角質層に浸透するのではなく、肌表面を覆って刺激から守り、水分の蒸発を防ぎます。

保湿剤というよりは、保護剤と言ったほうがいいかもしれません。

本当に肌が荒れている時は、とにかく刺激を与えないことが大事なので、ワセリンで肌を保護してバリア層の回復を待つのです。

 

肌が荒れている時は化粧水も刺激になるので、洗顔後はワセリンのみ。

化粧水を使わないことに抵抗のある人も多いと思いますが、皮膚科の先生たちに言わせると、化粧水はあってもなくてもいいものだそう。

世界的にも、スキンケアで化粧水を使うのは日本くらいだそうです。

さて、話がちょっとズレてしまいましたが、肌に赤みが出ている時は、とにかく肌の回復第一なので、基礎化粧品を使うのはやめて、ワセリンだけを塗ってください。

 

…なのですが、私はワセリンは硬くてベトベトして好きではないので(^_^;)、サンホワイトという、ワセリンをさらに精製して純度を高めた保湿剤を使っています。

サンホワイトは皮膚科の処方薬には入っていないので、肌を保護する効果自体はワセリンで十分なのだと思われますが、使用感ではサンホワイトが格段に上!

ワセリンの粒子を細かくしたような感じで、伸びがよくベタつきが少なくて顔にも使いやすいです。

赤ちゃんのおむつかぶれや保湿にも使えるので1本あると便利で、私は肌荒れが治った今でも常備しています^^

ワセリンのみのスキンケアを続けていると、だんだん赤みやかゆみが落ち着き、肌荒れが改善してくるはずです。

赤みが引いてきたら、肌の状態と相談しながら、また元のスキンケアに戻していってください。

産後の肌荒れがブツブツした湿疹まで悪化した時

もし、赤みがひどくなり、ブツブツした湿疹が出てくるような時は、あきらめて皮膚科へ行きましょう。

経験上、湿疹まで悪化するともうスキンケアだけで治すのは難しいので、皮膚科で塗り薬を処方してもらってください。

 

ステロイドが怖いという意見もありますが、ステロイドは正しく使えば、そうそう副作用など起こりません。

湿疹が出た場合はステロイドを使って一気に治し、肌がきれいになったらスキンケアを頑張って再発を予防する。

結果的に、これが薬を使う量が少なくて済みます。

怖がってチビチビとしか薬を使わないと、いつまでも湿疹が治らず余計に長引きますので、塗る時は塗る!と、短期決戦で治療してください。

産後の肌荒れで赤みが出ている時の治し方まとめ

  • 基礎化粧品は一切使わない
  • 洗顔後にワセリンだけ塗り、肌の回復を待つ
  • 肌荒れが改善したら通常のスキンケアに戻す
  • ワセリンのベタつきが気になる時は、サンホワイトがおすすめ
  • 湿疹が出ている時はすみやかに皮膚科へ