親知らず抜歯体験(4)「意外と平気…!」抜歯後の経過

親知らず2本の抜歯後から1週間の経過レポート

両手を頬にあてて驚いている女性の写真親知らずの抜歯で本当に怖いのは、親知らずを抜いた後。

基本的に抜歯中は麻酔が効いているので痛みはないですし、私の場合は静脈鎮静法で記憶がないので、抜歯の恐怖はゼロでした。

でも、抜いた後の痛みや腫れ、食事が不安だったんですよね。

結果的には思ったほどではなかったのですが、抜歯後の状況をレポートします。

スポンサーリンク

親知らず抜歯当日、出血というより血がにじむくらい

今回私が抜歯したのは、右側の親知らず上下の2本。2本とも、ほぼまっすぐに生えていたので、抜歯の難易度としてはそんなに高くないと聞いていました。

ちなみに、親知らずの抜歯後に縫合と抜糸があるという話を聞いてそれにも怯えていたのですが、私の場合は縫合はありませんでした。必ずしも縫うわけではないみたいです。

まだ麻酔が効いていたので痛みはありませんが、切れた直後の痛みを防ぐために、あらかじめ痛み止めを病院で飲んでから帰宅。

抜歯直後は、口の中に血の味がするけれど、血がドロドロ~という感触ではなくジワ~とにじみ出ている感じ。口中に鉄の味がするし、歯の隙間に血が入ってしまうのは気持ち悪いですが、出血というほどの出血ではないです。

痛み止めのおかげかもしれませんが、痛みもほとんどなく、ちょっと奥歯のほうがうずくなあ、という程度。明らかな痛みではなく、まったく問題なく我慢できるレベル。

腫れは一切ありませんでした。

食事は反対側の歯でできますが、抜糸跡にお米粒とかがハマるのが怖かったので、ヨーグルトなど柔らかいもので済ませました。

後日気付いたのですが、抜歯後は米より麺類がいいです。麺類なら、お米と違って抜糸後の穴に流れたりハマったりしにくいので安心。

歯磨きは、歯磨き粉を使わずにした後、病院で貰った緑色のうがい薬を使用。うがい薬がしみるんじゃとビクビクしていましたが、まったく痛みなし。

と、こんな感じで思ったより出血も痛みもなく拍子抜けでした。ただ、ほっぺたを外側から触れると抜歯部分が痛むので、顔を洗う時や寝る時には少し気を遣いました。

スポンサーリンク

親知らず抜歯2日後、痛みのピークらしいけど平気だった

抜歯の際、痛みのピークは2日後で、あとは1週間くらいで収まっていくと聞いていました。

ピークのはずの2日後でしたが、特に痛みが強くなることもなく。痛み止めの効果が切れる寝起きには少しズキズキしましたが、普通に耐えられるレベル。痛み止めを飲めばそのズキズキも止まりました。

痛み止めはロキソニンをもらっていて、通常は1錠、痛みが強い時には2錠飲んでもよいということでしたが、結局2錠飲むことはなかったです。

2日目もまだ血が滲んでいて、口の中は鉄の味。うがいはあまりしないように言われていたので、コーヒーやお茶を飲んで紛らわせていました。

熱い飲み物はしみるかな?と思ったのですが、普通に飲める。食事は小さく一口大に切ってゆっくり食べれば、普通に食べられました。

歯磨きは、試しに歯磨き粉を使ってみたところ若干痛かったので、うがい薬を使い切るまでは使わないようにしました。

親知らず抜歯3日目以降、血も痛みもほぼ止まる

親知らず抜歯から3日もすると、血も痛みもほぼなくなりました。

まだ歯を抜いたのと反対で噛んではいるものの、1週間経つ頃には、すっかり普通に食事が出来るように。もう痛みもないので、小さく切ったりゆっくり食べたりせずに、普通に飲み食いできるようになりました。

抜歯した側でも噛めるのですが、まだ穴が開いていてそこに食べ物が詰まってしまうので、あまり抜歯側では噛まないようにしていました。

親知らず抜歯から1週間で、穴ぼこ以外は元通り

というわけで、親知らず抜歯から1週間で、ほぼ通常の食生活に戻りました。

怖れて痛みは、最初の2日間くらい奥歯がうずく程度で済み、腫れはゼロ。「い…意外と平気!これならいける…!」というのが1週間経ってみての感想です。

私は計4本の親知らずを抜歯せねばならず、残り2本の抜歯が控えています。1本ずつ抜くか、2本ずつ抜くか…

痛みが嫌なら1本ずつでと言われていたのですが、これなら2本まとめて抜けそう。いくら静脈鎮静で抜歯時の恐怖がなくなるとはいえ、もう2回抜歯に行くよりは一度で済ませてしまいたい。

残り2本も同じになる保証はないですが、痛みも腫れも、怖がるほどではないということはわかりました。

真横に生えている場合はともかくとして、ほぼまっすぐに生えた親知らずであれば、抜歯後のことについては、そんなに心配しなくても大丈夫なんじゃないかと思います。