ADHD治療薬「ストラテラ」がADHDに効く仕組み

ストラテラを飲むとADHDの症状が治まるのは、どうして?

分子模型の写真ADHDは性格や教育の問題だと誤解されることが多い障害ですが、実際には脳に原因のある行動障害です。

効果に個人差はありますが、多くの人は脳の働きを薬で補うことで、ADHDの落ち着きのなさや集中力のなさなどの諸症状が改善されます。

ADHD治療に使われる代表的な薬のひとつが「ストラテラ」。でも、飲み薬でADHDが改善できるというのは、何か不思議な感じがしますよね。

ストラテラを飲むことでADHDを改善できるのはなぜか?

ストラテラがADHDに効く仕組みを説明します。

スポンサーリンク

ADHDの原因は、脳内で情報伝達する物質がうまく働かないから

トラックと車が衝突している交通事故のイラスト薬の効果を理解するためには、まずADHDの原因を理解する必要があります。

ADHDの原因は完全にはわかっていませんが、そのひとつに脳内の神経伝達物質の問題があるとされています。

神経伝達物質とは、脳内で情報の受け渡しを行っている物質。ADHDの場合、その神経伝達物質の働きが弱いため、情報を上手に処理できません。

情報が入ってきても、それをきれいに整理選整頓することができないのです。結果として、集中力のなさや突発的な行動などの症状を引き起こす…と考えられています。

ストラテラは、これらADHDの原因となる神経伝達物質に働きかけることで、ADHDを改善する薬です。

スポンサーリンク

ADHDに関わる神経伝達物質ドーパミンとトランスポーター

青いカプセル錠剤の写真神経伝達物質にはたくさんの種類がありますが、ADHDに深く関わっているとされているのは、ドーパミンとノルアドレナリンの2つ。

ドーパミンやノルアドレナリンは学習、意欲、快楽などを司る神経伝達物質で、ADHDの人は通常に比べて、このドーパミンやノルアドレナリンの働きが弱いことがわかっています。

神経伝達物質は使用する時に脳内に放出され、仕事が終わるとトランスポーターという物質によって回収されます。これを取り込み、再取り込みなどと言います。

人が集中する時にはドーパミンやノルアドレナリンが脳内に放出されます。

しかし、ADHDの人の場合、トランスポーターの働きが強すぎて、必要以上の神経伝達物質が取り込まれてしまい、脳内のドーパミンやノルアドレナリンが不足すると考えられています。

ADHD治療薬ストラテラは、このトランスポーターの働きを阻害する薬。

トランスポーターが働き過ぎるということは、その作用を弱めてあげれば、本来の量に近づくはずですよね。

ストラテラはトランスポーターの過剰な取り込み運動を防ぐことで、結果的に脳内のドーパミンやノルアドレナリンを増やしてくれる薬なのです。

ストラテラの依存性が低く、安全性が高いとされている理由

ADHDの薬のなかには、中枢神経に作用するものもあります。脳の神経に直接作用するため、効果が出るのが早い反面、飲み方を間違えると依存性が出るリスクを持ちます。

ADHDの代表的な薬のひとつであるコンサータは中枢神経刺激薬のため、認定を受けた医師しか処方することはできません。

一方のストラテラは、非中枢刺激薬。ストラテラは神経に直接作用する薬ではないので依存性は低く、安全性が高いとされています。

また、特定のトランスポーターにのみ作用するため、ノルアドレナリンやドーパミン以外の神経伝達物質への影響が少なく、副作用も少ないと言われています。

認可制のコンサータと違い、ストラテラはどの医師であっても処方が可能です。