タバコによる歯の黄ばみを取る方法 自宅で歯磨き粉を使って落とすには?

タバコによる歯の黄ばみを取る方法

タバコが原因の歯の黄ばみ 自宅できれいに落とすには?

タバコのヤニによる黄ばみは、普通の歯磨き粉では落とし切れません。

「黄ばみが気になって人前でうまく笑えない!」

「でも、歯医者のホワイトニングは高いし通えない…」

そんなあなたへ、自宅でできる歯の黄ばみを落とす方法を紹介します。

スポンサーリンク

歯の黄ばみを落とす自宅ケアって?

タバコによる歯の黄ばみの原因は、タバコが燃える時に出るタール色素。俗に言うヤニです。

タールは濃い褐色で粘着性があり、非常に着色しやすい物質。

だからタバコを吸う度に歯に、コーヒーカップに付く茶渋のように黄ばみが蓄積していくのです。

 

ただ、こうした外的要因による黄ばみは、老化などが原因の歯自体の変色とは違い、ブラッシングにより落とすことが可能なので、自宅でケアすることも無理ではありません。

手っ取り早く落とすには、タールが付着した歯の表面を削り取ってしまえばいいのですが、この方法だと歯の表面が削れて凹凸になり、余計に黄ばみやすい歯になるというリスクも。

そのため、強力な研磨剤でガシガシ歯を磨くと、一時的に黄ばみを落とすことはできても、タバコを吸うとまたすぐに黄ばんでくる…という悪循環に陥ります。

では、どんな歯磨き粉を選べば、タバコが原因の黄ばみをきれいにできるのでしょうか?

スポンサーリンク

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉のおすすめ

黄ばみは日々蓄積するので、毎日の歯磨きで、その日の黄ばみをその日のうちにケアすることが重要です。

タバコが原因の黄ばみを落とすのにおすすめなのは、ポリリン酸という成分が配合された歯磨き粉を使うこと。

ポリリン酸はステイン(着色汚れ)を落とす効果に優れ、「ポリリン酸ホワイトニング」という名称で、歯科医のホワイトニングにも利用されています。

 

ポリリン酸の良いところは、研磨剤のように歯を削って黄ばみを除去するのではなく、ステインと結合して着色汚れだけを剥がして落とす点。

つまり、歯にダメージを与えることなく、黄ばみだけを落としてくれるのです。

さらに、ステイン除去後に歯の表面をコーティングし、黄ばみを付きにくくする効果もあるという優れもの。

食品添加物として使われるほど安全性が高いため、毎日使っても安心です。

 

こんな良いこと尽くしのポリリン酸ですが、残念ながらドラッグストアやスーパーにある市販品の歯磨き粉にはポリリン酸は配合されていません。

喫煙による黄ばみを落としたいなら、ポリリン酸配合のホワイトニング専用歯磨き粉を使いましょう。

通販でも購入可能で、価格は1本5000円前後。

歯磨き粉と思うと高価ですが、歯科医のホワイトニングが1回10000円程度で、定期的に通う必要があることを考えると、ホワイトニング費用としてはかなり安上がりです。

今とても人気があるのは、こちらの「パールクチュール」というホワイトニング歯磨き粉。

ホワイトニング専用歯磨き粉パールクチュールの商品写真

ポリリン酸に加え、サンゴ由来のコーラルアパタイトというホワイトニング成分を配合しているのが大きな特徴です。

コーラルアパタイトは色素を吸着する力が強く、ポリリン酸と一緒に使うことでダブルの黄ばみ除去効果を発揮。

黄ばみを落とす作用に加えて口臭予防効果もあるので、営業や接客業など、口元を気にする女性に特に売れているそう。

歯磨き粉には見えない、コスメのようなボトルもお洒落です。

歯磨き粉なら毎日自然に続けられるので、通わないと歯が黄ばんでしまうホワイトニングと違って、歯の白さにもいつも自信が持てますよね。

自宅でできる黄ばみケアに興味のある人は、ぜひ公式HPをチェックしてみてください。

こちらをクリックして
パールクチュール公式HPを見る≫

参考書籍)
本気で探す 頼りになるいい歯医者さん(学研プラス)
口元美人化計画(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
格好いい男と言われる技術(河出書房新社)
このまま30歳になってもイイですか?(サンクチュアリ出版)