胃腸薬を飲んでも効かない、治らない…過敏性腸症候群とは?

胃腸の調子がずっと悪い。20~30代に多い「過敏性腸症候群」

お腹を抑えて苦しんでいる女性の写真すごく具合が悪いわけではないけれど、お腹周りの気持ち悪さや膨満感がずっと続く。

お腹の左右が時々痛んだり、下痢気味になる。

そんな不調がもう何週間も続き、市販の胃腸薬や下痢止めを飲んでもなかなか治らない…。

もしそんな症状が続いているのなら、それは過敏性腸症候群かもしれません。

過敏性腸症候群とは、ストレス性の腹痛や下痢、胃腸周りの不調がずっと続く病気です。

若いビジネスマンを中心に増えている過敏性腸症候群について、その症状と治療法をまとめました。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群の症状には、次のようなものがあります。

症状が一定せず、痛い場所がその都度変わったり、下痢になったかと思えば便秘になったりと、不定期に症状が変わることがあるのも特徴です。

  • 胃の膨満感や不快感
  • お腹が張る、腸(下腹部)の違和感や痛み
  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • おならが増える

過敏性腸症候群では、ひとつひとつの症状自体はそれほど重くはないため、仕事を休むほど具合が悪くなることはなく、ほとんど通常通りに食事もできます。

しかし、胃薬や胃腸薬などを飲んでもこれという改善が見られず、1週間、2週間、1ヶ月…と、だらだらと胃腸の不調が継続。

もともとがストレスから来る病気なので、症状が治らないことがさらに大きなストレスとなって、長引くうちに、ますます症状が悪化してしまうことも。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群と、他の危険な病気の見分け方

DANGERと書かれたテープを持って危険を警告している女性の写真過敏性腸症候群には、寝ている間には症状が出ない、基本的に血便は出ないという2つの特徴があります。

腹痛や下痢がひどくで眠ることもできない、血便が出るという場合は、腸炎やがんなど危険な病気のサインである可能性もあります。

そんな時は、市販薬で様子を見たりせず、すぐに病院へ。

血便に関しては、臓器からの出血ではなく、下痢や便秘により肛門から出血して血が交じるケースもありますが、何度も続くようであれば、やはり一度病院へ行ったほうがいいでしょう。

過敏性腸症候群の原因はストレス

横向きに寝ている男性の写真過敏性腸症候群の最大の原因はストレス。

自分はストレスで参るほど精神的に弱かったのか…とショックを受けてしまうかもしれませんが、実は脳と腸というのは、非常に密接に影響し合っている臓器。

腸の神経と脳の神経はつながりが深いため、脳が受けた精神的なストレスが、腸にも悪影響を与えやすいのです。

緊張するとお腹が痛くなるタイプの人や、もともと胃腸が弱いタイプの人は、過敏性腸症候群になりやすい傾向があります。

20~30代は仕事のストレスが一気に増える年代のため、若いビジネスマンの過敏性腸症候群は特に増えていると言われています。

過敏性腸症候群の治療は何科で受ける?

白衣を来た男性医師と女性アシスタントの写真過敏性腸症候群は、腸のどこかに炎症があるという直接的な病気ではなく、精神的なストレスや自律神経など、さまざまな要因が絡み合って起こるため、セルフケアではなかなか治りにくい病気です。

胃腸の不快感が1ヶ月以上続く、市販薬を飲んでも一向によくならないという場合は、まずは内科・神経内科もしくは胃腸科を受診しましょう。

そこで、本当に過敏性腸症候群なのか、胃腸に器質的な異常はないかを確認してもらいます。

過敏性腸症候群の場合、検査を行っても身体的には異常が見つかりません。胃腸が病気の発端ではなく、ストレスや神経の異常が原因だからです。

内科や胃腸科では、症状に合わせた薬を処方してもらえますが、これはあくまでも対症療法。薬を止めるとまたすぐに症状がぶり返したり、症状が変わって薬が効かなくなることも珍しくありません。

胃腸の薬が効かない、あるいは精神的なストレスや不安が大きい場合は、次の段階として心療内科へ。胃腸の薬の処方に加えて、カウンセリングや精神的なケアを受けることができます。

初めての場合は、心療内科へ行くことに抵抗があるかもしれませんが、心療内科で向精神薬を処方してもらうことで、ずっと治らなかった過敏性腸症候群があっさりと治ってしまうケースも。

悶々と悩むよりは、専門家の治療を受けて、根本的な原因を早く治すことも検討してみましょう。

養命酒の会社が作った、胃弱さんのための生薬サプリ

胃が弱いのは体質だから、食べるものに気をつけるしかない…と思っていませんか?

でも、胃弱さんのために開発されたサプリメントも存在します。

それが、「幸健生彩(こうけんせいさい)」という生薬サプリ。

なんとあの養命酒の会社が作ったサプリメントで、もちろん養命酒と同じ成分がたっぷり配合されています。

養命酒を凝縮したサプリなんて、なんだか効きそうな気がしますよね!

 

「食欲が出た」「食べ歩きがはかどる」「ストレスから来る胃腸の不調がかなり良くなった」など、実際に飲んでいる人の口コミも高評価。

また、直接的な胃腸への効果だけではなく、意外に多いのが「寝起きが良くなった」「疲れにくくなった」という評価です。

胃腸が悪いと、夜寝ている間に食べたものを消化できず、体に負担がかかるので、それがなくなったおかげかもしれません。

 

胃弱さんのための生薬サプリ「幸健生彩」は、今なら初回半額・送料無料のキャンペーン中。

「すぐお腹を壊す」という悩みをお得に解決できるチャンスですので、ぜひ詳細を確認してみてくださいね。

幸健生彩の公式HPでキャンペーンの詳細を見る≫